《バイケンの海幻(ビジョン) [編集]

バイケンの海幻 VR 水文明 (4)
タマシード:ポセイディア・ドラゴン/シノビ/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
自分のターンの終わりに、カードを1枚引いてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる。
相手のクリーチャーが自分を攻撃する時、このタマシードを破壊してもよい。そうしたら、水のコスト6以下のクリーチャーを1体自分の手札から出し、このターン、そのクリーチャーに「ブロッカー」を与える。このターンの終わりに、そのクリーチャーを手札に戻す。

DMRP-22で登場したポセイディア・ドラゴン/シノビ/レクスターズタマシード

自分のターンの終わりに発動する任意の手札交換能力と、相手のクリーチャー攻撃に反応して自壊することでクリーチャーブロッカーを付与しつつコスト踏み倒しする能力の2つの能力を持つ。

手札交換はターン終了時に発動するので、このタマシードを出したターンでも発動可能。

一方のコスト踏み倒し能力ニンジャ・ストライクをイメージしてかターンの終わりに踏み倒したクリーチャー手札に戻さなければならないが、ブロッカー付与も相まって緊急的な防御手段として使える。
最大限に活かすためにはcip持ちのクリーチャーバトルに関する能力を持つクリーチャー、強制バウンスを回避できるクリーチャーなどを出したいところ。
また、コスト踏み倒し能力は「相手のクリーチャーが自分を攻撃する時」に発動するものであり、クリーチャーへの攻撃には反応しない点に注意。

なかなか使い勝手の良いカードであり、コスト踏み倒し使用後に墓地に置いておくだけではもったいないので、《「亜堕無」-鬼MAX》《戦カウ駆ルマ「輪断罪」》で、自壊したこのタマシードを再利用するのがいいだろう。
両者ともにタマシードの展開を得意としているので、前述した手札交換とうまく噛み合っている。
特に《「亜堕無」-鬼MAX》との組み合わせは凶悪。《「亜堕無」-鬼MAX》を手札に2枚用意し、S-MAX進化の特性で再利用し続ければ、相手のコスト5以上のアンタップクリーチャーがいる限り、パワー7000未満のクリーチャーの攻撃を全て防ぐことが可能。

タマシードであるためシンカライズは持ってはいるが、どちらかと言えば置き物として利用することを前提としたカードデザインであるため、安易に進化元とするのは基本的に悪手。
トドメのフィニッシャーや《マニフェスト <リーフ.Star>》《神ナル機カイ「亜堕無」》などの自己退場できる進化クリーチャーなどを重ね、このカードのうま味を殺さないようにしたい。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]