《キユリのASM(あさまで)ラジオ》 [編集]

キユリのASMラジオ VR 自然文明 (4)
呪文
自分の山札の上から5枚を見る。その中から、コスト3以下のクリーチャーを2体まで出す。残りを好きな順番で山札の下に置く。

DM22-EX1で登場した自然呪文
山札の上から5枚を見て、コスト3以下のクリーチャーを2体まで出せる

《革命類 ネロティウス》と似た効果だが、マナブーストと引き換えにコストが1下がって条件もなくなったことで大幅に使いやすくなった。
それでもランダム要素が絡むが、構築を寄せれば扱える範囲だろう。デッキ内にコスト3以下のクリーチャーを4割以上確保できる、ウィニー主体のデッキに組み込みたい。

4コストの呪文なので2ターン目のマナブーストから繋がる。また《魔軸の鎖 カメカメン》で唱えることが可能で、その《カメカメン》をこの呪文が踏み倒し可能。

出すクリーチャーは0〜2体の範囲で選べるため、《終末の時計 ザ・クロック》,《学校男》,《困惑の影トラブル・アルケミスト》などと併用してもcipが使いたくないなら出さなくて済む。

《Disノメノン》《Disゾロスター》といった、コスト3以下にも優秀なクリーチャーは山ほどあるが、やはり本命の踏み倒し先は《天災 デドダム》だろう。
再現性はないが、仮に《天災 デドダム》の2体同時の踏み倒しに成功した場合、同文明・同コストの《フェアリー・ソング》と比べるとスーパー版と呼べるアドバンテージを生む。
2ブーストとして期待するなら、デッキ全体に《青銅の鎧》相互互換や多色化版を多く入れることで確率が現実的になる。
《運命の選択》ですらこのカードの登場とそう遠くない時期に《天災 デドダム》呼び出し手段として利用されていたので、このカードに至っては尚の事であろう。

《S級原始 サンマックス》のコスト3サポートと相性が良い。《葉鳴妖精ハキリ》と併用して、かつての【4色サンマックス】のようにマナの文明を無視して大量展開するのも面白い。

山札を見られる枚数が5枚とそこそこ多いので、殿堂入り《ダンディ・ナスオ》などピン投のカードを探すのにも適している。

登場時点の環境デッキでいうと【青黒緑CRYMAX ジャオウガ】【青黒緑ゼーロベン】への採用が有力。前者ではこれ1枚でメタクリーチャーを出しながらリソース系で体制を整えるゲーム運びが期待できる。
後者では4ターン目《闇王ゼーロ》の期待値を上げる働きが可能。手札に余って《闇王ゼーロ》の効果でディスカードできないようであれば、他のディスカード手段で墓地に置いたりマナチャージしてしまえばよい。
ただし、両デッキともにデッキの枠に余裕がないため、単体では受け札にすらならないこのカードを無理に入れるとデッキが歪みかねないので注意。

【青黒赤緑レッドギラゾーン】などにも適している。普通に構築すればメインデッキの半分程度はコスト3以下で固めることができ、フルスペックを発揮することは難しくない。《樹界の守護車 アイオン・ユピテル》《影速 ザ・トリッパー》といったように3コスト以下のタイムラグの無い《轟く革命 レッドギラゾーン》への侵略元にも恵まれるため、そこに2コストプレイヤー攻撃可能なクリーチャーが残るマナブースト《SSS級天災 デッドダムド》を加えれば先攻3ターンキルもできることがある。

事前の準備が要らず爆発力がある一方、《運命の選択》《有象夢造》《生命と大地と轟破の決断》に比べて非公開ゾーンから探すので、常に濁りや事故と戦う必要があるとの見方もできる。
デッキになるべくコスト3の強力なクリーチャーを増やし、構築で差別化しよう。

環境において [編集]

登場初日で【青黒緑有象夢造】に入れるのが流行した。

このカードの登場以降、《有象夢造》とこちらの両方で呼び出せる自壊マナブースト手段として【青黒緑有象夢造】《霞み妖精ジャスミン》が5枚目以降の《悪魔妖精ベラドンナ》として1枚から2枚程度入るケースが散見されるようになった。それまで《ベラドンナ》の5枚目はハンデスに特化した《特攻人形ジェニー》であることが多かったが、いかにこのカードの存在が「最速で4マナに到達する」という動きを重視させるようになったかがわかる。

「1ターン中に多数のウィニーを用意する」ことが求められるデッキには広く採用されており、【青黒緑ゼーロベン】【緑単オービーメイカー】に投入されるケースも少なくない。

2023年1月頃からオリジナル環境で台頭したデッキとして【青黒緑オービーメイカー】が存在するが、そちらにも確定で入っている。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • cipGR召喚するクリーチャーを2体出すのも良い。それらは汎用性の高いものだと3コスト以上に集中しているため、その点では《有象夢造》では真似できない。
  • 【無限オーケストラ】では場に五文明を揃えることこそが最優先であり、出てくるクリーチャーにバラつきがあったとしても大した問題にならない。5枚見て2体出せる効果は願ったり叶ったりである。さらに4マナでこの呪文を唱えた後《愛の無限オーケストラ》に綺麗に繋がる。

その他 [編集]

  • カード名は、ラジオ番組名風にASMR(英:Autonomous Sensory Meridian Response)をもじったもの。
    • また、「朝まで」→「夜通しで」→「オールナイト」の連想から、ラジオ番組「オールナイトニッポン」も元ネタと思われる。
  • Magic:The Gatheringのカード《集合した中隊/Collected Company》を原型としてデザインされたカード。
    デザイン当初は、対戦相手のターンでもカードを唱えることが可能というそちらのルールを再現しようとS・トリガー付きで、原型と同じく山札の上から6枚を見る効果だったが、ヒット率が高すぎたため現在の形に修正された[2]
    あちらはメタゲームを席巻した強力なカードである上、弱体化して輸入されたデュエマ環境でも、特定のデッキではメインエンジンとして運用されるカードパワーがある。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM22-EX1
    ということで、今週も始まりましたキユリの朝までラジオ~! 今日のゲストはハキリちゃんです!! ―珊瑚妖精キユリ
    皆さまを快眠に導けるよう気張らしていただきます。よろしゅう、おたのもうします〜。 ―葉鳴妖精ハキリ

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 直後に一時的に非公開になった
[2] 射場本正巳氏のツイート