ダピコ [編集]

デュエル・マスターズ プレイスキャラクター
メインストーリーで登場する人物。
現在固有の称号はなく、『魔光従えし決闘者』『天翔共に征く』など、その章のコンプリート称号を中心に使っている。

名を伏せた状態で既にEPISODE 9 新たなる来訪者で登場していたが、本格的な登場はEPISODE 10 解き放たれし混沌から。
ジャマー団事件の収束後、先にデュエマシティへとやってきたジャスミンを追うように、5人の同行者を伴ってゲートから姿を現す。
ルピコの従姉妹(超獣世界での話であり、実際の関係は「同種のご近所さん」に近いとのこと)であり、彼女からは「ダピコお姉ちゃん」と呼ばれている。

見た目はルピコそっくりだが、髪が黒く、目つきも彼女より鋭い。
衣装は《ダーク・ルピア》をモチーフとしており、骸骨の仮面を頭に被っていて、初登場時はそれで顔を隠していた。
上半身はベルトをぐるぐるに巻き付けたようなもの、下半身はショートパンツで、その上に、《ダーク・ルピア》が身につけているような黄色いスカーフのついた、羽のようなマントを羽織っている。
手は指抜きグローブをつけて大きな鎌を持っており、リアルファイトにおける戦闘力も高い。
へそや腿を大胆に出した装いだが、それをルピコに寒くないのかと言われてしまい、実際寒いようだが、本人曰く「おしゃれは我慢と聞いた」らしい。
この服装はデュエプレ世界に来る前、クリーチャーの姿だった彼女自身が用意していたものなのだが、人間の姿でのおしゃれに憧れていたのだろうか。

デュエルにおいても高い実力を持っており、五守護とも同等に渡り合える。

実際のデュエルでは新しいカードを手に入れたルカチュリンに敗れるなど高い実力に反してかませ犬的な印象が強い。

何らかの使命を持ってデュエプレ世界へとやってきており、ルピコとは打って変わって真面目で冷静沈着な性格。ルピコ曰く、「何をやらせても私より上」との事だが、JJに名前をダサいと言われて怒ったり、考えていることを口に出してしまうという抜けた一面もある。

使用デッキ [編集]

闇文明を中心としたドラゴンデッキを使用。

異世界からの来訪者 [編集]

ダピコと共にデュエマシティへとやって来た元クリーチャー達。無理やりな抜粋は《黙示 ゲンシャコ-1》などのディスタスのようなネーミングである。

クル……《予言者クルト》
クロ……《凶戦士ブレイズ・クロー》
ポゴ……《冒険妖精ポレゴン》
リロ……《孤独の影ロンリー・ウォーカー》
アコ……コアクアン(《コアクアンのおつかい》
ジャスミン……《霞み妖精ジャスミン》

参考 [編集]