闘争と成長の決断(パーフェクト・バトルグロース) [編集]

闘争と成長の決断 VR 火/自然文明 (5)
呪文
自分のパワー6000以上のクリーチャーがあれば、この呪文を唱えるコストを2少なくする。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
▶自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。
▶自分と相手のクリーチャーを1体ずつ選び、その2体をバトルさせる。
▶クリーチャーではないカードを1枚破壊する。

DMRP-22で登場した/自然の呪文。

自分のパワー6000以上クリーチャーがいれば3マナ唱えることができ、モードタップインマナブースト効果バトル非クリーチャーを1枚破壊のうちから2回選んで使う効果を持つ。

この呪文より先に出しておけるパワー6000以上には、《ベイB セガーレ》《賢樹 エルフィ-1》《禁断英雄 モモキングダムX》など探せばいくらでも候補がいる。
そういったコストが低くパワーが高いクリーチャーは攻撃できない能力、あるいは間接的に攻撃に参加できないデメリットを持つことがほとんどだが、効果バトルを選択することでそのパワーを高火力除去に利用することができる。

コスト軽減元の中でも特に《禁断英雄 モモキングダムX》はそれ自体の単体性能が高い。一度着地すればその高パワーアンタッチャブルによって滅多なことでは除去されず、永続的にこのカードのコスト軽減元として機能することが期待できる。また、効果バトルに参加させれば事実上の確定除去として働く。

《ベイB セガーレ》と相性が良い上に【除去コントロール】向けのスペックなので、入りの【ダークネスコントロール】に適している1枚と言える。《樹界の守護車 アイオン・ユピテル》と同時採用し、【我我我ブランド】との有利・不利の差を覆す対【速攻】特化型デッキを作るのも1つの手。

3マナとしてはブーストでも除去でも破格の性能といえる。モードなので汎用性も高い。
【我我我ブランド】対面で《ベイB セガーレ》を立ててフィニッシャーを止めながら効果バトルでウィニーを2面除去できるといった具合に、カタログスペックだけでも強力に聞こえよう。

1〜2ターン目にそういった置物クリーチャーを使う手札消費はあるものの、うまく使えば3ターン目にいきなり2マナブーストができる。

反面、コスト5呪文として使わざるをえない状態に陥ればライバルが数多く存在するのが悩みどころ。色が全く違うが、同じようなことができる上に呪文として単体性能が遥かに高い《終末王秘伝オリジナルフィナーレ》は厚い壁となる。

モードの2番目は単なる除去ではなく、汎用性を備えた呪文で、クリーチャーの持つ「バトルに勝った時」の誘発剤として使えることも活用したい。
例として、3ターン目《Disノメノン》で盤面処理&マナブーストしつつ、バトル相手がいれば4ターン目に《闘争と成長の決断》で《Disノメノン》の山札の上1枚の手札かマナゾーンの振り分けが追加で使える。
バトルできないタマシードを出すようなら非クリーチャー指定除去で妨害できる。

1つ目2つ目相当
ブーストブースト《フェアリー・ソング》
ブースト効果バトル
ブーストカード指定除去
効果バトル効果バトル《スクラッパー×スクラッパー》[1]
効果バトルカード指定除去
カード指定除去カード指定除去

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-22(通常版)
    生まれ、戦い、そして果てる。どんな生物でも逃れられない宿命。
  • DMRP-22(11A/20)
    闘いの中で成長する、それが自然決断

収録セット [編集]

参考 [編集]