鬼ヶ覇王(おにがはおう) ジャオウガ》 [編集]

鬼ヶ覇王 ジャオウガ KGM 闇/火文明 (10)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 17000
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを5少なくする。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーは、召喚されたターン、バトルゾーンを離れない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーをすべて破壊する。

DMRP-13で登場した/デモニオ/鬼札王国

コスト10と重いが鬼タイムが発動すれば5マナで召喚でき、召喚で登場できればそのターンは一切バトルゾーンを離れなくなる。そしてcipでは敵味方問わず全てのクリーチャーを破壊する。
序盤から相手のシールドをブレイクしていくビートダウン系のデッキとして運用するか、自分のシールドが減ってきたところで召喚してカウンターを狙うのもいい。

《逆転のオーロラ》との組み合わせも考えられる。シールドが5枚あれば、それらをマナゾーンに置いてそのまま召喚するということも可能。しかし、コスト軽減メリットに対して、シールドの減少と味方破壊のリスクがあまりにも高すぎるため、考えなしに使っては自滅に等しい。《ジャオウガ》に火文明が含まれている点を利用して《ボルシャック・ドギラゴン》の登場を狙うなど、ピンチをチャンスに変えていきたい。

召喚されたターンは場を離れない為、このクリーチャー自身は相手の除去S・トリガーに強く、《奇石 ミクセル》方式のコスト踏み倒しメタ着地を邪魔されない。

ただし、自分の他のクリーチャーが根こそぎ破壊されるため、このクリーチャーが出たターンにダイレクトアタックまで持っていくことは難しい。
このクリーチャーを召喚した同一ターンに、味方クリーチャーがシールドをブレイクしてくれる場面は少ないだろう。
それ故、手放しにフィニッシャーとしての性能が高いとは言えない。そして、ターンをまたぐとただのパワー17000のT・ブレイカーと化してしまう。能力を最大限に生かしたいなら、pigなどを持ったクリーチャーと上手く組み合わせたいところ。

フシギバースとの相性も悪くはないだろう。このクリーチャーは名目コストが高い上に、召喚したターンににすれば、マナ送りにならずにフシギバースを使える。

【5色フェアリー・ミラクル】では《怒流牙 サイゾウミスト》で受けて鬼タイムを安全に発動するという運用法が取られ得る。このような使い方に加えて【5色ドギラゴン剣】では汎用性を損なわないコスト踏み倒しメタ除去手段として利用されることがある。

アニメでの活躍 [編集]

背景ストーリーでの活躍 [編集]

鬼札王国覇王。滅んだはずのドラゴンを復活させる能力を持つ。強者に戦いを挑み、倒しては一番大事なものを奪っていくことを繰り返している。

《大樹王 ギガンディダノス》が倒されたと聞き自ら出陣しようとしたが《「陰陽」の鬼 ヨミノ晴明》に止められた。
その後、《「疾風」の鬼 フウジン天》《「迅雷」の鬼 ライジン天》が倒されたことにより遂に動いた。
単騎で鬼札王国に乗り込んできた《∞龍 ゲンムエンペラー》と交戦し、《フウジン天》と《ライジン天》を圧倒した強者である《ゲンムエンペラー》をも圧倒し返すが、乱入した《勝熱百覇 モモキングReVo》に敗れ倒れる。しかし、飛来した《一王二命三眼槍》ジャオウガの体に突き刺さり……

  • 新章デュエル・マスターズ開始時点で、世界ドラゴンが存在しなかった原因でもある。目的は「龍の歴史と鬼の歴史はいつか激突する」というのを予知したジャオウガが、対抗されうる龍の力を削ぐためだった。

その他 [編集]

  • 『デュエル・マスターズ 十王篇フルコンプリートBOOK』では革命0トリガーとの相性の良さについて触れられている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》の「召喚されたターン、バトルゾーンを離れない」という能力は常在型能力ですか?
A.はい、常在型能力です。この能力は、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》が召喚されたターン中は常に有効です。
引用元

Q.《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》の「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の能力は、このクリーチャー自身も破壊の対象に含まれていますか?
A.はい、含まれます。ですので、召喚以外の方法でバトルゾーンに出ていた場合、この能力によって《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》自身も破壊されます。
引用元

Q.自分と相手のシールドの数が合計6つ以下になっており、「鬼タイム」が発動している状態の時、《インフェルノ・サイン》を唱え、召喚コストが5少なくなった《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》を墓地からバトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、出せません。《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》の能力は、召喚する際にコストを5少なくできるだけです。何らかの能力によってコストを参照する際には、カードの左上に書かれた元のコストが参照されます。
引用元

Q.自分と相手のシールドの数が合計6つ以下になっており、「鬼タイム」が発動している状態の時、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》を5コスト少なく召喚しました。この時、《追憶人形ラビリピト》の「コスト8以上のクリーチャーを召喚した時」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。召喚コストが5少なくなっていたとしても、元のコストである10コストのクリーチャーが召喚されたことになります。
引用元