()ちる [編集]

比較的重要なカードが、未使用のまま「運悪く」墓地マナゾーンに置かれてしまうことの俗称。落下事故とも呼ばれる。
《アクアン》《ストリーミング・チューター》墓地に置かれたり、《フェアリー・ライフ》マナゾーンに置かれたりした場合に用いられる。
相手の妨害によるカードの喪失にも用いられるが、得てして自分が使ったカードで落ちた時の方が落胆が大きい。

逆に墓地を使ったコンボデッキで、コンボ発動のために能動的に自分のカード墓地に「落とす」こともある。
ただしマナゾーンを使ったコンボデッキで、必要なカードマナゾーンに置いておくことを「落とす」と言うことはあまりない。これは、マナには基本自分からマナチャージステップマナゾーンに置けるからと思われる。
一方、【ビッグマナ】のようなマナゾーンをリソースと看做すデッキが、マナ回収マナゾーンからのコスト踏み倒しなどを前提にフィニッシャーを始めとする必要カードをマナブーストで「落ちる」ようにすることを「落とす」と呼ぶこともある。

例:「《アクアン》《クリスタル・ランサー》が落ちる」「《解体人形ジェニー》《バジュラズ・ソウル》を落とす」「《ダンディ・ナスオ》《黒神龍グールジェネレイド》を落とす」「マナブーストを繰り返して殿堂入り《勝利宣言 鬼丸「覇」》をマナゾーンに落とす」

  • 埋まる」と意味はほぼ同じだが、こちらは公開ゾーン、あちらは非公開ゾーンについて使われる傾向がある。とはいえ「盾落ち」「封印落ち」という言い方も存在するため、厳密に分かれているわけではない。

参考 [編集]