【ダッカルパラノーマル】 [編集]

白青タッチで組まれる、《緑知銀 ダッカル》《凄惨なる牙 パラノーマル》を組み合わせたデッキ。アーキタイプ自体は《ダッカル》が登場したDMEX-07期から存在したが、ギャラクシールドが登場したDMRP-13期に急速に広まり、【白青ギャラクシールド】の一種にもなった。

主役 [編集]

《緑知銀 ダッカル》cipか呪文を唱えるたびに、山札の上から表向きにカードをシールドに置く
《凄惨なる牙 パラノーマル》表向きにシールドゾーンにあると相手のクリーチャーを常時パワー-3000する

主要カード [編集]

候補ギャラクシールド/シールド・ゴー [編集]

《「絶対の楯騎士」》毎ターン、途切れる事無く擬似ギャラクシールドを行える
《「雷光の聖騎士」》ディスカードでシールドを守り、cipで1体確定除去
《守護すぎる守護 鋼鉄》シールドに表向きでいる間シールド・セイバー付与
《「蒼刀の輝将」》1ドローできるギャラクシールド持ち
《百識 アカシック》シールドに表向きでいる間置きドロー

その他候補カード [編集]

《「古の守護者」》シールドゾーンの表向きのカードを守る
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》早期のコスト踏み倒しに対する強力なメタ
《ヘブンズ・ゲート》防御用S・トリガー。基本的に手札に加わったらマナ置き
《正義の煌き オーリリア》ラビリンスでコスト5以下の相手の呪文を封じる。《ヘブンズ・フォース》での早出し先にも。
《イグゾースト・II・フォー》コスト4以下の呪文を唱えて、敵クリーチャー1体にプリン効果
《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》シールド追加と好相性の打点形成要員

概要 [編集]

《緑知銀 ダッカル》を使ってギャラクシールドカードか《凄惨なる牙 パラノーマル》を表向きにシールドゾーンに置いていくデッキ。

《緑知銀 ダッカル》がいる状態で、山札操作呪文を唱えれば、理想のカードをシールドゾーンに置きやすくなる。

【バーンメアジョーカーズ】【ドッカンデイヤー】などの低パワーのGRクリーチャーを主力にするデッキにはめっぽう強い。
《凄惨なる牙 パラノーマル》が1体でもシールドゾーンで表向きにあれば、マナドライブ持ちのGRクリーチャーや《せんすいカンちゃん》《無限合体 ダンダルダBB》が捲れても自動的に処理できる。
《サザン・エー》《クリスマIII》《ヨミジ 丁-二式》などの自壊をトリガーとする能力を持つクリーチャーは、cip解決の前にパワー0になって墓地に置かれるので、自壊することができずに能力は不発に終わってしまう。
また《斬罪 シ蔑ザンド》《κβバライフ》などのオレガ・オーラも、GR召喚したGRクリーチャーに付く前に装着先が破壊されてしまうため、場に出ることができずcip能力を使うことが出来なくなる。

序盤からファッティを飛ばしてくる【赤単ブランド】【レッドゾーン】に対しては、相性は五分五分。それらのメタカードとして《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》の採用も考えられるが、それに枠を割く余裕があるかどうかが問題となってくる。

その他 [編集]

  • このデッキの台頭は、皮肉にも「場に出して破壊される」という一手間こそがシールド・ゴーの致命的な欠陥であるとプレイヤーに再認識させた事例であると言える。

参考 [編集]

タグ: デッキ集