終来王鬼(しゅうらいおうき) ジャオウガ》 [編集]

終来王鬼 ジャオウガ KGM 火文明 (5)
スター進化クリーチャー:デモニオ/鬼レクスターズ 8000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から進化クリーチャー1体またはタマシードを1枚相手に見せ、手札に加えてもよい。残りを好きな順序で山札の下に置く。その後、相手に見せたカードのコスト以下の、相手のクリーチャー1体またはタマシードを1枚破壊する。

DMSD-21で登場したスター進化デモニオ/鬼レクスターズ

cipで山札の上5枚から進化クリーチャータマシードを1枚サーチしつつ、サーチしたカードのコストで変動する破壊を行う。

侵略と相性が良く、このクリーチャーから《キャンベロ <レッゾ.Star>》に繋げる事も出来る。

山札の下のカードをある程度自由にコントロール出来るため、デッキ下2枚を参照する《邪王来混沌三眼鬼》とも相性が良い。マナカーブも繋がっており、デザイナーズコンボだと思われる。

  • 進化クリーチャーのツインパクトをサーチした場合は、呪文面のコストも参照できるか要検証。
  • 名称は《未来王龍 モモキングJO》の対になっている(「未来」に対して「終来」、「王龍」に対して「王鬼」)。
    • 効果もデッキトップという不確定な未来をドローする《モモキングJO》に対し、山札の下にカードを仕込むことで未来を確定させる《ジャオウガ》と対になっている。

背景ストーリーにおいて [編集]

邪鬼王来烈伝」に記された12の王の魂を全て取り込み、鬼の歴史を統べる王となったジャオウガ。

龍頭星雲の向こう側にある並行世界で、王来篇背景ストーリーにおけるモモキングと同様にディスペクターと戦い、12の王の魂を乗せた一撃で並行世界のVolzeos-Balamordを撃破した。その一撃のあまりのパワーによって、ジャオウガ達のいる鬼の世界とモモキング達のいる龍の世界が接続されてしまう。
そうして再びモモキング達の世界に現れたジャオウガはジョーカーズ星を打ち込んで粉々に破壊し、鬼レクスターズの大軍勢を各文明に侵攻させる。一方で自身は上空に玉座を設置し、そこに余裕たっぷりに腰を下ろしたのだった。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 3つ目の能力について

Q.《終来王鬼 ジャオウガ》の「出た時」の能力で、相手の進化クリーチャーの下に置かれているクリーチャーやタマシードを破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。カードの下に置かれているカードは特性が無視されます。ですので、クリーチャーやタマシードを破壊する効果で、カードの下に置かれているクリーチャーやタマシードを選ぶことはできません。
引用元(2022.4.8)