【超神星DOOM・ドラゲリオン】 [編集]

《超神星DOOM・ドラゲリオン》の専用デッキ。
墓地肥やしコスト踏み倒しを駆使して《DOOM》を早出しし、そのリアニメイトから1ショットキルを目指す。

超神星DOOM・ドラゲリオン SR 闇文明 (12)
進化クリーチャー:フェニックス/デーモン・コマンド/ドラゴン・ゾンビ 12000
このクリーチャーの進化元クリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
超無限墓地進化:クリーチャーを1体以上自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつ出す。
T・ブレイカー
メテオバーン:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚、墓地に置いてもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、その選んだクリーチャーのパワーを-9000する。その後、進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地から出す。
水上第九院 シャコガイル SR 水文明 (9)
クリーチャー:ムートピア 13000
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加え、シャッフルする。
相手のターンのはじめに、カードを5枚引き、その後、自分の手札を3枚捨てる。
自分の山札の最後の1枚を引く時、ゲームに負けるかわりに勝つ。

主要カード [編集]

フィニッシャー [編集]

《完全不明》相手プレイ時またはマナカードを置いた時、もしくは攻撃時、ターンの残りをとばす
《∞龍 ゲンムエンペラー》コスト5以下のクリーチャー能力ロック呪文ロック
《CRYMAX ジャオウガ》《DOOM》から直接は出せないが優秀なサブフィニッシャー

その他共通候補カード [編集]

【青黒DOOM・ドラゲリオン】 [編集]

青黒の墓地肥やし基盤と《滅亡の起源 零無》を利用した型。《滅亡の起源 零無》がないことに目を瞑ればオリジナルでも組める。
【青黒闇王ゼーロ】を《DOOM》に寄せたような構築で組まれる事が多い。

《戦略のD・H アツト》初動手札交換
《【問2】ノロン⤴》
《戯具 ドゥゲンダ》
《スプーン=ンプス》初動シールド回収《ブラック・ビッグバン》でソリティアしている最中に連打すればシールド落ちケアにも
《暗黒鎧 ザロスト》0マナで1墓地肥やしして3000ブロッカーが自己リアニメイトされる
《ビックリーノ》デメリットは若干厳しいが自己リアニメイト付きムゲンクライム元としては優秀
《邪侵入》シビルカウント2でS・トリガー化する墓地肥やし呪文
《ハンマ=ダンマ》除去・墓地肥やしをこれ1体でこなすS・トリガー獣
《深淵の三咆哮 バウワウジャ》墓地肥やし付きタマシード。サブのワンショットプランでは除去を撒ける
《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》墓地枚数に応じた性能の除去を放てる。時には打点としても/墓地肥やし、墓地回収が1つの呪文に
《闇参謀グラン・ギニョール》ムゲンクライム2で早出しできる上に1バウンスか2墓地肥やし後その内どちらか墓地回収ができ、S・トリガーまで付いている
《困惑の影トラブル・アルケミスト》cipで強制オールマナ回収。《DOOM・ドラゲリオン》を召喚するためのマナも吹っ飛ぶので、これを出した後コストを支払う動きを取らないサブプランに
《龍頭星雲人/零誕祭》ハンデスからサブフィニッシャーまでこなす/少し癖はあるが除去S・トリガーとしても使える
《闇王ゼーロ》《エザワ》早出し手段
《不死鳥縫合 ブラック・ビッグバン》《シャコガイル》がシールド落ちした際のサブプラン。手札交換クリーチャーを連鎖してワンショットするプランを取れる
《暗獅連結 グレイテスト・ネルザ》スピードアタッカーと《ゼーロ》の再詠唱を駆使して1体で勝負を決めに行ける

このデッキの回し方 [編集]

手札交換や墓地肥やしで準備を進めつつ、零龍星雲のリンク条件を満たしていく。

準備が出来次第《闇王ゼーロ》代替コスト唱え《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》を呼び出す。この時、《一なる部隊 イワシン》の墓地送り時能力と《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》の山札削りを合わせて山札残り1枚まで減らすこと。その後、余ったマナで《超神星DOOM・ドラゲリオン》召喚し、進化元として《一なる部隊 イワシン》を重ねる。

最後に《超神星DOOM・ドラゲリオン》メテオバーン《一なる部隊 イワシン》を墓地に置き、《水上第九院 シャコガイル》をリアニメイト。《一なる部隊 イワシン》の手札交換効果で山札を0枚にしてエクストラウィン

もし《水上第九院 シャコガイル》が盾落ちした場合や《一なる部隊 イワシン》の効果を十分な回数使えず《水上第九院 シャコガイル》のエクストラウィンを達成できない場合は、《不死鳥縫合 ブラック・ビッグバン》で並べてワンショットするプランを実行しよう。《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》で極限まで山札は削れているはずなので、2コスト手札交換クリーチャーを連打して置換効果で一気にリアニメイトすることでワンショットプランが取れる。並べている間に《闇参謀グラン・ギニョール》などの汎用除去で相手盤面を処理することができ、召喚酔いが解除されるまでの間に出されると厄介なスピードアタッカー《暗黒鎧 ザロスト》のようなブロッカー《墓地の儀》だけ残して零龍卍誕を構えることで対処可能。

長所 [編集]

アドバンスの場合、最速3ターンで《シャコガイル》を発射する事も可能であり、この手のコンボデッキとしてはかなりの速度を誇る。

様々な角度から《闇王ゼーロ》を早期に詠唱できるため、手札が多少悪くとも勝ちに行ける。仮に《ゼーロ》を引けなくとも、墓地さえあれば《DOOM》で強引に詰めに行くプランも取れるため他の【闇王ゼーロ】に比べると手札事故時でもできる事が多い。

短所 [編集]

《闇王ゼーロ》との兼ね合いで手札、盤面がギリギリになりがちなので、【青黒緑有象夢造】のように序盤から除去ハンデスを放つデッキには弱い。多少なら《墓地の儀》によるメタ除去と《DOOM》によるごり押しが効くが、《若き大長老 アプル》を複数体並べられるような状況は返しにくい。

マナがタイトなので、多色事故も若干厄介。

【青黒緑DOOM・ドラゲリオン】 [編集]

リソース確保に長けた青黒緑基盤で組まれるオリジナル仕様の型。

このデッキの回し方 [編集]

マナブーストとサーチで準備を重ね、手札とマナが整ったら《ナウ・オア・ネバー》《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》を呼び出し、青黒型同様にフィニッシュを目指す。

長所 [編集]

豊富なサーチとマナブーストのおかげで、安定して4ターンキルが狙いやすい。

よしんば早期決着を狙えなくとも、マナが伸びるので《CRYMAX ジャオウガ》などを素出しするプランも取りやすい。

短所 [編集]

この色の強力な初動には呪文が多く、クリーチャーの枠がカツカツになりがちで、青黒型以上に《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》を出せるかに《DOOM》を早期着地できるかがかかっている。

早くても4ターン、順当なところで5ターンはフィニッシュまでにかかるため、【我我我ブランド】のような速攻デッキにはS・トリガーG・ストライクへの御祈りゲーとなる。

環境において [編集]

DM22-EX1からDM22-BD1にかけては、アドバンスでは青黒型を、オリジナルでは青黒緑型を中心に、それぞれ一定数チャンピオンシップで上位入賞している。

参考 [編集]