MMM(トリプルマックス)-ジョーキング》 [編集]

MMM-ジョーキング SR 光/自然文明[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン/レクスターズ 6000
相手のクリーチャーが自分を攻撃する時、自分のシールドが1つもなく、自分のマナゾーンに光と自然のカードがあれば、このクリーチャーを手札から出してもよい。
ブロッカー
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、コスト4以下のクリーチャーを1体またはコスト4以下のタマシードを1枚、自分の手札から出してもよい。

DM23-EX2で登場した/自然ジョーカーズ・ドラゴン/レクスターズ

自分のシールド0枚かつ、マナゾーン自然が揃っていればコスト踏み倒しダイレクトアタックの直前に割り込んで登場できる能力を持つ。
本体スペックはブロッカーマッハファイターW・ブレイカーを持ち、アタックトリガーで1ドローの後、コスト4以下のクリーチャータマシードを手札から踏み倒す。

相手のダイレクトアタックを1回防げ、マナゾーンに指定の文明が必要という部分は《一王二命三眼槍》を連想させる。
だが、《一王二命三眼槍》と比べるとアンブロッカブル特殊勝利タップインに加えてターン指定を回避できないコスト踏み倒しメタ《単騎連射 マグナム》《ルピア炎鬼》など)を防げないと穴が多い。
単純な受け性能は、下敷きにするカードのcipなどによる付加価値が一切ない《革命の絆》といった具合。

パワーも6000とそれほど高くなく、W・ブレイカー未満のウィニー以外にはチャンプブロック前提となる。相手がこちらのシールドを割り切ってもなおパワー6000超過の余剰打点があるというのは珍しくない。

したがって、単独ではカウンターとして信頼性が低いが、手札に複数枚抱えていれば、革命0トリガー《百鬼の邪王門》と同じくすべて同時に受け札として使うことができる。1体目がブロックで使い捨てになったとしても2体目以降は普通にコスト踏み倒ししたのと同じとなり、カウンター打点として切り返しがしやすい利点を持つ。当然、《獅子王の紋章》などと併用し、延命と1体目の生存を両立するのも良し。
種族もドラゴンかつジョーカーズかつレクスターズと優秀で、生き残った場合に進化元、コスト5以上ドラゴンを指定する革命チェンジ《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》革命チェンジ元にしやすいので【白ガイアッシュ覇道】【ジョーカーズ】【モモキングRX】などの様々なデッキで活躍が見込めるだろう。

手札にあるだけで上記の防御性能を発揮できる上に、本体のスペックはマッハファイターアタックトリガーでコスト4以下のクリーチャータマシードを踏み倒せる。
アタックトリガーが優秀なため、手打ちのコスト5クリーチャーとしては最低限の仕事をこなせ、革命チェンジと組みあわせられれば、大きくアドバンテージを取れる上、手札に戻ったこのカードは防御札として使える。

ドラゴンブロッカー手札誘発としては《轟牙忍 ハヤブサリュウ》よりもマナ数条件が緩いのが利点。打点と防御にしか使えないそちらと異なり、リソースや横展開、マッハファイターでの除去に使えるのも利点。《轟牙忍 ハヤブサリュウ》が直前の環境で全くといってよいほど使われない型落ち品であったからこそ登場を許されたスペックと言える。

環境において [編集]

登場からドラゴン基盤型の【白ガイアッシュ覇道】【メクレイド刃鬼】防御札として採用されるようになった。

登場1週間後には【5色バラモルド】に採用され、アドバンスのCS(ただし32人規模)で優勝。

【4色ディスペクター】にも【速攻】対策として利用される。が特に強く出る構築のためである。

しかし徐々にアビス系統などのハンデスデッキが環境に増加し、手札誘発として安定度が下がったことから、DM24-RP2期には既に廃れた。手札誘発が山盛りのデッキを使いたいならそもそも【白赤カウンター】【白単カウンター】の壁が厚いのも厄介である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]