《ナーガの海黒環(リング) [編集]

ナーガの海黒環 VR 水/闇文明 (4)
タマシード:ナーガ/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置いてもよい。そうしたら、水または闇のカードを1枚、自分の墓地から手札に戻す。
各ターン、はじめてカードが自分の墓地から離れた時、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
▶カードを1枚引く。

DMRP-22で登場した/ナーガ/レクスターズタマシード

cipで3枚の墓地肥やし/のカードを1枚回収し、墓地からカードが離れた時にセルフハンデスドローを行うモードを持つ。

今弾から登場し始めた進化元としての役割より置物として使うことが重視されたタマシードであり、上手く使えれば毎ターンハンドアドバンテージを広げられる。

cipはコスト比で考えると墓地肥やし枚数が少々少なめだが、カードタイプ問わずに墓地回収できるのは優秀。もちろん多色にも対応している。

カードが墓地から離れた時に発動するモードcipと合わせて自己完結しており、出すだけでハンドアドバンテージを1広げられる。
ハンデスドローの選択式ということで腐る場面が少なく、とりあえず確実にアドバンテージを広げられるのは悪くないだろう。
タマシードなので場持ちも良く、条件も緩いので毎ターン発動することも簡単。

強いて言えば多色4コストの置物で盤面に一切触れることができないのはネックか。

環境において [編集]

登場から【青黒緑デッドダムド】系統に使われている。《SSS級天災 デッドダムド》墓地からの侵略でついでのように効果誘発することができるためである。《お清めシャラップ》での山札回復《絶望と反魂と滅殺の決断》でのリアニメイトに反応するのも美味しい。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の能力について

Q.自分の《不死鳥縫合 ブラック・ビッグバン》がバトルゾーンにいて、山札が2枚の状況で、《ナーガの海黒環》を出しました。山札が3枚ありませんが、残りの2枚を墓地に置くことで「そうしたら」以降の効果を解決できますか?
A.山札が2枚しかないので、山札のカードを墓地に置くことはできませんし、「そうしたら」以降の効果も解決できません。
引用元(2022.6.24)

  • 3つ目の能力について

Q.自分の《ナーガの海黒環》が2枚バトルゾーンにある状況で、自分の墓地のカードが離れました。「各ターン、はじめてカードが自分の墓地から離れた時」の能力がそれぞれトリガーしますが、1枚目の能力で「カードを1枚引く」を選び、引いたカードを確認してから2枚目の能力でどちらの選択肢を選ぶかを決定できますか?
A.はい、できます。選択肢を持つ能力は、その解決時にどちらの選択肢を使うかを決定できます。
引用元(2022.6.24)