DM22-BD1 「レジェンドスーパーデッキ 龍覇爆炎(りゅうはばくえん) [編集]

2022年11月12日発売。全19種49枚。価格は7500円(税抜)。

カードスリーブ42枚(5種の中からランダムに1種)、超次元カードスリーブ10枚付属。
カードスリーブのデザインはこれまでに登場した《超戦龍覇 モルト NEXT》のイラストになっている。

新規カードは

の6枚(7種類)。

【モルト NEXT】をベースに、新たなるドラゴンドラグナーがふんだんに加えられた赤緑白デッキである。
動かし方はDMBD-16と似通っており、序盤は《メンデルスゾーン》《ボルシャック・栄光・ルピア》で爆発的にマナ加速
中盤は《次世代龍覇 グレングラッサ》《炎龍覇 グレンアイラ》のコンビで場を制圧しながらドラグハートを展開し、最後は《爆炎龍覇 モルトSAGA》で一気に龍解、1ショットキルを決める。

《モルトSAGA》のマナ武装7を成立させる為に全カードが火文明で構成されており、おまけに《メンデルスゾーン》を除いて全てがドラゴンでもある。
このデッキなら《超戦龍覇 モルト NEXT》の条件も自然に満たせる上、《爆銀王剣 バトガイ刃斗》で踏み倒し放題だろう。
欠点としてはマナ加速が充実してる反面、手札補充が乏しいことと、マナ武装を意識した構成であるがゆえに多色が28枚とかなり多いこと。
直接的な補充手段は《爆炎大剣 ガイサーガ》しか無いが、ハンデスに対しては疑似マッドネスである《爆龍覇 グレンリベット》が補ってくれる。

防御札には各種S・トリガー《轟牙忍 ハヤブサリュウ》が計12枚搭載。

総じて攻守共にスキが見られず、極めて強力なデッキである。
新規・再録も改造パーツとして出張出来るカードが多く、資金に余裕があるプレイヤーには是非手にして欲しいセットだろう。

  • 背景ストーリーではDMBD-14の20年後が舞台となり次世代での新たな戦いという革命編シリーズ以降の後日談形式になっている。
    クリーチャー自体が長命の寿命な都合で単純に決めつけられないが人間換算すれば《モルト》と《アイラ》は40~50代世代になっている可能性がある。
    • DMR-16真《爆壁 ヒビキ 18y》と同年代、あるいはそれ以上の年齢だと仮定した場合、少なくとも38歳以上となる。
    • このデッキに収録されたドラグナーは、「ドラゴン・サーガ」の主役である「モルト」をはじめ、「モルト」の父である「リベット」や「モルト」と「アイラ」の間に生まれた子供の「グラッサ」や「タレット」たちも収録されており、親子三代が集結する形となった。
  • 今回は超次元ゾーンに置けるカードが収録されている為か、改造パーツは収録されていない。

収録カード [編集]

メインデッキ [編集]

超次元ゾーン [編集]

ブラックエクストラカード(全10種中1枚封入) [編集]

参考 [編集]