聖霊王(せいれいおう)イカズチ》 [編集]

聖霊王イカズチ VR 光文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/オリジン 8000
進化−自分のエンジェル・コマンドまたはオリジン1体の上に置く。
クリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを好きな数アンタップしてもよい。こうしてアンタップしたクリーチャーはそのターン、「ブロッカー」を得る。
W・ブレイカー

DM-32で登場した進化エンジェル・コマンド/オリジン

クリーチャーが出れば自分のクリーチャーがアンタップしてブロッカーになる。

どちらかのプレイヤークリーチャーを出した時、自分のクリーチャーを好きなだけアンタップさせ、ブロッカー付与する。自分のターン中に攻撃しても、次のターンに相手がクリーチャーを出せば殴り返しを防げる。さらにブロッカーも得るので、守りを固めることができる。進化らしい攻防一体の能力と言えるだろう。

他には、相手がブロックした時にニンジャ・ストライクを使うことで、自分のクリーチャーをすべてアンタップして、さらに攻撃、という芸当ができる。

しかし、この聖霊王の真価は自分のターン中のコスト踏み倒し能力とのコンボにある。

攻撃中にクリーチャーコスト踏み倒しができれば、その攻撃クリーチャーアンタップして再度攻撃が可能。コスト踏み倒しを再利用して簡単に無限攻撃ができるようになる。代表的な例としては以下のとおり。

また無限ループとまではいかなくとも、一番上の例にあるクリーチャー《連鎖類寄生目 パラスレックス》であるだけのクリーチャーを出してから何らかの方法でスピードアタッカー化させてやれば、手軽に1ショットキル陣形を作り出せる。

タップ能力でのコスト踏み倒しも際限なく行える。中でもドラゴンを対象とする《幻想妖精カチュア》がもっとも強力で、VAN大王ナインだろうが《超神羅ロマノフカイザー・NEX》進化元だろうが何でもいくらでも出せてしまう。
あちらの能力で出したドラゴンスピードアタッカー化するので、ロック能力持ちのドラゴンと合わせればより安全な1ショットキルができる。
カチュアイカズチ」と呼ばれるこのコンボは2体揃えば強力なコンボが可能であるとはいえ、いずれもコストが重く、《イカズチ》の進化元の確保も必要なことから2体を揃える難易度は高かった。
しかし、オリジンドラゴンを併せ持つ《蒼狼の王妃 イザナミテラス》の登場により一転、《カチュア》の踏み倒しからそのままcipで《イカズチ》を揃えることができ、容易にコンボが起動できるようになった。

思いもよらぬコンボが可能なので、色々と研究してみるといいだろう。

  • 自分のアンタップ状態のクリーチャーをこのクリーチャーの能力の対象として選ぶことはできる。ただし、アンタップしているクリーチャーをさらにアンタップすることはできないため、「こうしてアンタップしたクリーチャー」として扱わず、ブロッカー付与されない。参考

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

聖霊王イカズチ SR 光文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/オリジン 9000
進化−エンジェル・コマンドまたはオリジン
クリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーをすべてアンタップし、そのターン、それらに「ブロッカー」を与える。
W・ブレイカー

レアリティスーパーレアに、パワーが1000上昇し、クリーチャーアンタップ強制かつ自分のすべてのクリーチャーになった。

環境では、「このカードを駆使した即死コンボの必須カード」という派手な活躍はないが、暇を見つけて出せさえすれば相手のS・トリガー獣を利用して連続攻撃ができるようになったり、オールタップ効果を使った後にクリーチャーを出すと全員ブロッカーになって起き上がるので実質召喚ロックになったりと、いぶし銀の活躍を見せた。

  • TCG版よりもイラストが拡大された為に、パッと見進化マークが無くなっているように見えるが、実際は左下で見切れてしまっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-32
    聖霊王さえひれ伏す四神の帰還により、時を越えた戦が始まろうとしていた。
  • DMPP-12
    聖霊王さえひれ伏す四神の復活を巡り、時を越えた戦が始まろうとしていた。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]