ジャイアント・ドラゴン [編集]

DMRP-13で登場した種族

出た当時は自然単色または/自然多色かつ不死樹王国またはレクスターズとの複合種族のみであったが、ゴッド・オブ・アビス期にジャイアント・ドラゴンのみを持つクリーチャーが登場した。
命名ルールは不死樹王国複合の場合は「(カタカナ)龍樹(ドランジュ)」。レクスターズ複合の場合は「(カタカナ)星樹(スタージュ)」となる。カタカナ部分には元になったカードを意識した名前が入る。

大樹王 ギガンディダノス KMS 闇/自然 (12)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国 50000
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札をすべてマナゾーンに置く。
自分は、このクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーに攻撃されない。
フシギバース[闇/自然(14)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇/自然(14)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇/自然(2)]より小さくならない)

ジャイアントドラゴンの両方のサポートを受けられる。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

《ゴールド・キンタックス》と戦闘。樹木の性質を持つことに気付かれ破壊の力を持つ《フォレスト戦斧》により次々と切り倒された。
十王大戦終結後も自然文明に根付いており、王来MAXではレクスターズの力に目覚めた《インフェル星樹》が登場している。

参考 [編集]