霊騎(れいき)マルディス》 [編集]

霊騎マルディス R 光文明 (4)
クリーチャー:アーク・セラフィム 4500
バトルゾーンにある自分のアーク・セラフィムとワイルド・ベジーズはすべて「ブロッカー」を得る。
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

DM-19で登場したアーク・セラフィム

自軍のアーク・セラフィムワイルド・ベジーズを一斉にブロッカー化する。
大量展開しやすいアーク・セラフィムの性質からして、一気に強固な壁を作り上げる事ができる。

《霊騎アラク・カイ・バデス》と組み合わせると攻防一体の強力な布陣を築くことができる。
同じ意味でワイルド・ベジーズと組み、《超剛勇幻風ジャガスター》と併用するのも良い。

実際のプレイング上で留意すべきは、このクリーチャー除去されると他のクリーチャーブロッカー化が解けること。複数体出すなどして保険をかけるとよい。
当然のことだが《クリムゾン・メガ・ドラグーン》などを出されると一気に全滅してしまうので、相手によっては使い所を考えるべきである。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

霊騎マルディス UC 光文明 (4)
クリーチャー:アーク・セラフィム 3500
自分のアーク・セラフィムとドリームメイトはすべて「ブロッカー」を得る。

サポート対象の種族がアーク・セラフィムとドリームメイトに変更となった。また、パワーが1000低下したかわりに相手プレイヤーを攻撃できるようになっている。レアリティアンコモンに格下げ。

サポート対象の種族がアーク・セラフィム/ドリームメイトに変更になったおかげで、同じ弾の《超神星ビッグバン・アナスタシス》と組み合わせやすくなっている[1]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] TCG版ではアーク・セラフィムとワイルド・ベジーズから進化できる《超神星ジュピター・キングエンパイア》と相性がよかったが、デュエプレには《キングエンパイア》は未実装である。