【白ガイアッシュ覇道】 [編集]

【白青赤緑ドギラゴン閃】を雛型にしつつ《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》にデッキを寄せた型。より正確には【白青赤緑ガイアッシュ覇道】と呼ぶ。

当初はオリジナルで活躍していたが、後にアドバンス【白青赤緑ドラグナー】との折衷型が進出。

流星のガイアッシュ・カイザー SR 水/自然文明 (6)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/グリーン・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
相手のターンの終わりに、相手がそのターン中、マナゾーンのカードをタップせずに、クリーチャーを出すか呪文を唱えていて、バトルゾーンに自分の 《流星のガイアッシュ・カイザー》がなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引く。
自分のコスト10以上のクリーチャーの召喚コストを4少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
相手のクリーチャーは出たターン、自分を攻撃できない。
勝利龍装 クラッシュ“覇道” SR 火文明 (10)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 9000+
B・A・D 2(このクリーチャーの召喚コストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが破壊された時、タップしていたら、このターンの後に自分のターンを追加する。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。
音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ SR 光/水文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ドレミ団/革命軍 7000
革命チェンジ:光または水のドラゴン(自分の光または水のドラゴンが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、次の相手のターンの終わりまで、相手は呪文を唱えられない。
「未来から来る、だからミラクル」 SR 光/水文明 (6)
呪文
カードを3枚引く。その後、コスト5以下の呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。

主要カード [編集]

《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》G・ストライクオールタップ、自身への破壊除去に強いメインフィニッシャー。《ガイアッシュ》でのコスト軽減ルートのみならずマナを伸ばして素出しすることも
《流星のガイアッシュ・カイザー》カウンターの要。素出しして足止めやリソース確保にも
《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》リソース確保と革命チェンジに役立つドラゴン
《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》革命チェンジ出る呪文ロック/ドロー呪文コスト踏み倒しが一体化

候補クリーチャー [編集]

《ボルシャック・栄光・ルピア》初動マナブースト
《雷龍 ヴァリヴァリウス》横展開を補助できる革命チェンジ
《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》リソース確保と革命チェンジに役立つドラゴン
《王来英雄 モモキングRX》進化戦術の要
《アルカディアス・モモキング》呪文ロックタップインを持つ詰め手段
《超竜バジュラ》ゲームを決する引いた者勝ちのランデス手段
《メガ・マナロック・ドラゴン》
《蒼き団長 ドギラゴン剣》お手軽ワンショット手段
《蒼き守護神 ドギラゴン閃》2枚目以降の《ドギラゴン剣》
《時の法皇 ミラダンテXII》召喚ロックが持ち味のサブフィニッシャー
《百族の長 プチョヘンザ》大型革命チェンジ獣。タップインで相手のクリーチャーを封じる
《地封龍 ギャイア》サブフィニッシャー兼《バトライ》で捲って強いドラゴン
《インフェル星樹》クリーチャーメタ
《爆龍皇 ダイナボルト》展開能力付き7コストスピードアタッカードラゴン
《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》召喚時全バウンス 相手がドラゴンコマンドを出すことをロック
《龍世界 ドラゴ大王》敵味方問わずドラゴン以外を出すことをロック
《“龍装”チュリス》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》《蒼き団長 ドギラゴン剣》革命チェンジ
《龍装者 バルチュリス》2回攻撃しさえすれば自己踏み倒しで出てくるタダ出し打点
《勝利宣言 鬼丸「覇」》ガチンコ・ジャッジで勝利すると追加ターン
《超神龍バイラス・カースド》S・トリガーによるカウンターを封じる
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》サブフィニッシャー。革命0トリガーニンジャ・ストライクも無い環境ではエクストラウィンに次ぐ安全な勝ち筋
《ブラキオ龍樹》cipを封じるフィニッシャー
《五番龍 レイクポーチャー ParZero》ブロッカー&ジャストダイバー
cip山札の上から6枚を見て2枚を手札に加え任意で自分の手札1枚と同じコストの相手クリーチャーバウンス
《頂上連結 ロッド・ゾージア5th》召喚コスト軽減&cipで自分よりパワーが小さい相手のクリーチャーを1体破壊し次の相手のターン展開制限
《MMM-ジョーキング》ダイレクトアタックを阻止できるブロッカーマッハファイター アタックトリガーで1ドローの後、コスト4以下のクリーチャータマシードを手札から踏み倒す
《光牙忍ハヤブサマル》シノビ 《ボルシャック・栄光・ルピア》などのハズレになるので環境と要相談
《轟牙忍 ハヤブサリュウ》ニンジャ・ストライク7を持つブロッカースピードアタッカー

候補呪文・タマシード [編集]

《メンデルスゾーン》初動マナブースト
《龍の呼び声》色やドラゴンの比率などからこのデッキでは《メンデルスゾーン》よりも優先的に採用される
《生命と大地と轟破の決断》5マナクリーチャーをマナから2体展開できる
《バイケンの海幻》自壊することでのコスト6以下を出せるタマシード
《ガイアッシュの海地図》cipで1ドロープリン効果を使えるS・トリガーコスト8以上のクリーチャーを2軽減

候補ツインパクト [編集]

《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》クリーチャー面は《閣》に引っ掛かる程度に考えよう/呪文面の墓地利用メタがメイン
《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》足止め/防御札
《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》ゲームが長引いた時にクリーチャー面でパワーカードマナ回収できると膠着状態を打破できる/ゲームが長引いたら呪文面を唱えるだけのマナが貯まることも多い
《ボルシャック・スーパーヒーロー/超英雄タイム》全体除去付きドラゴン/カード指定除去
《Napo獅子-Vi無粋/♪オレの歌 聞けよ聞かなきゃ 殴り合い》自分のマジックがあれば1軽減召喚できcip手札交換するSAW・ブレイカー/
相手のコスト2以下のエレメントをすべて破壊
《紅に染まりし者「王牙」/クリムゾン・ビクトリー》クリーチャー面は更なる踏み倒し。呪文面は全体2000火力
《「必然」の頂 リュウセイ/「オレの勝利だオフコース!」》自軍全員SA化 ターン中1回自分のハンターを破壊による条件付き敗北回避能力/
相手1体につき1コスト軽減できる4000全体火力
《八頭竜 ACE-Yamata/神秘の宝剣》初動兼盾確認札
《爆龍覇 グレンリベット/「爆流秘術、暴龍の大地!」》クリーチャー面はハンデスメタ。呪文面は半永久的に使えるマナブースト
《R.S.F.K./オールイン・チャージャー》ガチンコ・ジャッジ連続勝利で大量ブレイク/GJ勝利で1ドローできる初動チャージャー

アドバンス用 [編集]

超次元ゾーン [編集]

《革命槍 ジャンヌ・ミゼル》タップキル手段。龍解させれば遅延札に
《無敵剣 プロト・ギガハート》耐性に任せて雑殴りしたいときなどに
《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》装備クリーチャーブロッカー化。コスト軽減効果を活かして《ラブエース》から《ロージア》へ4→6と繋げるのも
《爆熱剣 バトライ刃》横展開の要
《爆銀王剣 バトガイ刃斗》《バトライ刃》の後継
《始原塊 ジュダイナ》ドラゴンのマナ召喚。龍解後の攻撃制限も普通にこのデッキなら狙える
《邪帝斧 ボアロアックス》ドラグハート《ネイチャー》
《将龍剣 ガイアール》メインデッキを喰わない除去。龍解条件を満たす要員はメインデッキにはない
《銀河大剣 ガイハート》龍解後は耐性を活かして雑殴りできる
《邪帝斧 デッドアックス》マッハファイター付与&パワー2倍バトルに 勝てばウエポンやドラグハートを展開
《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》打点補強。不確実だがフリーズブロッカー突破や足止めも
《百獣槍 ジャベレオン》シールドに余裕があれば、展開の余地あり

このデッキの回し方 [編集]

マナブーストやサーチ、手札補充で準備を進め、盤面もある程度貯めてから《流星のガイアッシュ・カイザー》を立て、そのまま《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を召喚して総攻撃。なるべく総攻撃の際に《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》は握っておきたい。

相手の盤面が厄介な場合は《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》を出して相手の盤面を処理しつつコマンドとドラゴンに対して蓋をしよう。《流星のガイアッシュ・カイザー》の対象外だが《地封龍 ギャイア》ならコマンドでもドラゴンでもなくともロック可能で、マナ召喚も付いているので、クリーチャーが並ばない対面ではそちらを選ぼう。

アドバンスにおいて [編集]

《インフェル星樹》のフルスペックを安定して発揮でき、《最終龍覇 グレンモルト》を使えることがオリジナルでは真似できない利点なので、なるべくそちらを有効活用したい。

《最終龍覇 グレンモルト》を召喚して《爆銀王剣 バトガイ刃斗》装備させ、攻撃時に《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》革命チェンジして《最終龍覇 グレンモルト》をバウンスすると、その攻撃でドラゴンを捲って《爆銀王剣 バトガイ刃斗》から《爆熱王DX バトガイ銀河》に龍解した場合、バウンスしたその《最終龍覇 グレンモルト》《爆熱王DX バトガイ銀河》呼び出すことができる。1回目の攻撃で出た《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》の2打点、《爆熱王DX バトガイ銀河》の3打点、《最終龍覇 グレンモルト》でのダイレクトアタックにより、シールドが初期枚数ならそのままフィニッシュできる。

長所・短所 [編集]

除去を受け付けるタイミングを与えずにワンショットできる上に今引きによる解決力が高いため、通常のドラゴン基盤では不利が付きがちな【ダークネスコントロール】に対して有利を付けることができる。

一方、【我我我ブランド】などの【速攻】に通りの良い防御札には乏しい。8マナ貯まっているか《流星のガイアッシュ・カイザー》が立っている状況を作る前に攻め切りに掛かられると非常に弱い。また、【モルト NEXT】?のように同程度の速度で出力がより高いデッキにも手を焼く。

とにかく《流星のガイアッシュ・カイザー》を出させない動きを自分から取るデッキに弱い。つまり、クリーチャーや呪文のコスト踏み倒しに依存しないデッキに不利が付く傾向にあり、《単騎連射 マグナム》《爆炎覇龍 ガイフレア》のような持ち主のターン中に有効なコスト踏み倒しメタが厄介。

環境において [編集]

アドバンスにおいて [編集]

『全国大会2019』日本一決定戦準優勝を果たしたプレイヤーが予選で使用していた。そちらの型は【白青赤緑ドラグナー】との折衷型であった。こうしてアドバンスにも【白ガイアッシュ覇道】が進出。

DM22-RP1期には《光牙忍ハヤブサマル》採用型が流行。

「デュエル・マスターズ グランプリ2022 Day1 アドバンス」では優勝し、その後もアドバンス環境の中心であり続けた。

転機は【絶望神サガループ】の成立・台頭と《生命と大地と轟破の決断》プレミアム殿堂で、同じドラゴン基盤のデッキでもより速度と突破力のある【モルト NEXT】?に徐々にシェアを奪われてしまう。

DMGP2023-1st』Day1(アドバンス)では前回GPと比較して予選突破者は大きく減らしたもののベスト8に1人残る健闘を見せる。
当時の一般的な型とは異なり、【白青赤緑ドラグナー】にならい《最終龍覇 グレンモルト》とその踏み倒し手段として《炎龍覇 グレンアイラ/「助けて!モルト!!」》が採用された型であった。逆に特筆すべき予選突破実績を残さなかったのは【白ガイアッシュ覇道】自体がドラゴン基盤のデッキとしては対応力に寄せ過ぎ、4ターン目辺りにリーサルを組めるパターンが少なく、デッキパワーを押し付ける力が足りなかったためである。

《絶望神サガ》殿堂入り後は持ち前のデッキパワーに加えて《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》を扱えるため【モルト NEXT】?へのメタデッキに強い点から一定の立ち位置は築いていた。

DM23-EX2が発売されると《邪帝斧 デッドアックス》《頂上連結 ロッド・ゾージア5th》の獲得で課題だった対【モルト NEXT】?勝率が五分程度にまで改善し、【モルト NEXT】に代わってアドバンスにおけるドラゴンデッキの顔に返り咲いた。DM23-EX2発売3週間後の100人規模のCSでは、1位から3位までをこのデッキが独占。

オリジナルにおいて [編集]

DMEX-17発売から約3週間後、【白青赤緑ドギラゴン閃】をベースとしつつ、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》を1枚から2枚に抑え、他に《時の法皇 ミラダンテXII》《蒼き団長 ドギラゴン剣》と主にそれら3種類をサーチするための《次元の霊峰》を投入した一方、もはや《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を通すことがメインとなったと言える型が続々上位入賞し、そちらは【白青赤緑ガイアッシュ覇道】の名でたちまち通った。

DMBD-18期に入ると、《“龍装”チュリス》を全抜きした代わりに《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》を3枚、《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》を2枚投入し、他に《ボルシャック・スーパーヒーロー/超英雄タイム》《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》《流星のガイアッシュ・カイザー》などを4枚積みし、やはり《蒼き守護神 ドギラゴン閃》を1枚に抑えた、寧ろコントロール寄りの型が流行。目ぼしい《蒼き守護神 ドギラゴン閃》への革命チェンジ元が《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》4枚程度しかなく、【白青赤緑ガイアッシュ覇道】成立当初以上に《蒼き守護神 ドギラゴン閃》の比重が下がっている。

DMBD-19DMBD-20期には、膠着状態の打破のために《我我我ガイアール・ブランド》を2枚入れた【白青赤緑ガイアッシュ覇道】がオリジナルで結果を残した。

DMBD-21DMBD-22期のオリジナルでは《王来英雄 モモキングRX》に寄せた【白青赤緑モモキングRX】の名で通る。

DM22-RP1期には《爆龍皇 ダイナボルト》型が台頭。《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》を出るだけ呼び出して殿堂入りカードを引っ張り込む、《流星のガイアッシュ・カイザー》を出しつつ打点を貯めて《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》プランに備える、といった動きが強力。特に大きいのは《流星のガイアッシュ・カイザー》を1度に2体展開できる点であり、そうなれば《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を1ターンの内に2体召喚することができる体制も整う。《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が2体もあれば、全体除去でも受けない限りたとえ相手が破壊以外の除去S・トリガーを積んで対策を打っていても、その内1体は大体追加ターン獲得に成功する。

DM23-EX2《MMM-ジョーキング》を獲得。直近では環境下位の古豪止まりであったこのデッキがこれ1種類で環境中位にまで回復したと言える。

サンプルレシピ [編集]

戦績:「デュエル・マスターズ グランプリ2022 Day1 アドバンス」優勝・入賞

メインデッキ [編集]

超次元ゾーン [編集]