4色(よんしょく) [編集]

4色(デッキ) [編集]

4つの文明だけで作られたデッキのこと。
特定の4つの文明を指す場合、5色と比べた時に欠けている文明を挙げて「抜き4色」と表現することもある。抜き4色も参照。

必然的に3色デッキより色事故が多くなりやすくなる。マナ基盤には3色の多色カードが主に用いられる。
覚醒編以降はゲームスピードの高速化と超次元呪文が他文明の役割を代替しやすくなったため、4色デッキが組まれることは少なくなった。どうせ色事故も多い上に、マナ基盤が沢山確保したいのであれば、いっそのこと5色デッキにしてしまった方が使い勝手がいいことも多い。

4色デッキの多くが3色デッキの派生形。3色デッキを回しているうちに、そのデッキの弱点が浮き彫りになって、それを埋めるために1色足して4色デッキになったということが多い。

《天災 デドダム》が登場してからは青黒緑+の4色デッキが広く構築されるようになった。

ポスト《天災 デドダム》時代も青黒緑+の4色は少なめ。マナを伸ばす赤抜き4色は《龍風混成 ザーディクリカ》の文明と一致しない弱点があるため、4色で抑えずにやはり5色デッキにしたくなるのが原因だろう。
一応《天体妖精エスメル/「お茶はいかがですか?」》入り【青黒緑CRYMAX ジャオウガ】に含まれる文明はその「白青黒緑」カラーだが、この場合は基本的に3色デッキとみなされる。

  • 4色デッキは色を揃える意味でもマナ加速は非常に欲しくなるため、緑抜き4色もかなり少ない。緑抜きの速度であっても相手に負かされないだけの特殊なデッキが要求される。デュエプレでは【トリガーロージア】と呼ばれる緑抜き4色が存在していた。

4色を掲げたデッキ名の例 [編集]

4色(カード) [編集]

4つの文明を持った多色カード

3色と同じくマナ数は1で、多色のマナ基盤として随一だが、1枚で4つの文明を持つカード《魅惑のロイヤル・エイリアン》のみである。

覚醒リンクG・リンクを含めれば、《魅惑のダンシング・エイリアン》ゼン&アクデュアル・リンク、4体リンクした五元神などがある。
また、ゴッドを含めてもを含まない4色は五元神と一部のゴッド・ノヴァOMG[1]にのみ存在し、を含まない4色は五元神のみに存在する。

参考 [編集]

タグ: 用語集