生魂転霊(しょうこんてんれい) [編集]

生魂転霊 C 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
自分のクリーチャーを1体破壊する。その後、そのクリーチャーが持っていた文明の数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。

DM-24で登場した自然呪文

自分のクリーチャーを破壊し、そのクリーチャーが持っていた文明の数だけマナブーストできる。おまけにS・トリガーまでついているので有用性は非常に高い。

2文明を持つ多色クリーチャーならマナを2枚増やすことができ、3文明を持つクリーチャーを破壊してめくった山札がすべて単色なら1マナ分タダで追加できたと同じになる。さらに《幻染妖精リリアン》などで「文明追加」すればその分枚数は増加する。
欠点としては、多色クリーチャーをデッキに積みすぎるとせっかくマナブーストしてもタップインの為、同一ターンでのアクションが少なくなりがちということである。あくまで自分のクリーチャーを破壊するので、フィールドアドバンテージも減る点によってアクションが減りがち。

その性質上、超次元呪文から手軽に出せる多色サイキック・クリーチャー、特にcip持ちで自然超次元呪文から呼び出せる《勝利のプリンプリン》との相性が良い。
クリーチャー破壊するため、pig持ちとも相性がいい。《鎧亜の深淵パラドックス》と組み合わせると、3マナブースト&4ドローという驚異的なアドバンテージを生み出すことができる。他にも《龍仙ロマネスク》キャンセルとして使用したりと用途は広い。

単純に3ターン目の2マナブーストは貴重であるため、2ターン目に呼び出した《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》cip持ち多色クリーチャー破壊するのも良いだろう。
その用途の場合は、クリーチャーの色を問わずタップインの心配が少ない《メビウス・チャージャー》がライバルとなるか。

近年登場した相性の良いクリーチャーとしては、場にいると全ての文明を得る《虹速 ザ・ヴェルデ》5色ながらも出しやすく維持しやすい《超越男》墓地から召喚でき使いまわせる《Disジルコン》が挙げられる。これらを上手く利用して《龍世界 ドラゴ大王》《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》などの大型クリーチャーの早期展開を狙ってみてもいいだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

生魂転霊 C 自然文明 (4)
呪文
自分のクリーチャー1体を破壊する。その後、そのクリーチャーが持っていた文明の数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。(この効果によって使用可能マナは増えない)

コストが4に増え、S・トリガーを失い、単色でも疑似タップインされるようになった。

単体性能はTCG版から大幅に弱体化しているが、DMPP-09EX期のNew Divisionでは数少ない「相手依存ではなく自分のクリーチャーを破壊できる手段」ということで、需要はないわけではない。
特に《封魔魂具バジル》《のろいとテラーの贈り物》を使うデッキで、5枚目以降の自壊呪文として採用することで、デッキの再現性を高めることができる。自然文明を使うので《闘竜妖精ティルニア》《霊翼の宝アルバトロス》も無理なく組み込めるようにもなる。

  • もしもこの呪文のコストが2のままだったら、3ターン目に出すことができた《暗黒凰ゼロ・フェニックス》を破壊することで、最速3ターン目に2ランデス&2ハンデスができていた。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]