《「正義全帝(ジャスティス・アンド・エブリシングエルス)」》 [編集]

「正義全帝」 SR 光/水文明 (8)
クリーチャー:メタリカ/チーム銀河 15000
G・ストライク
<ギャラクシールド>[光/水(6)]
このクリーチャーを表向きでシールドゾーンに置いた時、カードを3枚引いてもよい。
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きでシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の手札を好きな枚数、表向きにシールド化する。

DM22-EX1で登場した/メタリカ/チーム銀河

G・ストライクギャラクシールド6およびギャラクシーGOを持つ。

《「激情の福音」》同様、ギャラクシールドG・ストライクの組み合わせは時間稼ぎに優秀なシナジーがある。
しかも、ギャラクシールドで張った時にすでにアドバンテージを得ているため、このシールドだけをブレイクされてギャラクシーGOを阻止されてもディスアドバンテージにはなっていない。もちろん[光/水(6)]は決して安くないコストでありテンポアドバンテージの損失はある。

表向きシールドゾーンに置かれた時に3ドローできる。
《凄惨なる牙 パラノーマル》同様、《「策略のエメラル」》といった外部のカードで直接誘発を狙いたい。

また、cipで自分の手札を好きな枚数表向きシールド化する事ができる。
「表向きでシールドゾーンに置いた時」で手札補充する点で噛み合っている。《「正義全帝」》で次の《「正義全帝」》を手札に引き込み、連鎖的にシールドと手札を増加させることも。

コスト8のメタリカであるため、《ピラミットーテム》光臨《ジャスティ・ルミナリエ》ラビリンス《エメスレム・ルミナリエ》のク4体タップによる代替コストの3種類の踏み倒し能力に対応している。
特に《ジャスティ・ルミナリエ》S・トリガーを持ち、《「正義全帝」》のcipシールド化すれば確実にラビリンスを発動できる。
更に手札に《光霊姫アレフティナ》と大量のカードがあれば、同時に出して特殊勝利まで可能。

環境において [編集]

登場直後から【白青ギャラクシールド】《ジャスティス・フォース》,《光霊姫アレフティナ》ともに採用された。手札が切れるほどシールド追加しても、《「絶対の楯騎士」》によってリソースの消耗を抑えられた。

その他 [編集]

  • やや卑怯かもしれないが、時間制限ギリギリでこのカードを使ってシールド追加すれば、時間切れの際のシールド枚数差判定で勝てる。EXライフで大量にシールド追加して耐久するコントロールも登場時点の環境にはあり、このカードならではの利点はそうしたところにもあると言える。
  • エブリシングエルス(英:everything else)は「他の全てのもの」を表す。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]