根絶(こんぜつ)のデクロワゾー》 [編集]

根絶のデクロワゾー SR 闇/火文明 (6)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 5000
このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次のTT能力を使ってもよい。
TT−パワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。その後、相手の手札を見る。相手は自分自身の手札からパワー3000以下のクリーチャーをすべて捨てる。

DM-10で登場した/スピリット・クォーツ

タップ能力でお互いのバトルゾーンと相手の手札からパワー3000以下のクリーチャーをすべて墓地送りにする。
非常に珍しいパワーに依存したハンデス能力の持ち主。

タップ能力であるため能力の起動にタイムラグがあるのが難点だが、一度起動しだしてしまえばパワー3000以下の存在を許さず、パワー3000以下のクリーチャーの選択肢は「マナゾーンに置くしかない」という状況を作り上げることができる。
システムクリーチャー故に継続的に効果を発動出来、《根絶のデクロワゾー》がいる限りはウィニーの展開は勿論、破壊されたウィニーサルベージや下手な手札補充も許さない。

ハンデスとしては、コストに対してパワーが低くなりがちなcip能力持ちクリーチャーは対象になりやすい。
逆に提督《斬隠蒼頭龍バイケン》《永遠のリュウセイ・カイザー》などの大型マッドネスは避けることが出来、なかなか器用。
手札に抱えられやすいニンジャ・ストライク持ちも、《光牙忍ハヤブサマル》《怒流牙 佐助の超人》《バイナラドンデン》のようなパワー3000以下には効果を発揮する。

ただ、火力が刺さる相手は展開と攻撃を繰り返すビートダウン【速攻】であるのに対し、タップ能力と6コストの重さのせいでなかなか間に合わない。タイムラグのために狙ったタイミングで火力を放つことが出来ないのも手痛い点。
単純な火力なら、同コスト《ボルシャック・スーパーヒーロー》《スーパー炎獄スクラッパー》があり、即効性のあるそれらの方が使いやすい。

また火力カードパワーのインフレーションの影響を受けやすく、【速攻】にすらパワーが3000より高いクリーチャーが積まれるようになってしまっている有様である。

それでも、全体火力に加えてパワーに依存したハンデスは特定のデッキやシステムに強烈に突き刺さるため、尖った魅力を持っているクリーチャーである。
運用を改善できそうなカードが出たり、能力が刺さる新しいシステムやキーワードが登場したりすると、度々注目を集めるカードでもある。

  • デクロワゾー(Des CloizeauxまたはDescloizite)は塩鉱長石の一種。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

根絶のデクロワゾー VR 闇/火文明 (6)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 4000
タップスキル:相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。その後、相手は自身の手札にあるパワー3000以下のクリーチャーをすべて捨てる。

DMPP-03で実装。色々と調整がされた。

上記の変更により、序盤を支える小型ブロッカーなどと共存できるようになったが、自分の3000以下pigの能動的な発動やバトルゾーンの空き枠を作る目的での使用はできなくなった。

一度でも発動できればパワー3000以下を多用する相手には致命的な損害を与えることができる。《蛇魂王ナーガ》《暗黒王デス・フェニックス》などの進化Vを軸としたデッキの進化元【ウェーブストライカー】 (デュエプレ)【ダイヤモンド・ブリザード】 (デュエプレ)などが挙げられる。また、DMPP-03多色cipサイクルもよく使われているため、そこを狙えばコントロールデッキにも小さくない打撃を与えられる。

《マイキーのペンチ》入り【カチュアシュート】に採用されることがある。ドラゴンではないため《幻想妖精カチュア》探索の邪魔にならず、《マイキーのペンチ》のおかげでタイムラグなしに根絶させることができる。《デクロワゾー》を使うことでパワー3000以下ばかりで構成されている【リキッド・ピープル】 (デュエプレ)をメタることができるという点も採用理由の一つである。

フレーバーテキスト [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]