【剣誠・ドラゴン】 (デュエプレ) [編集]

概要 [編集]

サムライクリーチャーサムライクロスギアを並べ、《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》G・ゼロで召喚し畳み掛ける。
火文明と水文明に優秀なものが多いので、タッチで入れるS・トリガー以外は青赤の2色で組まれる。

ボルメテウス・剣誠・ドラゴン SR 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 8000
G・ゼロ:バトルゾーンに自分のサムライが5枚以上あり、自分の《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》が1体もない
バトルゾーンにある間、このクリーチャーは名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を追加する
W・ブレイカー

必須カード [編集]

《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》コスト8クリーチャーG・ゼロを達成することを目的に立ち回る
《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》コスト4クロスギアバトルゾーンに存在しているだけで、後続のドラゴンとサムライに、低コストまたはノーコストでスピードアタッカーを付与しつつ出せる
《剣誠・ドラゴン》(正確には「名前に《武者》とある自分のクリーチャー」)にノーコストでクロス

よく採用されるカード [編集]

《ボルット・紫郎・バルット》コスト3クリーチャー山札からクロスギアを探索し、1枚を手札に
《電磁闘竜トモエ》水/火コスト2クリーチャー疑似キャントリップ
《電磁勇騎ソウジ》水/火コスト3クリーチャー攻撃しつつ、コスト踏み倒しまたは手札補充を行う
《剣誠・ドラゴン》が出る時点ではバトルゾーンの枠を圧迫しているので、小刻みなシールドブレイクも重要な要素である

採用候補カード [編集]

《火焔タイガーグレンオー》コスト7クリーチャーcipもさることながら、サムライのS・トリガー獣なのが《剣誠・ドラゴン》とのシナジーを生んでいる
《海王提督ラネーバ・早雲》コスト7クリーチャー環境にハンデスが多いなら採用される
《アクア・コテガエシ》コスト2クリーチャー攻撃しつつ、手札補充、《メモリー・アクセラー》とセットで
《パーフィン》コスト5クリーチャー防御札
《助太刀 メモリー・アクセラー》コスト1クロスギア攻撃しつつ、手札補充、場数稼ぎに
《ポッポ・弥太郎・パッピー》コスト2クリーチャードラゴン、サムライ・クリーチャーの身代わりに
《ローズ・キャッスル》1枚ではこいつ自体は破壊されないが、他のパワー1000サムライがパワー低下で破壊される時には共倒れになる
《戦風の弓取ヨイチ》コスト2クリーチャー次のターンに《マッハアーマー》につながる
《熱刀 デュアル・スティンガー》コスト2クロスギア【ヘブンズ・ゲート】などへのメタカード

このデッキの回し方 [編集]

序盤は《助太刀 メモリー・アクセラー》《アクア・コテガエシ》《戦風の弓取ヨイチ》といった小型サムライをプレイしていく。

サムライが5枚並んだところで《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》G・ゼロで召喚し、《マッハアーマー》でスピードアタッカー化して一気に攻め込む。

DMPP-11期からは、速度を重視するために《アクア・コテガエシ》《戦風の弓取ヨイチ》等のコスト2サムライを多く採用したタイプがメジャーになった。

《電磁勇騎ソウジ》《アクア・ツバメガエシ》採用時は《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》《竜装 シデン・レジェンド》を無料出しする動きが狙える。
3ターン目に《ソウジ》、4ターン目に《マッハアーマー》を出しつつ《ソウジ》の攻撃で《シデン・レジェンド》を踏み倒して敵クリーチャーを処理する流れはシンプルながら強力。

長所 [編集]

手札が良ければ5ターン目には《剣誠》を出して勝負を決められる速攻デッキのような振る舞いを見せる一方で、環境次第では《歌舞機ロイド・ゴエモン》《海王提督ラネーバ・早雲》を採用しての手札補充により長期戦にもそれなりに対応可能。

《モノノフ・ルピア》ナーフ前のかつての長所 [編集]

バトルゾーンに出した《モノノフ・ルピア》が5枚目以降のサムライなら、手札に加えた《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》を即座にG・ゼロで召喚できた。
事前に《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》も出してあれば、ノーコストクロスでスピードアタッカー軍団を生成し、シールド焼却で安全にシールド1つを減らしつつワンショットができた。

モノノフ・ルピア UC 火文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード/サムライ 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札から名前に《ボルメテウス》とあるクリーチャーを探索し、1枚を公開してから手札に加える。その後、山札をシャッフルする。
自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》は「攻撃する時、相手のランダムなシールド1つを墓地に置く」を得る。

短所 [編集]

従来のサムライデッキよりはマシとはいえ、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》への依存度はやはり高い。
天敵は《天雷の聖霊ユリウス》で、《剣誠》以外の除去手段がほぼ無い上に、毎ターンクロスギアを割られてしまう。

ただし、1〜4ターン目は《マッハアーマー》以外のサムライを出し、《マッハアーマー》をジェネレートすると同時にG・ゼロで《剣誠》を召喚することで対策できる。

また、採用クリーチャーが《剣誠》以外は全体的に小型が多く、全体除去がよく刺さる。3ターン目→4ターン目と《ローズ・キャッスル》を2枚要塞化されると、《パーフィン》《電磁勇騎ソウジ》しか生存できない。流石に事故だが3枚要塞化されたらもう逆転は無理だろう。
除去により盤面のサムライが減ってしまうと《剣誠》の着地が大幅に遅れ、大きな隙を晒すことになる。

参考 [編集]