【神羅ケンジ・キングダム】 [編集]

《神羅ケンジ・キングダム》専用デッキ。通常環境では黒緑で組まれる。

神羅ケンジ・キングダム P 闇/自然文明 (4)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド/ドリームメイト/ルナティック・エンペラー 6000
このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。
究極進化:進化クリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、その3枚の中からクリーチャーを1体出す。

主要カード [編集]

候補タマシード [編集]

候補進化クリーチャー [編集]

《晴舞龍 ズンドコ・モモキング》1マナブースト付き究極進化元。離れた時マナ回収
《ツクっちょ <メイ様.Star>》1コスト5000マッハファイターにしてスター進化付き
《阿修羅ムカデ <デスシラズ.Star>》通常進化元と墓地リソースさえあれば《ケンジ・キングダム》まで繋げられる
《EVENOMIKOTO》攻撃時全体除去、選ばれた時に進化を呼び出す疑似アンタッチャブル
《悪魔神バロム・クエイク》コスト踏み倒しメタデーモン・コマンド以外のクリーチャー破壊
《ケンジ・キングダム》や《デスシラズ.Star》を巻き込まずマナ進化元にできる

非進化フィニッシャー [編集]

その他候補クリーチャー [編集]

候補呪文 [編集]

このデッキの回し方 [編集]

サーチやマナブースト、墓地肥やしで準備を整え、非進化タマシード→スター進化クリーチャー→《神羅ケンジ・キングダム》と成長させよう。

《神羅ケンジ・キングダム》では《超神羅ギュンター・ペガサス》《超神羅ギャラクシー・デスティニー》といったフィニッシャー格の究極進化クリーチャーを呼び出し、さらに展開するのが理想。無い場合は状況に応じたクリーチャーで相手を縛ろう。

準備が出来たら各種ロックを活かしてワンショットする。

コスト踏み倒しメタなどのメタカードは《ツクっちょ <メイ様.Star>》で処理する。

弱点 [編集]

やはり《神羅ケンジ・キングダム》単体では何を呼び出せるか運ゲーになってしまいがち。《デュザメの黒像》のような墓地肥やしを途中で挟むのが無難。

順当なところで4ターン目にコンボを始動するので、それより先に決着をつけることが簡単なデッキは苦手。【我我我ブランド】対面ではS・トリガーの中身次第になるだろう。

メインデッキの約4分の1前後がコンボ中の呼び出し以外では役に立たないフィニッシャーなので、手札事故も怖い。

黒緑構築なのでドローのような純粋に手札を増やす手段は存在しない。そのため、ハンデスも苦手。基本的に《密かで華麗なるカイタイ》のような墓地回収の通用しない軽量ピーピングハンデスにはなす術がないと言っても良い。

環境において [編集]

DMBD-19DMBD-20期にオリジナルでチャンピオンシップ上位入賞が複数確認され、2ブロックでも結果を残した。

参考 [編集]