《グーゴル <XENOM(ゼノム).Star(スター)>》 [編集]

グーゴル <XENOM.Star> SR 闇文明 (6)
スター進化クリーチャー:ゼロ・ドラゴン/デーモン・コマンド/レクスターズ 9000
スター進化:レクスターズまたは闇のクリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
相手のカードはマナゾーンとバトルゾーンにタップして置かれる。
このクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

DMRP-21で登場したスター進化ゼロ・ドラゴン/デーモン・コマンド/レクスターズ

《停滞の影タイム・トリッパー》《無修羅デジルムカデ》常在型能力を併せ持ち、アタックトリガーで1枚ランダムハンデスする。

タップインハンデスの性質が噛み合っており、クリーチャータップインによる殴り返しを恐れて展開しない相手なら自然に手札が貯めこまれるのでハンデスが刺さり、展開してくる相手には殴り返しとハンデスで追い詰めていくことができる。

欠点は近年の進化クリーチャーとしてはパワーが平凡な所か。
殴り返しの受けないタマシードを進化元に、パワー9000超の進化クリーチャーを出されると、そのタマシードや進化クリーチャーはタップインされるが、《グーゴル <XENOM.Star>》のタップキル戦術では手が届かない。
パンプアップパワー低下と合わせて安全な殴り返しを仕掛けたい。

ドラゴンデーモン・コマンドレクスターズと優秀な種族を持っているため、コスト踏み倒しコスト軽減を使って早いうちに出せば、相手の動きをかなり制限できる。

【青黒緑デッドダムド】系統の場合、《ジャスミンの地版》のような汎用レクスターズタマシード進化元に利用しても良いかもしれない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 3つ目の能力について

Q.相手の《グーゴル <XENOM.Star>》と自分の《幻獣妖精ユキゴン》がバトルゾーンにいる状況です。自分の多色カードをマナゾーンに置く際、どうなりますか?
A.タップして置きます。多色カードは元々タップして置かれるので、まず《幻獣妖精ユキゴン》の置換効果が適用されます。それによりアンタップして置かれることになるので、次に《グーゴル <XENOM.Star>》の状態定義効果が適用され、最終的にタップして置かれることになります。
引用元(2022.4.22)


[1] 総合ルール105.4a バトルゾーンにあるクリーチャーとタマシードと、マナゾーンのカードのみをタップすることができます。他のゾーンのカードの位相を変更することはできません。