完全上位互換(かんぜんじょういごかん) [編集]

あるカードが、下位となるカードに対してスペックが完全に上回っていること。基本的にはその2つのカード以外の存在によるマイナスポイントは考慮しない。

能力コストパワーなどから見て上位互換であることに加え、種族まで同じ(あるいは、より汎用性の高い種族に置き換わっている)場合に使われる。
種族以外にも、ソウル名称カテゴリなどで比較されることもある。
要するに『単体での性能がより優れている(上位互換)だけでなく、他のカードと組み合わせた場合も上位の働きをする』かどうかが完全上位互換の決め手となる。

他のカードよりも明確に強力なカードとして生まれてくるために、スペックが高いものが多い。
逆にいえば、完全下位互換となったカードには使い道がほとんど無くなってしまうため、完全上位互換の登場を快く思わないプレイヤーも存在する。

TCGではカードパワーは徐々にインフレしていく傾向があるため、新しいエキスパンションで古いエキスパンションのカードの完全上位互換が出ることは仕方のないことだろう。

完全上位互換の定義 [編集]

“完全”という単語を含んでいるが、文字通り“完全”を意味しているわけではない。

特殊なカードの存在によって、ある2つのカードで「あらゆる場面でそちらが優れている」という前提が崩れてしまうことがある。

《緑神龍ガラギャガス》《緑神龍グレガリゴン》は、その2つだけで比較したら相互互換になるが、《スーパーしりとりガー》が登場したことによって、《ガラギャガス》が誤差レベルで「完全上位互換」と呼べる優位性が生まれた。
では《グレガリゴン》はあらゆる場面で《ガラギャガス》より劣っているかとなるとそうではなく、自分の墓地に《黒神龍グールジェネレイド》がある状況下なら、相手に《しりとりガー》の「ん」メタを発動されたら《グールジェネレイド》を出すことができるという誤差レベルで《ガラギャガス》にはないメリットが生ずる可能性がある。

このように、別のカードとの兼ね合いまで考え始めると未来永劫「完全上位互換」であり続けるカードは存在できないということになってしまう。

例えば《スーパー・スパーク》《ホーリー・スパーク》の完全上位互換というデザインで登場したが、後に登場した要素であるガチンコ・ジャッジによって、S・トリガーで唱える前提で採用するなら、コストの高い《ホーリー・スパーク》のほうに軍配が上がるという逆転現象が起こっている。つまり、《神聖の精霊アルカ・キッド》が登場する前から意図的に《ホーリー・スパーク》を採用する理由が存在していたということである。

他にも「G・ストライク」メタが存在していない今なら《エナジー・Re:ライト》《エナジー・ライト》の完全上位互換と呼ぶことができるが、もし今後『「G・ストライク」を持つカードを』という条件、あるいは『名前に英字または《:》を含むカード』の条件で不利益を生み出すカードが登場したら、その時点で完全上位互換ではなくなってしまう。

以上のことから、完全上位互換という用語自体に、「※非完全である部分を含む」という注釈が含まれていると考えてもらって差し支えない。
“確定”除去が、シールド・フォースの働いている《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》には非確定な除去(バトルゾーンにとどまる)となるニュアンスに近い。

ただし《ロスト・ソウル》《残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル》といったツインパクト化したカードにおいては、他のカードによる影響を無視するならば、定義上「完全上位互換」の条件を満たしているが、誤差レベルとは言い難い違いが発生しやすいため、意図的に「完全上位互換」という用語の使用を避ける配慮がなされることもある。

完全上位互換の例 [編集]

全体的にスペックが勝っている例 [編集]

単体スペックおよび相手の使うカードの影響で劣る部分が確認されていない例 [編集]

この逆が完全下位互換である。

その他 [編集]

  • 登場時点では他カードの完全下位互換と評せたが、後年登場したまた別のカードからのサポート or メタの対象となったことで、差別化が可能になったケースも稀に存在する。

一般に完全下位互換と呼ばれるカードも、以下のような特殊な条件下で差別化を図れる場合がある。

+  折返し

参考 [編集]