シールド確認とは異なります。

シールドチェック (疑似ステップ) [編集]

カードをシールドゾーンから手札に加える間に発生する、S・トリガーおよびその派生能力のためのタイミング。
《音感の精霊龍 エメラルーダ》《ジェスター・ブレイン》といった能力文の間の処理であっても、そこに割り込んでシールドチェック処理を行う必要がある。

総合ルールには一切「シールドチェック」という用語は登場しないが、アニメやデュエプレなど、当たり前のように登場している。

手順 [編集]

  1. ブレイクブレイク置換効果によるシールド回収、通常のシールド回収が行われる前に、その対象を確定し、元々の手札と混ざらないようにしてそれらを同時に確認する。
  2. 確認したカードの中にあったS・トリガーG・ストライクを持つ任意のカード、カードが使用できるゾーン(通常は手札)の中にあったS・バックを持つ任意のカードの使用宣言を行う。
    • S・バックの使用宣言をするには、1能力につき1枚、能力と合致した捨てるカードを決めなければならない。異なるカードで同一のシールドカードをコストにすることはできない。捨てるカードを墓地に置くのはここで行われる(総合ルール509.3c、701.7a)。
    • S・トリガーS・バックは、カードタイプロックされているものだと使用宣言もできない。そして、その状況だとS・バックで捨てようとすることもできない。
      『「S・トリガー」は使えない』『「G・ストライク」を使えない』などと指定がある場合もそれに従う。
      • 注意点として、「出せない」効果の影響下でも「使うと、その結果バトルゾーンに出る[1]」ものには使用宣言ができる。詳しくは当該ページを参照。
  3. 使用宣言済みのものを含め、手札に加えるカードをすべてそこに移動させる。(ただし、実際のプレイでは使用宣言済みのカードやコストで捨てるカードは表向きにし、通常の手札とは区別しておくこと。)この時裁きの紋章が加わるならば、それを捨ててサバキZの使用宣言を行える。
  4. サバキZの使用宣言まで終えたら、それらを好きな順番で発動させていく。すべてを使い終わるまで、シールドチェックと無関係な誘発型能力は一切割り込めない。(総合ルール101.4.)
  5. シールドチェック中に行うすべての処理が終われば、待機中の誘発型能力解決ターン・プレイヤー優先で開始する。

補足 [編集]

  • サバキZで捨てる裁きの紋章を決めるのは、前述の通り3.の段階が正しいのだが、便宜上2.の時点で捨てるカードを公開しておくほうが不正対策として望ましい。
    • 一度でも裏向きの手札と混ぜてしまっては、本当にシールドチェック時に裁きの紋章が手札に加わったのか、はたまた元から持っていた裁きの紋章をコストとして捨てようとしているのかわからなくなってしまうためである。
  • 2.の『その「S・トリガー」は使えない』という指定には、『呪文を唱えられなくする効果を無視する』で勝つことができる(公式Q&A)。
  • S・トリガーで《星龍の記憶》を唱える場合、4.の段階になってからなので、2.でS・トリガーではないカードをS・トリガーとして使うことはできない。

参考 [編集]

タグ: 用語集