【ライオネル.Star】 [編集]

概要 [編集]

《「正義星帝」 <ライオネル.Star>》の能力でタマシード進化クリーチャーをどんどん並べるデッキ。
白赤をタッチする型が主流。

「正義星帝」 <ライオネル.Star> SR 光文明 (5)
スター進化クリーチャー:メタリカ/エンジェル・コマンド/レクスターズ 9500
スター進化:レクスターズまたは光のクリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを1枚引く。その後、光のタマシードを1枚、自分の手札から出してもよい。
自分のタマシードが出た時、コスト6以下の進化クリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。この能力は、各ターン1度しか使えない。

主要カード [編集]

カード名役割
《「正義星帝」 <ライオネル.Star>》cipで1ドロー&タマシードタダ出し。
自分のタマシードが出た時、コスト6以下の進化1体を手札からタダ出し
《スロットンの心絵》S・トリガードローorコスト7以下進化1体を手札からタダ出し

候補カード [編集]

[編集]

カード名役割
《MAX・ザ・ジョニー》S-MAX。各ブレイクの前にシールド追加
攻撃の終わりシールドが10枚以上ならエクストラウィン
《モモキング-MAX》S-MAX攻撃時ドロー&コスト6以下のタマシード1枚を出せる
《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》進化元10体を消費してエクストラウィン
《聖霊王イカズチ》《ミラダンテの天宝》からも進化可能。
クリーチャーが出る度に味方を任意の数アンタップブロッカー
《レク・シディア》僅か2コストで相手に登場時攻撃制限をかけるブロッカー
【我我我ブランド】等の速攻に絶大な負担を強いる
《「楯騎士」 <アブソリュート.Star>》タマシードから進化する場合2コスト軽減される
《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》cip攻撃時にクリーチャーをどんどん展開していくフィニッシャー
《「正義星帝」》進化を1コスト軽減し、cipで一時的に離れないを得る進化元
シンカパワーでコスト4以下の呪文ロック
《カーネンの心絵》タマシード山札の上3枚から進化タマシードを1枚手札補充
《ライオネル.Star》と合わせて進化クリーチャーの大量展開を狙う
《ゲラッチョの心絵》タマシードS・トリガーキャントリップ&1体タップ
《SMAPONの心絵》タマシードS・トリガーオールタップ
《ミラダンテの天宝》S・トリガーで1体フリーズ種族が優秀
《ミラクルストップ》呪文ロック。上記でG・ゼロの条件を満たせる

[編集]

《ブランド-MAX》S-MAX。相手に選ばれると1枚シールド焼却
攻撃時に他の味方1体をアンタップ&追加ブレイク付与
《邪王来混沌三眼鬼》敵味方を問わず全員に攻撃強制付与し、ターン中最初の攻撃時に
山札の下からコスト5以下の進化1体とタマシードを1枚出す
《ボルシャック・モモキングNEX》cip攻撃時山札の上またはレクスターズなら出せる
《キャンベロ <レッゾ.Star>》侵略コスト4以上のレクスターズ。出た次の相手のターン展開制限
《ガヨウ神 <シューマッハ.Star>》cip手札交換ジョーカーズ捨てるとさらに6000火力
ジョーカーズがそれなりに多いこのデッキでは全能力が無駄にならない
《センメツ邪鬼 <ソルフェニ.鬼>》cipで相手のコストの一番小さいクリーチャータマシード一掃
攻撃時離れた時手札交換、《シューマッハ.Star》と選択
《ロマネス仙鬼の封》コスト5以下1体or多色カード1枚を破壊するS・トリガータマシード
クリーチャーの下にある《JO》を撃ち抜く事で【JO退化】の対策も可能
《ストリエ雷鬼の巻》タマシード手札交換付き1コスト進化元

自然 [編集]

[編集]

多色 [編集]

このデッキの回し方 [編集]

基本的に初動はタマシード。そのまま《スロットンの心絵》《「正義星帝」 <ライオネル.Star>》《アルカディアス・モモキング》《MAX・ザ・ジョニー》等を並べ勝利する。
《スロットンの心絵》に頼らずとも十分他のクリーチャーたちで戦うこともできる。

長所 [編集]

《「正義星帝」 <ライオネル.Star>》の圧倒的な展開力及びタマシードを主体とする事による凄まじいメタ耐性が強み。
似たような効果のカードには《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》が既に存在しているが、そちらと比較すると進化クリーチャーを展開できるため、全体的なクリーチャーの質が高いのが特徴である。

防御面の堅いデッキに対してはEXWinで勝ちに行く事も可能と隙が無い。

また、《スロットンの心絵》S・トリガーで出れば相手ターンながら展開を行うことが可能で、不意を突いたカウンターを決められる。《スロットンの心絵》タマシードであり、現状タマシードS・トリガーをケアする手段は極めて限られている。

《<ライオネル.Star>》以外のクリーチャーも軒並み強力。
単純に良質な防御札を兼ねるタマシードも多いが、ここに《禁断英雄 モモキングダムX》が立っている場合、ほぼ全ての防御札に強烈な全体除去が発生する確率が付きまとい、さらに安定性が上昇する。最悪出した直後であろうとも、《スロットンの心絵》から《<ライオネル.Star>》を1回連鎖させるだけで即禁断解放可能。
進化元が溜まる事を利用して《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》の進化元としても最有力。

《MAX・ザ・ジョニー》EXWinを狙う以外にも単純にシールド回復手段として優秀。防御札を再装填可能な上にEXWinをチラつかせる事で相手に攻撃せざるを得ない状況を強要するため、焦って攻撃してきた所にカウンターを叩き込める。S-MAX特有の敗北回避能力により防御面の補強や同じEXWinへの対策と八面六臂の活躍を見せる。

主に手札からの展開になるため、《とこしえの超人》タイプのメタには比較的強い。

各種退化デッキやビートダウン等の速度の速いデッキからロックを主体としたコントロールまで対応可能な範囲が非常に幅広く、王来篇末期に成立した環境トップメタには軒並み同等~有利を取れる。

短所 [編集]

どの型でも手札からの踏み倒しがメインとなるため、手札消費が非常に荒い。十分な手札を確保しておかなければせっかくの《<ライオネル.Star>》の展開力が十分に活かせなくなる。その関係上ハンデスは明確な弱点。
ただし墓地の落ち具合によっては《ヴィオラの黒像》で十分挽回可能。

また、デッキの展開手段を《<ライオネル.Star>》と《スロットンの心絵》に依存しているため、このどちらかの着地が間に合わないほどの速攻デッキには《レク・シディア》等の対策無しではかなり厳しい。

《禁断英雄 モモキングダムX》が居ない場合の防御力は通常のコントロールデッキにメタ耐性が付いた程度。それでも強力な部類ではあるものの、やはり居る場合と居ない場合では安定性に大きな落差が生じる。
また禁断解放を耐えられる上に攻撃時にオールハンデスを仕掛けてくる《Volzeos-Balamord》は非常に危険。

タマシードを除去できるカード指定除去も不味い。特に裁定変更で強化された《偽りの王 モーツァルト》《禁断英雄 モモキングダムX》諸共盤面のタマシードを消し飛ばされるため、ロングゲームとなった場合は真っ先に警戒すべきである。

EXWinはどちらも敗北回避能力で簡単に対処されるので過信は禁物。《一王二命三眼槍》《完全防御革命》、同じくS-MAX特有の敗北回避能力には要注意。
特に《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》が止められた場合はバトルゾーンを大量消費してしまうため立て直しが困難となる。

進化クリーチャーがメインになるため、《その子供、可憐につき》は天敵となる。

参考 [編集]