竜魔神王(りゅうましんおう)バルカディア・NEX(ネックス) [編集]

竜魔神王バルカディア・NEX P(SR) 光/闇/火文明 (15)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/アーマード・ドラゴン 25000
進化GV:エンジェル・コマンド、デーモン・コマンド、アーマード・ドラゴンのいずれか3体を重ねた上に置く。
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
相手は呪文を唱えることができない。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、自分の山札を見る。その中からドラゴンまたはコマンドを1体選び、出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
※殿堂入り

DMX-12で登場した進化GVエンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/アーマード・ドラゴン

《悪魔神王バルカディアス》《ボルシャック・NEX》が合体したようなクリーチャー
《バルカディアス》の呪文封殺能力に、アタックトリガーでの確定除去コスト踏み倒し能力を併せ持つ。

邪魔なブロッカーを蹴散らし、ワールド・ブレイカーシールドを叩き割り、コスト踏み倒しで呼び出した追加打点により即ゲームエンドに持ち込める。S・トリガー呪文も容赦なく封殺するので安心してブレイクできる。
また、相手のクリーチャーを破壊してから踏み倒しを行うため、新章から増えたコスト踏み倒しメタにも強い。

パワー25000というのも、一度着地すれば生半可な殴り返し要員は通さない水準。そのため、《百族の長 プチョヘンザ》のようなタップイン系にも強気に出られる。

フィニッシャーとして有力だが、その分召喚の難易度は非常に高い。マナコストが15と凄まじく重い上に、進化元に指定されている種族重量級が多くそれらを3体並べた上に進化しなくてはならない。

正攻法で出す場合《「謎」の頂 Z-ファイル》《轟破天九十九語》によって、進化元を比較的楽に用意した上でこのクリーチャーを重ねられる。

コスト踏み倒しで出すクリーチャーとしては《悪魔神バロム・クエイク》が挙げられる。共に並べることで相手のカウンターを一切封じ込められる。 《轟破天》で出した場合《バロム・クエイク》のcipは発動しないが、このクリーチャーのアタックトリガーで踏み倒すことでcipによる全体除去を放てる。

ドラゴンでは《∞龍 ゲンムエンペラー》《地封龍 ギャイア》もこのカードで踏み倒す候補になる。このクリーチャーではノータッチなクリーチャーによるカウンター封じができる。《禁断竜王 Vol-Val-8》EXライフこそ適用されないがジャストダイバーによって選ばれないので安全にダイレクトアタックを決めやすい。

入りの退化では《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》進化元《聖霊王アルファディオス GS》を出すことができる。フィニッシャーと受け札を兼ねることができる点はありがたい。

2021年2月26日に再構築ルール変更が発表されたことによって評価が急上昇した。進化元なしで進化クリーチャーを退化先として残すことができるようになり、【青黒退化】のフィニッシャーとして採用されるようになった。

環境において [編集]

エピソード2DMX-12で登場するも、マナコスト進化元の重さがいかんともしがたくファンデッキでもなかなかお目にかかれないようなロマンカードであった。この時点では《「謎」の頂 Z-ファイル》《轟破天九十九語》が活用されていた。

王来篇の直前、2021年3月16日ルール改訂によって進化元がなくても進化クリーチャー退化させられるようになり評価が一変した。
王来篇環境 (オリジナル)では【青黒退化】のメインフィニッシャーとして活躍し、そちらのデッキは環境のトップメタの一角に立った。シリーズ終期には【青黒緑退化】でも活躍。同シリーズにおいて、アドバンスでも一定の活躍を収めている。また《禁断竜王 Vol-Val-8》という相棒を手に入れ、このクリーチャーでワールド・ブレイク→ジャストダイバーで選ばれず6000火力を飛ばしながらダイレクトアタックという強烈なワンショットプランが可能となった。

王来MAXに入ると【白青赤退化】のパーツとしても台頭。
一方でタマシードでの除去はケアできないことから安全に殴り切ることが難しい対面も増え、相対的な強さを若干落とした。

DMEX-17でわざわざ再録された辺り、このカードの活躍は2021年3月16日ルール改訂に際する想定の範囲内であったであろうが、退化デッキの多様性は公式もプレイヤー達も想定外であったとされる。
その後、大方のかねてからの予想通り、2022年8月15日付で殿堂入り進化GVの殿堂入りは史上初。退化元の《死神術士デスマーチ》ではなくこちらが殿堂入りしたあたりからも、このカードが頭一つ抜けた強力なフィニッシャーであったことが伺えるだろう。この殿堂入りにより、《伊達人形ナスロスチャ》などの山札全体からピンポイントで墓地サーチする札を使う必要に追われた。
《勝利宣言 鬼丸「覇」》のように、いかにも切札のようなカードなので殿堂入りという称号が相応しい」という意見も見られる。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

カードイラストについて [編集]

その他 [編集]

  • 長らく、封入率の低いDMX-12版しか存在せず絶版状態だったため、王来篇にて環境入りを果たした際にはシングルカード価格が極めて高額となった。
    その約半年後、DMEX-17にて再録されたことにより、価格はある程度落ち着いた。
  • ルール改訂以降退化で出すことが大半なため、進化元の指定はほぼ意味のないものになっている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《竜魔神王バルカディア・NEX》の「攻撃する時」の能力で、進化コマンドまたは進化ドラゴンをバトルゾーンに出すことはできますか?
A.はい、進化元となるクリーチャーがバトルゾーンにあれば出せます。
引用元(2021.10.22)

Q.《竜魔神王バルカディア・NEX》の「攻撃する時」の能力で、山札を見て、そこから《ボルシャック・NEX》を出す場合、「出た時」の能力はどうなりますか?
A.山札のカードをすべて見て、その中から«ルピア»を1枚出すことができます。「出た時」の能力は、《竜魔神王バルカディア・NEX》の効果処理が終わった後で解決されるためです。
引用元(2021.10.22)

Q. 《竜魔神王バルカディア・NEX》の「攻撃する時」の能力で、山札を見て、そこから《聖魔連結王 ドルファディロム》を出す場合、「EXライフ」の処理はどうなりますか?
A. 山札をシールド化できないので、《聖魔連結王 ドルファディロム》は「EXライフ」シールドを持たずにバトルゾーンに出ます。《竜魔神王バルカディア・NEX》の能力で山札のカードすべてを見ているので、見ているそれらのカードは他の効果の影響を受けないためです。
引用元(2021.10.22)