《ダーク・ライフ》 [編集]

ダーク・ライフ P(UC) 闇/自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から2枚を見る。そのうちの1枚をマナゾーンに、もう1枚を墓地に置く。

DMD-25で登場した/自然呪文

《フェアリー・ライフ》の新たなバリエーションのひとつで、文明を持って多色化。山札の上から2枚を見て、それぞれをマナ墓地に置く。
要するに2コストマナブーストカード墓地肥やしを兼ねたカードである。

2コストマナブーストのついでに1枚墓地肥やしができるだけでも十分な有用性を持つ。だが、更に言えば山札の上から2枚を見て「選んで」行うという部分がミソであり、墓地にキーカードを集める分には山札を2枚掘り返すのと同じ効力を期待できる。それを初動のついでに行うわけだから、このカードのポテンシャルがよく分かるだろう。

また、これはマナブーストの部分にも同じことが言うことができ、マナゾーンにキーパーツを集める分にも上記と同じ効力を期待できる。マナ利用は墓地利用と比べればハードルが低いため、コンボデッキ以外でも少なからずマナ利用することが多く、それだけ広い範囲で恩恵を期待できる。具体的には《母なる星域》《獰猛なる大地》《フェアリー・ミラクル》《蒼き団長 ドギラゴン剣》などがあり、それらの運用性を向上させることが出来る。
何も考えず普通に使う分にもマナ基盤収集や多色カードタップイン事故避け、意図的な墳墓避けを行えるため、マナブーストとしても極めて高い質を持っていることが分かる。

墓地に《ダーク・ライフ》自身を合わせて2枚のカードが落ちるのも注目すべきポイント。
《再誕の社》《社の死神 再誕の祈》につなげれば簡単に4ターン目7マナを達成できる。
特に《社の死神 再誕の祈》との相性は最高であり、過去に猛威を奮った「社ブースト」を1マナ分強化しつつ簡単に再現できる。

2コストマナブースト墓地肥やしを兼ねるだけでも十分すぎる性能であるが、どのゾーンにどのカードを置くか選べることで飛躍的にポテンシャルを向上させている、極めて完成度の高いカードである。性能や運用性は申し分なく、競合が激しい2コストマナブースト枠でも幅広い活躍が期待できるだろう。
ただし2ターン目に多色カードを安定して使うにはそれなりの色調整が必要なので、ビルディングの際には気を付けたい。

  • DMEX-10で再録された際には、《大樹王 ギガンディダノス》 の頭上で鳥のクリーチャーが巣をかけ子と卵を育てるという心温まるイラストになっている。背景ストーリーでは鬼札王国の配下で大長老の監視役という侵略者だが、命を育むという点では心優しい面もあるようだ。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

最新バージョンの性能 [編集]

ダーク・ライフ UC 闇/自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から2枚を見る。その中から1枚をマナゾーンに置き、残りを墓地に置く。

DMPB-02での再録を期にTCG版と同性能に改められた。

文明の解放のおかげで、2ターン目の詠唱難易度が大幅に緩和されている。TCG版では1ターン目に闇/自然の2色または闇/自然を含む3色の多色を置いても、2ターン目に闇か自然の単色を置かなければ文明が支払えなかったが、デュエプレでは1ターン目に必要な多色を置いて、2ターン目に光や水や火単色を置いても文明を支払うことができる。

流石に【黒緑ドルバロム】【グールジェネレイド】で墓地に《悪魔神ドルバロム》ないしは《黒神龍グールジェネレイド》を落とすといった用途では2枚見てもそこにはないことがほとんどだが、墓地進化GVマナ進化GVの両方を使う【大邪眼B・ロマノフ】ではカードタイプで振り分けることに大きな意味があるため、頻繁に使われている。

  • テキストの表現がTCG版と異なる。ただし、コンピュータゲーム的な都合で「2枚を1枚ずつ振り分ける」より「2枚から1枚を選択、もう1枚は消去法」のほうが都合が良いというだけで、結果はTCG版と全く同じとなる。

アップデート履歴 [編集]

2020年6月25日に使用可能になってから、2021年12月16日実施のメンテナンスまでの539日間、以下のような性能だった。

ダーク・ライフ UC 闇/自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置き、もう1枚を墓地に置く。

デュエプレ収録当初は、山札の上から2枚を見ることができなくなる大幅な弱体化を受けていた。
2枚見て、それぞれどのゾーンに置けるか選べる点がTCG版の性能の長所だったのに、それがなくなってしまってはただの山札を1枚余分に減らしてしまうS・トリガーなし《フェアリー・ライフ》である。

運次第では墓地に落ちてほしいカードが落ちてくれるかもしれないが、DMPP-06で登場した《ロスト・チャージャー》を使ったほうがよっぽど確実にマナブーストと墓地肥やしを遂行してくれる。

また、デュエプレでは《再誕の社》のような「墓地にある呪文を利用できる」カードもほとんどない。DMPP-04から1年と5ヶ月後にリリースされたDMPP-11でようやく《怒流牙 サルトビ》が登場した。

同弾登場の《無敵悪魔カースペイン》など、墓地利用が「カードタイプ:クリーチャー」の条件を満たしたくても非公開情報の山札の上から2枚目任せになってしまう。この性能だった頃、《ダーク・ライフ》をデッキに採用する場合は、墓地肥やしはインクの染みとして、闇と自然のマナ基盤になる《鼓動する石版》感覚がほとんどであった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]