西南の超人(キリノ・ジャイアント) [編集]

西南の超人 UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ジャイアント/サムライ 3000
自分のジャイアントの召喚コストを最大2、少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。
セイバー:ジャイアント

DM-31で登場したジャイアント/サムライ

ジャイアント版の《コッコ・ルピア》とでもいうべきコスト軽減能力と、他のジャイアントの身代わりになるセイバー能力を併せ持つ。

言うまでもなくジャイアントデッキの生命線となる一枚。
2マナ《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》から綺麗に繋がり、デッキの回転を支えてくれる。このカード自身もジャイアントなので同名カードもコスト軽減することができ、大型ジャイアントを展開した後はセイバーでもサポート出来るので無駄がない。

《剛撃戦攻ドルゲーザ》と非常に相性が良く、シンパシーと合わせれば、このカードを召喚した次のターンに出して3枚ドローできる。このカードが生き残っていれば大幅にコスト軽減されるので、みるみるうちにジャイアントが並んでいくだろう。

同じくジャイアント《二角の超人》との相性も良好。こちらも4→7ときれいに繋がり、マナブーストマナ回収を同時に行うことができる。ここで別の《西南の超人》や《剛撃戦攻ドルゲーザ》回収できたならば、さらなる展開が見込めるだろう。

進化クリーチャー《宇宙巨匠ゼノン・ダヴィンチ》も相性が良く、ソウルシフトを利用すればこちらも次のターン進化が可能。【ダヴィンチビート】ではマナ爆誕《絢爛の超人》とともに主要な進化元を務める。

弱点は除去に狙われやすいこと。このマナ域は《ドンドン吸い込むナウ》《超次元ボルシャック・ホール》などに狙われやすいので注意が必要。ジャイアントデッキを組む際は、このカードに頼るだけでなく除去された時の立て直しも考えておくのが無難だろう。幸い同コストのジャイアント《仁王の超人》多色ではあるが《怒流牙 佐助の超人》がいるため以前よりは立て直しがしやすくなっている。

逆に、ジャイアントデッキを相手にした時は、積極的にこのクリーチャー除去していくことでかなりの足止めになるので覚えておきたい。

サポートカードとしてはかなり強力なので、うまく活用してやりたいところである。

  • 【ドルゲーザ】必須カードと言えるが、超次元型などのジャイアントが余り採用されない【ドルゲーザ】の場合、最終的にデッキから抜ける可能性も十分あるので、投入に際してはよく吟味したい。
  • このセイバー能力だが、コスト軽減ばかり目立つ為か本当に忘れられやすいので注意。大会などでもセイバーをうっかり忘れてしまっているシーンがしばしば見られる。
  • 元ネタは「西南」戦争を戦った軍人の「桐野利秋」だろう。同パックに収録されている《薩摩の超人》の元ネタの西郷隆盛とも縁がある人物である。
  • 「デュエル・マスターズBG」ではモリオがリュウ戦で使用。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

最新バージョンの性能 [編集]

西南の超人 UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ジャイアント/サムライ 3000
自分のジャイアントの召喚コストを2少なくする。ただし、そのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
自分の《西南の超人》以外のジャイアントが破壊される時、パワーが0より大きければ、かわりにこのクリーチャーを破壊する。

デュエル・マスターズ プレイスでは聖拳編メインのDMPP-04で早速登場した。

《二角の超人》との相性が凄まじい。《西南の超人》1体で《二角の超人》を5マナで召喚できるようになり、《二角の超人》の能力により使用可能マナが2回復するため、2マナ分のアクション(例えば2体目の《西南の超人》召喚)もできてしまう。

また、同弾には《鼓動する石版》も収録されているためTCG同様《フェアリー・ライフ》または《鼓動する石版》→《西南の超人》→《剛撃戦攻ドルゲーザ》の動きがとりやすくなっている。

  • プライズ版のイラストは漫画「七つの大罪」のディアンヌとなっている。

アップデート履歴 [編集]

2020年6月25日に使用可能になってから、2021年8月26日実施のメンテナンスまでの427日間、種族にサムライを持っていなかった。

2021年8月26日の変更から、2022年2月24日実施のメンテナンスまでの182日間、以下のような性能だった。

西南の超人 UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ジャイアント/サムライ 3000
自分のジャイアントの召喚コストを2少なくする。ただし、そのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
自分の他のジャイアントが破壊される時、かわりにこのクリーチャーを破壊する。

セイバー能力に「《西南の超人》以外の」と「パワーが0より大きければ」の部分がなかった。

この変更により、まず、前者は複数《西南の超人》を出している状態で、1体はタップ、ほかはアンタップなら、タップした1体に何度も攻撃を仕掛けることで、アンタップされている《西南の超人》が破壊されていく弱点が消えた。

次に、《傀儡将ボルギーズ》《吸魂バキューム》でジャイアントが破壊されそうな状態で、パワーが0より大きい《西南の超人》がパワー0以下の身代わりになろうとして、結果的にすべての《西南の超人》が破壊され、パワー0以下のジャイアントも守られず破壊されてしまうという弱点が消えた。

  • 変更前は、2体以上《西南の超人》がいれば、お互いに身代わりになろうとするため、《炎槍と水剣の裁》など全体除去の被害を小さくできた。
    • セイバー対象が「自分の他の」であったため、「自身が破壊されるかわりに自身を破壊する」ことができなくなっている。仮に変更されていなかったら、自身が破壊されるたびに無駄に身代わり演出が入っていたことだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-31(通常版)、DMPP-04
    我が道には、ただ断の一字あるのみ!――西南の超人
  • DM-31ヒーローズ・カード
    好きなことをやるが、一番。人が何を言おうが、自分のことは自分しか知らんぜよ!――天地龍牙
  • DMC-59DMX-09DMPP-10EX
    我を信じる者よ、我に続け!――西南の超人
  • DMX-24
    巨人軍を代表して、わたくしが、この会場にやってきました!ドルゲーザさん、見てますか!? ---西南の超人
  • DMBD-02
    次元の狭間に帰っていったと伝えられているシノビたち。だが、その多くが世界を守る為に散っていった事は知られていない。その真実を、今、語ろう。
  • プライズ
    〈嫉妬の罪(サーペント・シン)〉のディアンヌの力、なめないでよ!――ディアンヌ

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]