EVENOMIKOTO(イブノミコト) [編集]

EVENOMIKOTO SR 自然文明 (10)
スター進化クリーチャー:イブユニット/デモニオ/鬼レクスターズ 18000
タマシードから進化するなら、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。
スター進化:レクスターズまたは自然のクリーチャー1体の上に置く。
Q・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて、持ち主のマナゾーンに置く。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、進化クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから出してもよい。

DMRP-21で登場した自然スター進化イブユニット/デモニオ/鬼レクスターズ

コストは10と非常に重い。タマシードから進化する場合はコスト軽減されるが、それでもコスト8と重い。運用に際しては大量のマナブーストが必要になるだろう。

アタックトリガーは、自身のパワーを参照した上での全体除去ということで、大抵のクリーチャーをマナ送りにできる。
進化クリーチャーであるため出したターンに全体除去を使うことができ、何もできないまま除去されてしまう事は少ない。
特に素でパワー18000もあるので、除去耐性を持たない限り、ブロックすることもままならない。

また、選ばれた時に進化クリーチャーマナゾーンからコスト踏み倒しできる。相手依存なのでコスト踏み倒しとしてみるのではなく、条件付きの選ぶ除去に対する耐性と考えた方がいいだろう。除去を受けても選ぶ除去であれば後続を出せるため、除去された場合のディスアドバンテージが少ない。
出すクリーチャーには進化クリーチャー以外の制限は無いため、条件を満たす進化元さえあれば何でも出せる。除去された際に2体目の《EVENOMIKOTO》を出すことで、もう一度除去耐性を獲得することもできる。

問題は実質8コストと考えても重いわりに、フィニッシャ-性能も高くなく、スピードアタッカーからのプレイヤーへの攻撃も防ぐ事もできない点である。

それら両方の問題を解消できる《流星のガイアッシュ・カイザー》とは相性がよい。コスト軽減になるのはもちろん、《流星のガイアッシュ・カイザー》スピードアタッカーなどからの反撃を防ぎ、相手が半端にクリーチャーを並べても《EVENOMIKOTO》にマナ送りにされるという状況を作れる。

  • 「鬼の王の歴史」における《創聖神 EVE》のようだが、縄文土器をモチーフとしたクリーチャーであり《EVE》とは全く似ていない。
    • 縄文土器がモチーフなのは使用者であるヒミコが意識されているのだろう。

背景ストーリーにおいて [編集]

《終来王鬼 ジャオウガ》《神ナル機カイ「亜堕無」》と共に超獣世界に送り込んだ、最強の鬼レクスターズ
創聖と蒼世の力で新世界、停滞と退廃のエデンを生み出し、ブランド達レクスターズをその中に取り込んだ。
エデンに閉じ込められた者は「亜堕無」とEVENOMIKOTOを攻撃することを考える事すらできず、朽ち果てるまでエデンで暮らし続ける。

しかし、世界の危機を察した超獣世界がタマシードを生み出したことで、超獣世界の歴史という無限の成長エネルギーがエデンに送り込まれ、エデンが内側から爆発する。「亜堕無」とEVENOMIKOTOに対峙したレクスターズ達は各文明の絆が込められた一撃を食らわせ、「亜堕無」とEVENOMIKOTOを撃破した。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 4つ目の能力について

Q.自分の《EVENOMIKOTO》《剛力羅王 ゴリオ・ブゴリ》がバトルゾーンにいる状況で、《EVENOMIKOTO》が攻撃しました。先に《剛力羅王 ゴリオ・ブゴリ》の「アバレチェーン」を解決してから《EVENOMIKOTO》の「攻撃する時」の能力を解決した場合、パワーが36000より小さい相手のクリーチャーをすべてマナゾーンに置きますか?
類似例:《グレート・グラスパー》の「攻撃する時」の能力
A.はい、パワーが36000より小さい相手のクリーチャーをすべてマナゾーンに置きます。「攻撃する時」の能力がトリガーした時点でのパワーではなく、効果として解決した時のパワーを参照するためです。
また、《EVENOMIKOTO》の能力を先に解決した場合は、パワーが18000より小さい相手のクリーチャーをすべてマナゾーンに置きます。
引用元(2022.4.22)