超次元(ちょうじげん)パンドラ・ホール》 [編集]

超次元パンドラ・ホール UC 水文明 (6)
呪文
G・ストライク(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
コスト5以下のカードを1枚、自分の超次元ゾーンから出す。
(それがウエポンであれば、自分のクリーチャーに装備して出す)

DM22-EX1で登場した呪文

G・ストライクを持ち、超次元ゾーンからコスト5以下のカードコスト踏み倒しで出せる。

《最終龍覇 グレンモルト》と異なり、文明やカードタイプに左右されないので、あちらとの住み分けは容易。
超次元呪文として見た場合は殆ど《超次元エナジー・ホール》で事足りてしまうものの、《勝利のプリンプリン》《ハイドラ・ギルザウルス》のようにコスト5以下でも有用なクリーチャーは多いので、ドラグハートの補助として使っても損はないだろう。
《蒼き覚醒 ドギラゴンX》などで超次元送りにされたシステムクリーチャーの救出にも役立つ。

コスト7以下の水の呪文という点も優秀。
《龍風混成 ザーディクリカ》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》などコスト踏み倒し手段には困らない。
さらに《未来の法皇 ミラダンテSF》ファイナル革命の範囲内にも収まる。「コスト踏み倒し呪文で展開したは良いがスピードアタッカーが無くて困る」という場面で脇の召喚酔いしたクリーチャーに《銀河大剣 ガイハート》《爆銀王剣 バトガイ刃斗》でも当てがうと効果的。

  • 自分のクリーチャーが存在せず、「(前略)自分のクリーチャーに装備して出す」を行えない場合でも、ウエポンを選んで出すことは禁止されない。括弧書きは単なる補足で、条件ではないため、公式Q&Aでも可能と書かれている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の能力について

Q.《超次元パンドラ・ホール》を唱えた際、自分のクリーチャーがいなくてもコスト5以下のウエポンを出せますか?
A.はい、クリーチャーがいなくても出せます。ただし、出したウエポンはバトルゾーンにとどまれず、即座に超次元ゾーンに戻ります。
なお、ウエポンが「出た時」にトリガーする能力を持っている場合は、その能力を使えます。

+  総合ルール 117.2.

引用元(2022.10.28)

Q.《超次元パンドラ・ホール》を唱えて、《13番目の計画》をバトルゾーンに出せますか?
A.はい、《13番目の計画》はコスト0のカードとして扱いますので、出せます。
ただし、単独でバトルゾーンに存在できないため、墓地に置いてから超次元ゾーンに戻ります。

+  総合ルール 314.4.

引用元(2022.10.28)