R.S.F.K.(ロイヤル・ストレート・フラッシュ・カイザー)/オールイン・チャージャー》 [編集]

R.S.F.K. VR 火文明 (7)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン 5000
スピードアタッカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分が負けるか中止するまで、相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分がガチンコ・ジャッジに勝った回数、このクリーチャーは相手のシールドを1つブレイクする。
オールイン・チャージャー VR 火文明 (3)
呪文
相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、カードを1枚引く。
チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く)

DM22-EX1で登場したレッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアンツインパクト

クリーチャー面は《R.S.F.K.》そのもの。
詳細はそちらのページへ。

呪文面はガチンコ・ジャッジを行って勝てば1ドローできるチャージャー
運は絡むものの、一色で手札補充マナブーストを兼ねる事ができるのは堅実かつ優秀。《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》とは使い分けになる。

カード全体で見ると、フィニッシャーである《R.S.F.K.》自身が低コストチャージャーになったことで、ガチンコ・ジャッジに勝つための高コストカードスペースを割きやすくなったと言える。
自身が2枚と、他に5コストマナブースト等があれば3→5→7の動きができるのもポイント。

クリーチャー面の『コマンド・ドラゴンハンターコスト7』という性能が活かせるデッキであれば、それらのマナブースト要員として難なく投入できる。
具体的には【連ドラ】【鬼丸「王牙」】【カイザー「刃鬼」】[1]【7軸ガチロボ】【赤黒ドルマゲドン】など。

登場時点の環境では、クリーチャー面単体のスペックはあまり高くなく、主に呪文面を目的に使用することになる。
それでも一度出す事ができればワンショットを狙える強みは据え置き。少なくとも、《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》における《ボルシャック・ドラゴン》よりかは使えるだろう。

【速攻】【我我我ブランド】のような低コストを重用する上に受けの薄い、あるいはシールド回収を遠慮なく行うような相手であれば、臨機応変にクリーチャー面を呼び出して隙をつきに行けるのはツインパクトならでは。
その場合はコスト踏み倒し札で選択的に呼び出したいところ。例えば《FORBIDDEN SUNRISE 〜禁断の夜明け〜》《鬼寄せの術》との複合で最速先攻3ターン目に出すことができる。《ドギラゴン・エントリー》はこちらとの相性が良い《メンデルスゾーン》から繋げてこれまた最速3ターン目に出せ、そうでなくても呪文面から繋げることもできる。
呪文メタコスト踏み倒しメタで他の動きが封じられている場合の最後の手段としてなら、即座にリーサルを狙えるという点だけで十分素出しに値する。
極論1体でフィニッシュを実現できるため、《キャンベロ <レッゾ.Star>》のような大量展開メタを出された時の返しに有効。

【7軸ガチロボ】にとっては願ったり叶ったりの札。メインデッキの約9割が7コストで1割(《ガチャンコ ガチロボ》本体)がコスト6なので、呪文面もフルスペックを発揮しやすく、クリーチャー面も安定しやすい。特にクリーチャー面は《覚醒連結 XXDDZ》のようなロック持ちがあれば打点要員として無駄になりづらい。通常のデッキよりもコスト踏み倒しメタが致命傷になりやすいこちらのデッキにおいては緊急のビートダウン要員としても使うことができ、やはりメインデッキの構成から1体で殴り勝つことも対面次第では十分狙える。

環境において [編集]

やはりクリーチャー面が単調なスペックなので確定枠に収まったとは言い難いが、登場早々ドラゴン基盤デッキでポツポツと使われている。

DM22-EX1期のアドバンスでは【5色巨大ヴァリヴァリウスグレンモルト】のような《巨大設計図》基盤でチャンピオンシップ4位入賞を果たしている。

《メンデルスゾーン》《雷龍 ヴァリヴァリウス》、このカードのクリーチャー面で、運は絡む上に対面も選ぶが3枚要求による3ターンキルが実現可能。このようなことからも《雷龍 ヴァリヴァリウス》軸での活躍が主体となっている。

cip以外の方法でゲームエンドに持ってきけるアタッカーためアドバンスに跋扈する【緑単オービーメイカー】への対策となるのも優秀。あちらはウィニー満載のデッキなので、ガチンコ・ジャッジはほとんど心配ない。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

メディアでの活躍 [編集]

その他 [編集]

  • オールインは自分の持っているチップをすべて賭ける行為。クリーチャー面のロイヤル・ストレート・フラッシュ同様にポーカーが元ネタ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM22-EX1
    勝負師はいつだってオールイン。

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] このデッキの場合、《不敗のダイハード・リュウセイ》によるシールド焼却で制圧したい場合もあり、こちらの大量ブレイクとは噛み合いにくい。一応、ガチンコ・ジャッジ中止することができるため、W・ブレイカー程度に留めておくことはできる。