凶刻(きょうこく)刃狼(じんろう)ガル・ヴォルフ》 [編集]

凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ UC 闇文明 (6)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、種族をひとつ選び、相手の手札を見る。その中から、選んだ種族を持つカードを1枚選んでもよい。そうした場合、相手はそのカードを捨て、自分自身のシールドを1枚選んで墓地に置く。
W・ブレイカー

DM-29で登場したデーモン・コマンド

先に種族を指定してからピーピングし、選んだ種族カードを1枚ハンデスするという、特異なピーピングハンデスを行う。こうしてハンデス成功した場合、さらにシールド焼却ができる。
ピーピングハンデスが失敗する可能性があるが、成功した時の働きは大きく、コストパフォーマンスも非常に高い。

デュエル・マスターズでは数少ない、種族デッキに対してピンポイントで刺さる効果を持つ。極神編ゴッドに続き、サムライナイトシノビといった特殊種族が多く登場した戦国編ならではのカードといえるだろう。

ハンデスクリーチャーとしては《解体人形ジェニー》のような手軽さと確実性はなく、大型ハンデスとしては《ロスト・ソウル》のようなフィニッシャー性もないものの、ピーピングハンデスに加えW・ブレイカーシールド焼却が付いてくるため、ビートダウンに適した前のめりな性能を持つ。
シノビ革命0トリガークリーチャーなどの防御札を叩き落したり、次に出てくるであろうフィニッシャーを捨てさせて試合を遅延しつつ、相手のシールドに圧をかけていくことが出来る。
能力とパワーの割には安価なコストに収まっており、種族デーモン・コマンドと非常に優秀。能力を外したとしても最低限の性能を持っているのも評価点。

シールド焼却は相手が選ぶため、シールド・フォースシールド・プラス要塞化された表向きシールドを狙い撃ちすることは出来ない。そもそもシールド焼却自体が不確実であるため、確実にかつ選んでシールド焼却したいなら《冥府の覇者ガジラビュート》を使うと良いだろう。

種族を当てるというのは種族デッキ以外だと難しそうに見えるが、環境によってメタデッキの内容やデッキビルディングのセオリーはある程度固まってくる上、試合の流れでもその時に握られやすい札は決まってくるため、下記する当てようのない相手こそ一定数いるが、試合の数をこなしていけば多くのデッキ相手に実践的なレベルで当てることが出来る。上記したシノビなどの手札で待機する防御札や、ゼニスディスペクターなどの大型フィニッシャー種族などは温存されやすいためねらい目である。
また、相手が直前にマナ回収サルベージ、相手に見せるタイプのサーチをしていれば、それが種族を持っていれば確実に当てることが出来る。必要に応じてわざわざ手札に加えたカードを叩き落されるのは、相手にとって大きな痛手になるだろう。
《究極神アク》などのモヤシや、《バザガジール・ドラゴン》などの手札に戻るクリーチャーへのメタとしても有効。

相手のデッキの知識がなく予測も全くつかない場合は、相手のマナゾーン墓地にあるカードから推理すると良い。デッキの狙いがわからなくとも、その中から最も枚数の多い種族を選べば確率的に当たりやすいだろう。
《解体人形ジェニー》など他のピーピングハンデスも同時採用し、先に手札を見てから《ガル・ヴォルフ》を後撃ちすれば、より高確率で能力を発動できる。《ヤミノカムスター》無種族が多い非クリーチャーピーピングハンデスするため、互いにハンデス範囲を補完できる。
状況的にシールド焼却に固執しないのであれば、手札に握られていたら致命的なカードをピンポイントで狙っていくのも手。当たっても外れても、結果的に致命的な展開を回避できる。

ただし、ノンクリーチャーや一部コンボデッキなど、種族を持たないカードで大半を構成されたデッキ相手には推理の当てようがない。
手札をすぐ使い切ってしまう【速攻】や、墓地を出力元とし自ら手札投げ捨てていくようなデッキ達は論外といえるだろう。
手札の推理がつき辛く種族もばらつく上、少ない手札で戦えるグッドスタッフハイランダーも、当てるのが難しい。
また、様々なデッキが活躍できる混沌とした環境の場合、どうしても知識や推理だけで当て切るのは難しくなってくる。
能力なしでも最低限のスペックを持っているとはいえ、ピーピングハンデスとしての役割を相手に依存するのは《ガル・ヴォルフ》の欠点といえる。

ハンデスは基本的に相手の手札が少ない時ほど効果的とされるが、《ガル・ヴォルフ》のハンデスの場合、相手の手札が多い程ピーピングハンデスが成功しやすくシールド焼却まで付いてくるという、真逆の性質を持っている。予測以前に、相手の手札が少なければ当然当たる確率は下がってくるし、そもそも種族持ちカードを握っていないということも起こりえる。
そのため、序盤からハンデスを仕掛けるタイプのコントロールデッキとは運用において相性が悪く、どちらかというとビートダウングッドスタッフで要所でピーピングハンデスを刺していく運用が主になるだろう。積極的なブレイクが出来るデッキなら、合理的に相手の手札を増やしていくことが出来る上、シールド焼却の圧力も大きい。
特に【連デモ】【ラムダビート】【青黒緑デッドダムド】などはW・ブレイカーで攻め立てるデッキのため、シールド焼却シールドを偶数に出来る意義は大きい。
優秀な種族を生かして、ピーピングハンデスをしながら進化元にしたり侵略元にするのにも有用。

【ラムダビート】では、エピソード2環境ではゼニス環境を支配していため恰好の的であり、試合を引き延ばされてしまってもピーピングハンデスで着地を遅らせつつ、あと一歩を詰める手段として有用であった。【ターボゼニス】の防御札としてほぼ必ずシノビが採用されており、《超電磁コスモ・セブ Λ》相打ちしてくる《光牙王機ゼロカゲ》を叩き落せるのも魅力であった。《超次元ホワイトグリーン・ホール》ゼニスシノビマナ回収しつつスパーク《スローリー・チェーン》シールド追加されるような展開も、相手のシールドを削り切っていれば、《ガル・ヴォルフ》ですべて綺麗に刈り取ることが出来る。
後にDMEX-12期のチャンピオンシップではこれを2枚入れた【青黒緑デッドダムド】が4位入賞している。要因としては、【バーンメアジョーカーズ】のような種族デッキ【レッドゾーン】のような同じ種族が固まるデッキ環境上位にあったこと、【青黒緑デッドダムド】ならば《ガル・ヴォルフ》のシールド焼却種族を有効に扱うことが出来、コントロール色の強いビートダウンとしての性質が《ガル・ヴォルフ》と運用面で噛み合っていたことなどが挙げられる。

ピーピングハンデスに成功した時は非常に強力なクリーチャーであるが、成功率を高めるには知識や読みが必要な上に、環境にも振り回されやすく、ピーピングハンデスシールド焼却を狙うのか・確実な致命打回避をするのかの判断力、さらには《解体人形ジェニー》などの他のハンデス手段との適切に使い分けなど、ポテンシャルを最大限発揮するには多くのプレイヤースキルを求められる玄人向けの一枚だといえる。
逆に言えば、ピーピングハンデスからシールド焼却パワー打点種族までポテンシャルは非常に高く、有効に使えたならば他の汎用ハンデス札には真似できない働きが出来ることだろう。

とはいえ素の性能が良好であるため、難しく考えずともマナが伸びるデッキでの最大値の高い妨害札として、十分採用を検討できる。

  • 種族が多かったり、メジャーな種族を持つカードほど、このカードの効果を受けやすくなる。そのため、このカードの存在によって、種族が多いことやメジャーな種族を持つことが一概にメリットと言えなくなっている。
    このカード自体はほとんど使われないため、このカードの効果を受けにくいことがカードパワーの差を覆すほどの影響を及ぼすという訳ではない。しかし、種族以外で性能に差がない同型再販で、かつ種族を活かした使い方をしないのであれば、種族が少ないかマイナーなものを採用するのが望ましい。具体的には、《幻緑の双月》《大冒犬ヤッタルワン》より、種族がマイナーな《シビレアシダケ》の方がこのカードの影響を受けにくい分強力と言える。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ R 闇文明 (6)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
バトルゾーンに出た時、相手の手札から最もコストの大きいクリーチャー1枚を捨てさせる。(複数あるなら、その中からランダムに1枚)そのクリーチャーと同じ種族を持つ相手のクリーチャーがあるなら、相手のシールド1つを墓地に置く。
W・ブレイカー

ハンデスは変則的なピーピングハンデスから、クリーチャー限定の《解体人形ジェニー》になった。
また、シールド焼却の条件は、ハンデスに成功した場合から、ハンデスしたクリーチャーと同じ種族のクリーチャーがバトルゾーンにある場合になった。シールド焼却する際のシールドは自分で選べる。

ほぼ確実にハンデスできるようになったかわりに、シールド焼却の条件がやや厳しくなり、種族デッキかクリーチャーに横並びされている状況でもなければ条件の達成が難しくなった。

相手の場にクリーチャーがいない時に、マッドネスクリーチャーが捨てられた場合、シールド焼却が発動する。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-29(通常版)
    刃狼に魅入られしその斬撃が、戦国武闘会に戦慄の時を刻む。
  • DM-29ヒーローズ・カード
    俺様は死神、孤独と絶望の神。――黒城凶死郎
  • DMC-55
    刃狼に心を読まれた者は、体だけではなく、までも切り裂かれることになる。
  • プロモ(P19/Y7)
    初戦でもっとも重要なのは情報であり、次に重要なのは、情報をコントロールする力だ。
  • プロモ(P4/Y9)、DMPP-12
    隠しているつもりでも、お前の全てを見抜いている…。――凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ
  • プロモ(P61/Y19)
    君がデュエマフェスに来てくれたおかげで、ガル・ヴォルフもニッコリだ!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]