邪王来混沌三眼鬼(カオス・ヴィ・ナ・シューラ) [編集]

邪王来混沌三眼鬼 KGM 火文明 (5)
スター進化クリーチャー:デモニオ/鬼レクスターズ 7000+
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
バトル中、このクリーチャーのパワーを+4000する。
クリーチャーは、可能なら攻撃する。
クリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら、自分の山札の下から2枚を表向きにする。その中から、コスト5以下の進化クリーチャーを最大1体とコスト5以下のタマシードを最大1枚出す。その後、残りを墓地に置く。

DMRP-21で登場したデモニオ/鬼レクスターズ

《終剣連結 アビスハリケーン》のように、敵味方問わず全員が《凶戦士ブレイズ・クロー》と同じ状態になる。

《断断打つべしナウ》といった、「(攻撃宣言時、)可能ならクリーチャー攻撃する」効果と組み合わせると、リンク中の《龍神ヘヴィ》《極限龍神ヘヴィ》と同じく、否が応でも相手のクリーチャーはそこに突撃しなければならない。

《邪王来混沌三眼鬼》自身も、バトル中は11000とそこそこのラインのパワーを持つため、攻撃誘導を付与しておけば【我我我ブランド】程度なら相手のシールドをノーリスクで割りに行くことができる。

また、敵味方問わず、各ターン1回、アタックトリガーのタイミングで自分の山札の下から進化クリーチャータマシードコスト踏み倒し、兼墓地肥やしを行う。
山札の下を利用するという部分は《一王二命三眼槍》を強く意識させる。

《ストリエ雷鬼の巻》などで山札の下にカードを仕込むことで確実に踏み倒しを成功させられるが、構築段階でデッキの内容をコスト5以下の進化クリーチャータマシードで固めておけば高確率で1枚は踏み倒せる。
特に鬼S-MAX進化により、進化元が要らない《EVE-鬼MAX》《「亜堕無」-鬼MAX》と相性が良く、特に前者なら同じ文明である事もあって相性は良好。
《禁断英雄 モモキングダムX》とも相性が良く、マナを使うこと無く高速で《モモキングダムX》のカウントを増やせる。相手の攻撃にも反応するため、従来ではS・トリガーに頼るしかなかったカウンター戦術の確実性も上がる。その分、山札の消費速度が極めて速くなるため運用には注意が必要。

  • 最大1つずつ出すというテキストなので、どちらかあるいは両方をあえて出さないこともできる。しかし、出したか出さなかったかに拘わらず墓地肥やしは強制なので攻撃できるクリーチャーがいるターンごとに2枚ずつ自分の山札が削れていく。ライブラリアウトには注意。

背景ストーリーにおいて [編集]

《一王二命三眼槍》邪鬼王来烈伝として覚醒し、禍々しい鬼の姿へと形を変えたもの。
全身に混沌を纏っている。その混沌に触れたものは形を保てなくなり、粉々に粉砕されてしまう。

ジャオウガによってジョーカーズ星に打ち込まれ、ジョーカーズ星を跡形もなく破壊した。その後ジョーカーズ星の跡地に駆けつけたモモキングに襲いかかり、一度はモモキングにトドメを刺す。
しかしモモキングは《ボルシャック・ドラゴン》の魂が身代わりになったことで一命をとりとめた。その間にタマシードを携えたジョニーが現れ、S-MAX進化の力に目覚めたジョニーとモモキングによって身に纏う混沌を切り裂かれ、敗北した。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 5つ目の能力について

Q.《邪王来混沌三眼鬼》の「クリーチャーが攻撃する時」の能力で、自分の山札の下から2枚を表向きにしたところ、その2枚がコスト5以下の進化クリーチャーとコスト5以下のタマシードでした。この際、タマシードから出して、その上にその進化クリーチャーを重ねられますか?
A.はい、重ねられます。
また、進化クリーチャー、タマシードという順番で出そうとすることもできます。この際、進化クリーチャーの適正な進化元がいなかった場合、タマシードを出した後、その進化クリーチャーを山札の下から墓地に置くことになります。
引用元(2022.4.22)

Q.自分の《邪王来混沌三眼鬼》がバトルゾーンにいる状況で、相手のクリーチャーが攻撃をした時、「クリーチャーが攻撃する時」の能力で山札の下から2枚を表向きにするのは、どちらのプレイヤーですか?
A.《邪王来混沌三眼鬼》を出しているプレイヤーです。この場合、相手が攻撃したとしても、あなたの山札の下から2枚を表向きにし、クリーチャーとタマシードを出せます。
引用元(2022.4.22)

Q.バトルゾーンに自分の《邪王来混沌三眼鬼》がいる状況で、相手は《終焉の覚醒者 レッドゾーンBSR》で自分のタップ状態の《ロッキーロック》に攻撃し、その「攻撃する時」の能力で、攻撃していた《ロッキーロック》を封印しました。
この時、自分は《邪王来混沌三眼鬼》の「クリーチャーが攻撃する時」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。攻撃先のクリーチャーが封印されたことで、その攻撃は中止されますが、その場合でもすでにトリガーしている能力は解決します。

+  (総合ルール 505.6a)

引用元(2022.8.5)