白青(しろあお)ギャラクシールド】 [編集]

「雷光の聖騎士」 SR 光/水文明 (6)
クリーチャー:メタリカ/エンジェル・コマンド/チーム銀河 8500
<ギャラクシールド>[光/水(4)]
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、裏向きにして新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。
自分のシールドがブレイクされる時、このクリーチャーがバトルゾーンまたは表向きで自分のシールドゾーンにあれば、シールドブレイクのかわりに自分の手札を1枚捨ててもよい。

ギャラクシールドを使い、防御とコスト踏み倒しをしつつロックするデッキ

主要ギャラクシールド [編集]

候補ギャラクシールド [編集]

候補 [編集]

《青守銀 アドマニ》準バニラだが、ギャラクシールドを行えばタダ
《赤攻銀 イザヤック》
《「古の守護者」》序盤に出しておけばギャラクシーGOを妨害されない
《紅の猛り 天鎖》タップインし、シールドが7枚ないとアンタップしない。
《「自由のクルト」》など低コストのシールド追加と相性良好
《煌龍 サッヴァーク》ドラゴン・W・ブレイカー
自軍が離れる時、表向きシールドを身代わりにできる
《処罰の精霊ウラルス》cipで味方1体につきシールドを1枚表向きにできる
《聖霊王アルカディアス》以外の呪文ロック
《白騎士の聖霊王アルカディアス/完全決闘》同上。T・ブレイカー/上限5枚のシールド追加ブレイク封じ
《終末の時計 ザ・クロック》S・トリガー獣cipターンの残りをとばす
《「光魔の鎧」》S・トリガー獣cip手札からシールド追加するブロッカー
《ツドイノ裁徒》シールド・セイバー付与。《「不屈の輪」》と相性良好
《守護すぎる守護 鋼鉄》
《トライガード・チャージャー》シールド交換ができるチャージャー
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》コスト踏み倒しメタ/呪文メタキャントリップ
《正義の煌き オーリリア》ラビリンスでコスト5以下の呪文ロック攻撃曲げ
《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》G・ゼロ付き墓地利用メタブロッカー
長期戦になりがちため、単純な山札回復にも
《「機械の番犬」》各ターン、初めてシールド追加されると手札補充
《護天!銀河MAX》バウンス表向きシールド追加の二つを選べる
《「策略のエメラル」》cip表向き裏向きを選べるシールド交換
《希望のジョー星》ギャラクシールドコスト失くす
《凄惨なる牙 パラノーマル》表向きであれば相手全体に-3000のパワー低下
小型クリーチャーの存在を許さない
《サッヴァーク <マン.Star>》スター進化攻撃時表向きシールド追加
《サイバー・ブレイン》S・トリガー付き3ドロー

回し方 [編集]

序盤はブロッカーや低コストギャラクシールドを使用して展開。
相手に攻撃可能なクリーチャーがいれば《「流水の大楯」》《「純愛の紅」》などを使って妨害する。
2ターン連続で妨害でき、仮にブレイクされても再使用できるため粘り強く妨害できる。

マナが4~6枚になる中盤は、2枚以上のギャラクシールドを使用して妨害しつつ、隙を見て手札補充を行う。
これで息切れする事無く相手の攻撃を妨害しつつ、終盤に向けて切り札を準備できる。

終盤は大型ギャラクシールドを展開。この頃には前半に展開したギャラクシールドから大量の小型クリーチャーも並んでいる頃だろう。
《「雷光の聖騎士」》《「絶対の楯騎士」》《仮面のマジン・クロスノーム》と言った大型クリーチャーと共に、一斉攻撃を仕掛けよう。
特に《「雷光の聖騎士」》を展開できれば、手札を消費する事で自分のシールドブレイクを防ぐ事ができるため心強い。cipS・トリガーを持たない相手クリーチャーシールド送りにしていれば、最後にそのシールドブレイクして安全に勝利を目指せる。

【白青緑ギャラクシールド】 [編集]

DMEX-18期のオリジナルでチャンピオンシップ4位以内入賞が散見されて話題となった型。しばらくすると【白青緑シャコガイル】折衷型も結果を残した。

豊富なマナブーストによって早期のギャラクシールドの始動が可能となっており、《貝獣 パウアー》《水上第九院 シャコガイル》のような白青型には明らかに入らない重量級リソース要員も使いこなせるようになっている。

【我我我ブランド】に対して圧倒的有利なのも大きい。

【白青黒ギャラクシールド】 [編集]

オリジナル制定後にそちらのフォーマットに定着した型。白青型に闇の除去・ハンデスを加えて対応力・妨害性能を補強したものとなっている。闇文明を含んだからこそのフィニッシャーも採用される。

は数多くの種類のハンデスを擁するため、ある意味対策されにくい型と言える。

【ギャラクシールド】系統の御多分に漏れず、【我我我ブランド】に対して圧倒的有利。《我我我ガイアール・ブランド》+ウィニー3体程度の盤面なら初期シールド枚数から受け札によるシールド化を繰り返すことで無理なく返せる。

《凄惨なる牙 パラノーマル》無制限時代、白青型にそれをタッチしただけのものが【白青黒ギャラクシールド】と広く呼ばれていたが、それはこの型とは別である。そちらは2020年7月1日殿堂レギュレーション改訂以降の環境にある程度定着したが、2020年12月18日にその《凄惨なる牙 パラノーマル》殿堂入りに指定され、大幅弱体化。

《ゴースト・Re:タッチ》G・ストライク付き初動ハンデス
《改造治療院》3コストで墓地回収ハンデスが同時に出来る
《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》呪文再利用/コスト3以下指定ピーピングハンデス
《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》置き除去、スマッシュ・バースト/
S・トリガー付きランダムハンデス
《無慈悲な取り立て》1シールド焼却デメリット付き2コスト確定除去
《ブレイン・タッチ》1ランダムハンデス1ドロー
《魔王と天使のカナシミ》シールド回収により息切れしない初動ハンデス。
シールド追加ギミックでデメリットを中和
《青守銀 シルト/解体事変》お互い1シールド追加/1ピーピングハンデス
《密かで華麗なるカイタイ》3コストシールド送りピーピングハンデス
《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》3コストでシールド回収除去を同時にこなす
《ドラグ変怪》手札以外メタ。主にアドバンス
《アクアン》4マナにして最大5手札補充のスーパーサブ
《拷問ロスト・マインド》呪文指定オールハンデス
《七王無き宮殿》多色指定オールハンデス
《絶望と反魂と滅殺の決断》除去・ハンデス・リアニメイトが1枚に詰まったカード
《ナーガの海黒環》リソース・妨害系汎用カード
《魔天降臨》フィニッシャー
《天使と悪魔の墳墓》
《∞龍 ゲンムエンペラー》
《CRYMAX ジャオウガ》
《テック団の波壊Go!》青黒コントロール御用達の防御札
《ヴィオラの黒像》多くのロックに引っ掛からない防御札
確定除去の対象次第ではカウンターも可能
《秩序の意志》手札誘発なので狙って発動できる防御札

【白青ライオネル.Star】 [編集]

《「正義星帝」 <ライオネル.Star>》cipで1ドロー&タマシードタダ出し。
自分のタマシードが出た時、コスト6以下の進化1体を手札からタダ出し
《スロットンの心絵》S・トリガードローorコスト7以下進化1体を手札からタダ出し
《MAX・ザ・ジョニー》S-MAX。各ブレイクの前にシールド追加
攻撃の終わりシールドが10枚以上ならエクストラウィン

【白青黒緑ギャラクシールド】 [編集]

《天災 デドダム》《終末王秘伝オリジナルフィナーレ》を中心とした青黒緑基盤を組み込んだ型。

《流星のガイアッシュ・カイザー》からのファッティ展開もあるため、もはや【ギャラクシールド】というよりは、ギャラクシールドを耐久手段の1つとして取り入れた【青黒緑コントロール】の系譜を汲むデッキといっても過言ではない。

《オールデリート》《インフェル星樹》《禁断〜封印されしX〜》と組み合わせて使う型はアドバンス仕様だが、一それらの内のいくつか、または全部を使わない型もままある。

DM22-EX1期からアドバンスを中心に活躍。

その他 [編集]

参考 [編集]