【白青黒退化】 [編集]

【青黒退化】を基盤にしつつ、《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》を始めとするの優秀なカードを取り入れた型。

《瞬閃と疾駆と双撃の決断》タッチし、初手で埋めた《竜魔神王バルカディア・NEX》などをマナ基盤として役立てることで、最速コンボに特化したデッキに仕上げた【白青黒赤退化】という派生形も存在する。

龍脈術 落城の計 C 水文明 (3)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにあるコスト6以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。
死神術士デスマーチ UC 闇文明 (1)
進化クリーチャー:デスパペット 1000
ブロッカー
墓地進化:闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーは-4000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)
白騎士の精霊HEAVEN・キッド R 光文明 (3)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 3500
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーが出た時、バトルゾーンにある他の、コスト3以下のカードを1枚選び、シールド化してもよい。
竜魔神王バルカディア・NEX P 光/闇/火文明 (15)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/アーマード・ドラゴン 25000
進化GV:自分のエンジェル・コマンド、デーモン・コマンド、アーマード・ドラゴンのいずれか3体を重ねた上に置く。
相手は呪文を唱える事ができない。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、自分の山札を見る。その中からドラゴンまたはコマンドを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
ワールド・ブレイカー
聖霊王アルファディオス GS P 光文明 (10)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 15500
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
進化:エンジェル・コマンド1体の上に置く。
T・ブレイカー
誰も、光以外のクリーチャーを召喚したり、光以外の呪文を唱えることはできない。

主要カード [編集]

《龍脈術 落城の計》コンセプト
《死神術士デスマーチ》退化
《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》呪文メタに引っかからずに退化させることができる手段。汎用除去エンジェル・コマンド指定の進化元にも
《竜魔神王バルカディア・NEX》退化先。強力な呪文ロック効果に加えて、攻撃時にクリーチャーの除去や《∞龍 ゲンムエンペラー》などの本来退化させて出すはずの大型クリーチャーを踏み倒せる

候補退化元・退化先 [編集]

《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》退化元。pigランダムハンデス
《死神竜凰ドルゲドス》退化元。敵獣1体のブロックを封じる
《∞龍 ゲンムエンペラー》退化先。コスト5以下の呪文効果クリーチャー能力を無視
《The邪悪 寄成ギョウ》退化先。クリーチャーによるカウンターを粗方封殺
《禁断竜王 Vol-Val-8》《バルカディア・NEX》の踏み倒し先。
追加ターン獲得は相手依存だが、ジャストダイバーにより優秀なダイレクトアタック要員が務まる
《偽りの王 モーツァルト》《バルカディア・NEX》の踏み倒し先。
cipドラゴン以外を全て破壊し、相手のドラゴン全ての攻撃を禁止する
《聖霊王アルファディオス GS》以外の召喚詠唱ロックG・ストライクも付いている。主に《HEAVEN・キッド》から進化

その他候補カード [編集]

このデッキの回し方 [編集]

墓地肥やししてから退化元を立て、頃合いを見て退化手段を使って退化先を活かしてそのままワンショットしたりロック能力で制圧したりするのが主な回し方。

《奇天烈 シャッフ》のような呪文ロックが厄介な際は《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》で退化する。

単に退化に向けて動くだけでなく《密かで華麗なるカイタイ》によるハンデス《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》除去に使うことでコントロール気味に動くことも。

長所 [編集]

【青黒緑退化】ほど呪文メタに強いデッキではないが、《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》で退化を行えるおかげで【青黒退化】よりは呪文メタで詰みづらい。

デッキの速度も【青黒緑退化】より高く、安定感やメタ耐性の面も考えると総合力では【青黒退化】に勝る。

テンプレで《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》を採用するため、(あくまで《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》を除去に駆り出すという前提では)【青黒退化】【青黒緑退化】より軽量除去に恵まれていると言える。

リアニメイト付きS・トリガーに恵まれているため、様々な角度から《終末の時計 ザ・クロック》を射出して1ターンを凌ぐことができる。しかも1度出た《終末の時計 ザ・クロック》《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》で再装填することが可能。

短所 [編集]

優秀なのカードの多くは多色なのでマナタップインが覚悟される。気を付けてマナチャージしないといざと言う時に《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》プレイするためのマナが出せない。

《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》《龍脈術 落城の計》の最大8枚体制にすることができるが、前述の通り《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》召喚する際の白マナが課題になるため、構築段階から3ターンキルのルートはあまり意識されておらず、無理に3ターンキルに特化しても十分な再現性を確保できない。

環境において [編集]

《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》が登場したことでデッキとして確立したDMRP-21期から早々に、チャンピオンシップ上位入賞が散見されるようになった。

DMBD-19DMBD-20発売直前にはこの項の冒頭で説明した【白青黒赤退化】が上位入賞を果たした。

参考 [編集]