氷牙(ひょうが)レオポル・ディーネ(こう)/エマージェンシー・タイフーン》 [編集]

氷牙レオポル・ディーネ公 C 水文明 (4)
クリーチャー:サイバー・ウイルス/ナイト 2000
自分が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。
エマージェンシー・タイフーン C 水文明 (2)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
カードを2枚まで引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。

DMEX-17で登場したサイバー・ウイルス/ナイトツインパクト

クリーチャー面は《氷牙レオポル・ディーネ公》そのもので、呪文面は《エマージェンシー・タイフーン》そのもの。

【ナイト】での相性もさることながら、ツインパクトの特性と《エマージェンシー・タイフーン》能力から、【墓地ソース】【カリヤドネループ】での活躍が期待できる。

特に【カリヤドネループ】においてはクリーチャー面の置きドロー能力を利用したループが可能。元々オリジナル版の《氷牙レオポル・ディーネ公》でも実現できたが、デッキの枠を空費しないツインパクト版で実現できることに意義があると言える。

クリーチャー面が付いていることから、《終焉の開闢》などの墓地回収にも対応するという利点がある。

環境において [編集]

登場早々【青黒退化】の初動として採用されるようになった。リメイク元と合わせて8枚体制にする必要はなく、同じスペックカードは4枚あれば十分なので、リメイク元とは総入れ替えとなった。オリジナルでは青赤構築の【墓地ソース】でも同じ頃にチャンピオンシップ3位入賞しており、ある意味では青赤でも十分戦える構築に仕上がったことを示した結果と言える。

パワーが2000なので【青黒退化】対策の《ローズ・キャッスル》1枚では破壊されない。返しのターン除去を飛ばされなければ要塞化されたそちらをブレイクにより墓地送りにすることができ、こちら側の《死神術士デスマーチ》を延々と破壊されるロックを脱出できる。

当然【青黒緑退化】のパーツとしても優秀。そちらのデッキはリソースクリーチャーをふんだんに扱うため《禁断竜王 Vol-Val-8》での追加ターンを取りやすく、極稀に《禁断竜王 Vol-Val-8》で追加ターンを狙うためにこのカードのクリーチャー面さえも利用する場合もある。
また、初動手札交換として《エマージェンシー・タイフーン》は安定しているので、《氷牙レオポル・ディーネ公/エマージェンシー・タイフーン》の5枚目以降として《エマージェンシー・タイフーン》1枚積みされるケースが目立つように。

【星雲人シヴァンリンネ】が成立すると、初動手札交換としても然ることながらワンショット時の打点としても活路を見出されるに至った。

サイクル [編集]

DMEX-17に収録された既存のクリーチャーと呪文が合わさったツインパクトナイト

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]