深淵(しんえん)三咆哮(さんほうこう) バウワウジャ》 [編集]

深淵の三咆哮 バウワウジャ SR 闇文明 (4)
タマシード/クリーチャー:アビスロイヤル/ACE 13000
このタマシードが出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置いてもよい。
自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードが合計4つ以上なければ、バトルゾーンにあるこのタマシードはクリーチャーとして扱わない。
ブロッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊する。
自分のターン中、このタマシードは破壊以外の方法で離れない。

DM22-RP1で登場したアビスロイヤル/ACEタマシード/クリーチャー

cipで4枚の墓地肥やしを行い、自分のターン中なら破壊以外のあらゆる除去封印除く)に対して耐性を持つ。闇の疑似シビルカウント4を満たすことでクリーチャーとしても扱うようになり、コスト4ながらパワー13000のブロッカーT・ブレイカーという高い基礎スペックを持ちながら、アタックトリガー《デーモン・ハンド》を放つようになる。
この際、バトルゾーンでクリーチャーとして扱う場面でも、タマシードではなくなるわけではないため、「このタマシードは(中略)離れない」の効果は有効なままである。

低いコストで大量展開を阻害しない高打点というのは《アビスベル=ジャシン帝》ならびに頭数が必要なシビルカウントと相性が良く、破壊以外の除去への耐性によりアビスラッシュで出してもターン終了時にデッキに戻されない。
更に《ジャシン帝》のコスト軽減能力によりクリーチャーになる条件も満たしやすく、墓地肥やしで更なるアビスラッシュによる展開の準備ができる、アタックトリガーを出たターンに使えるなど、あらゆる点が噛み合っている。

クリーチャー状態では攻撃する機会が多いのでブロッカー腐りがちだが、非クリーチャーで設置していたこのカードが、相手ターン中にS・トリガーが展開されることでクリーチャーとして扱える条件が満たされることもあるため、決して無駄な能力というわけでもない。《シラズ死鬼の封》《ヴィオラの黒像》からのカウンターに使うのもいいだろう。

一方、cip墓地肥やしはコスト比で考えると及第点の量だが、ポン置きの仕事量としては寂しい。やはり4マナ支払いや《邪侵入》経由などで出すのは同じくコスト4の《アビスベル=ジャシン帝》に譲り、コスト軽減の乗ったアビスラッシュ連打などで効率的にクリーチャー化させることを前提として運用したい。

  • カード名は英語圏における犬の鳴き声(日本語の『ワン』に相当する)である"bow-wow"(バウワウ)からと思われる。
  • シークレット版のイラストモチーフは、ジャック=ルイ・ダヴィッドのナポレオンの肖像画こと『サン=ベルナール峠を越えるボナパルト』。ナポレオンが乗っていた馬と同じ構図で描かれているが、ナポレオン本人が乗っていないため初見では少し気付きにくいかもしれない。
  • アニメ『デュエル・マスターズ WIN』の「斬札 ウィンvsチバカブラ」でチバカブラが2枚使用。第4話の「今日のカード」である。
    1枚目のアタックトリガーでウィンの《アビスベル=ジャシン帝》破壊し、2枚目のブロッカーでウィンの攻撃を防ごうとしていたが、バトルゾーンクリーチャーを減らされてタマシード状態に戻ってしまった。
    • 元はシラハマ在住の千葉さん(CV:千葉繁)のデッキにいつの間にか混ざっていた謎のカード。
      明言はされていないが、このカードの影響で千葉さんはチバカブラの姿になっていたようだ。
      ウィンがデュエマに勝利したためなのか、千葉さんはデュエマ終了後に元の姿に戻り、このカードはウィンに手渡された。
    • デュエマ中には《ジャシン帝》からの呼びかけを無視しており、正気を失っているかのような描写がされている。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の闇のクリーチャーとタマシードが合計4つ以上ある状況です。自分の《深淵の三咆哮 バウワウジャ》は自分のターン中、破壊以外の方法でバトルゾーンを離れますか?
A.いいえ、離れません。条件を満たしたタマシード/クリーチャーは、クリーチャーとしてもタマシードとしても扱うためです。
引用元(2022.9.16)