(おに)S(スター)-MAX(マックス)進化(しんか) [編集]

鬼S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、またはこのクリーチャーが離れる時、かわりに自分の表向きのカードを3枚破壊してもよい。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分のS-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す)

DMRP-22で登場したデモニオ/鬼レクスターズS-MAX進化クリーチャーのみが持つ能力

CRYMAX ジャオウガ KGM 闇文明 (7)
S-MAX進化クリーチャー:デモニオ/鬼レクスターズ 13000
鬼S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、またはこのクリーチャーが離れる時、かわりに自分の表向きのカードを3枚破壊してもよい。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分のS-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す)
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、各プレイヤーは自身のシールドを3枚ずつ選び、残りを墓地に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、その後、相手の手札を2枚見ないで選び、捨てさせる。

S-MAX進化と共通の注釈文を持ち、同じく敗北回避の効果を生成するが、以下の部分が異なる。

  • そのクリーチャーが離れることも置き換えの対象になる
    • 鬼S-MAX進化の効果そのものは任意(自分がゲームに負ける時、置き換えることが可能でもあえて置き換えないこともできる)
      基本はクリーチャーの耐性を使うか使わないかという部分で任意が役立つだろう
  • バトルゾーンにある自分の表向きのカードを3枚墓地に置くことで置き換えることができる
  • そのクリーチャーと同名のカードを捨てて置き換えることはできない

ルール [編集]

「かわりに自分の表向きのカードを3枚破壊」は置換効果の原則とカード指定除去の処理に準ずる。

  1. 置換効果は連鎖しない。置き換えるために破壊することにしたカードに対して、「破壊される時、かわりに」や「離れる時、かわりに」の効果は適用できず、そのまま破壊される。
  2. 置換先の行動を取れない場合は、その置換効果を適用させられない。破壊されないあるいは離れないカードをかわりに破壊することはできないため、それらのカードを破壊する対象として選ぶことはできない。
  3. 1度に複数のカードをバトルゾーンから離す際、それが実行される前に置き換える対象を選ぶ。離れない状態の《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》cipで「鬼S-MAX進化」を持つクリーチャーが破壊される時、全体除去で破壊されそうになっているクリーチャーで破壊を置き換えてもよい。なお、2.の理由で離れない《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》は選べない。
  4. 表向きという指定があるため、封印そのものと、表出しているカードの下に存在する裏向きのカード(《秩序の邪将 ビホルダー》《英知ザクス・コット》の下など)は選ぶことができない。
  5. クリーチャーが封印されている間は、そのクリーチャーと構成カードがあらゆるカードの効果で選べない(存在していない扱いとなる)ので表向きであっても破壊できない。参考

S-MAX進化クリーチャー」という特殊タイプカードタイプを参照するため、鬼S-MAX進化とS-MAX進化でも共存することはできず、即座に1体になるようバウンスが発動する。

墓地に置く3枚のカードはこの能力を持つカード自身も選べる。
墓地以外のゾーンへ移動させられそうな時にどうしても墓地に移動させたいという時のテクニックとして利用できる。
(参考:《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》Dスイッチで、山札の一番下送りをウルトラ・セイバーで墓地送りに変更してからリアニメイトというコンボがある。なお、鬼S-MAX進化は進化クリーチャーなのでこのコンボと相性が良いわけではない。)

カード指定除去であるため退化にも応用できる。
進化クリーチャーの下に複数枚の進化元が存在する場合、その中の表向きカードと一番上のカードを剥がす事である程度狙ったクリーチャー退化できる。
重ねている順番を入れ替える事はできない事と進化クリーチャーではないカードの一番上を剥がした場合は再構築は発生せず墓地送りになる点には注意。

その他 [編集]

参考 [編集]