《アストラルの海幻(ビジョン) [編集]

アストラルの海幻 C 水文明 (2)
タマシード:サイバー・ウイルス/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、カードを2枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。

DMRP-21で登場したサイバー・ウイルス/レクスターズタマシード

cipで2ドロー1ディスカードを行い、その後には2コストサイバー進化元が残る。

《エマージェンシー・タイフーン》S・トリガーを失った代わりに進化元を得たスペックと言える。進化クリーチャーを多用するデッキならば、テンポを崩さずに手札交換できるので中々の性能と言えるだろう。
元ネタである《アストラル・リーフ》との相性も良い。

サイバー進化元として考えると、長らく低コストの新規カードに恵まれなかったため破格のスペックとなっている。直近に登場した《ジェリー・ローニン》と比較すると、大きくスペックアップしていることが窺える。

環境において [編集]

王来MAX環境においてはオリジナル《エンペラー・キリコ》濁りにならない進化元として【キリコチェイングラスパー】に使われる場合がある。呪文メタに強い点を際立たせたいということで、【白青黒退化】に初動として使われる場合も。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-21
    超獣世界はの侵攻によって自らの存在が危機におかれていることを絆の力によって察し、各文明からその歴史が刻まれたタマシードを次々と生み出したのだ!!

収録セット [編集]

参考 [編集]