光鎧龍(こうがいりゅう)ホーリーグレイス》 [編集]

光鎧龍ホーリーグレイス R 光文明 (6)
クリーチャー:アーマード・アポロニア・ドラゴン 6500
S・トリガー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーをすべてタップする。
相手のターン中に、このクリーチャーが出た時、このターンに2つ以上自分のシールドがブレイクされていなければ、このクリーチャーを破壊する。

DM23-RP4で登場したアーマード・アポロニア・ドラゴン

cipで相手オールタップを行う。

相手のターン中に出た際には、当該ターン中に2つ以上自分のシールドブレイクされていなければ自壊するデメリットを持つ。

cip解決し、デメリットを乗り越えた後にはコスト6パワー6500のW・ブレイカーが残る。

そもそも無条件でクリーチャーとしてS・トリガーオールタップを併せ持つカード自体《閃光の守護者ホーリー》以来2例目。

アーマードデッキなら《ピース・盾・ルピア》と併用や選択して役割補強できる。
S・トリガー・プラスは2打点以上のパンチなら確実に達成できることを考えれば、そちらと合計8枚体制にしてあれば《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》を含めての雑殴りに屈しづらいS・トリガー基盤が作れるだろう。

当然、《光鎧龍ホーリーグレイス》自体も2打点以上のパンチで自壊がなくなり、2打点以上を多用するワンショットには強い。
逆に、オールタップは序盤から刻んだ打点で対策でき、《ピース・盾・ルピア》も《光鎧龍ホーリーグレイス》も各ターン中の1回目のブレイクをシングル・ブレイクしたらどちらも何らかの形で弱体化する共通の弱点はある。

もっとも、ターン中の初攻撃が1ブレイクかつその攻撃を終えたらターンエンドするような刻んだ立ち回りは少数派になるため、明確な欠点にはなりづらいだろう。《CRYMAX ジャオウガ》など初攻撃から2打点以上はよくある。

環境において [編集]

《ピース・盾・ルピア》の方が高い汎用性を持つ上に、そちら自体殆ど苦労せずフルスペックを発揮できるため、白赤アーマード系列でもそちらが優先され、採用は稀。

その他 [編集]

厳密には異なるが、S・トリガー・プラスの逆というデザインだろう。ターン中初の1ブレイク時でもS・トリガーの防御札として効力を発揮でき、さらにはそれ本体がシールドに埋まっていなくても《サイバー・I・チョイス》《ナウ・オア・ネバー》《ドラゴンズ・サイン》などで呼び出すことでも受けとして機能するというのは大きな利点。

サイクル [編集]

DM23-RP4レアS・トリガー獣サイクル
コスト6のW・ブレイカーで、ブレイク数を条件に自壊するS・トリガー・プラスに似たデメリット能力を持つ。
デュエチューブの新カード紹介動画では5枚まとめて紹介された。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]