プリンス・カイザ [編集]

漫画・アニメ『デュエル・マスターズ WIN』シリーズのキャラクター
デュエリストチーム「D4」のリーダー。通称「帝王カイザ」。「Duel Prince 」。
中学生にして大企業の社長もこなす。
ウィン含め、全デュエリスト憧れの存在。
轟炎の龍皇ボルシャックを従える最強の決闘者。
アニメでの担当声優は阿座上洋平氏。

アニメ版 [編集]

ITやエンターテイメントを中心に、様々な事業で世界トップクラスを誇る巨大企業・竜神コーポレーションの社長。13歳。

父から会社を継ぎ、その売上規模を20倍に急成長させた経営手腕の持ち主。その経歴からメディアの注目も集めており、テレビ番組への出演も多い人気者。側近に仮面の大男がいる。

テレビ番組やイベントで見せる顔とは裏腹に、冷徹で裏表のある人物。「自分への挑戦権」が優勝賞品として手に入るガチデュエバトルに勝利した斬札 ウィンを称えるそぶりを見せたが、影では「三流」「時間の無駄」と辛辣に評価していた。
特に、彼が成長意欲が無いと見なした竜神コーポレーションの役員たちに対しては「ゴミ」「クズ」「雑草以下」と非常に厳しい言葉を投げかけている。また、竜神コーポレーションの子会社であったパパリンの働く工場の社員を(理由はあるとはいえ)一方的にリストラを宣告するなど、彼曰く「腐った大人」への対応は冷酷[1]

「不死身のカイザ」の異名を持ち、至近距離で爆発に巻き込まれても無傷で済んでいる。過去には飛行機事故からも無傷で生還していたようだ。

覚知山 ボウイは彼の姿を見るや人陰に隠れている。

また、最強のデュエリスト「D4」のトップであるという立場と上述の性格が悪い意味で合わさり、デュエルに対する姿勢は初期の白凰キラ以上に冷徹で残酷。
ボウイとの対戦では、彼のミスプレイに対し「D4の看板は重い」と宣告し、彼の心を折った。またガッツとのリストラをかけた対戦では、同じボルシャックを使うガッツを《轟炎の竜皇 ボルシャック・カイザー》で打倒。ガッツの態度[2]が逆鱗に触れたのか、彼に「ボルシャックを使う資格はない」と宣告し、なんと彼のデッキを燃やし尽くしてしまう[3]。この様子を見ていたウィンは彼に幻滅、復讐を誓うように。
そしてウィンに上述の「自分への挑戦権」を使用したデュエルを挑まれ、第14話にて遂に直接対決が実現。アニメでは珍しく、1ターン目からのデュエル描写が行われ、最終的に《ボルシャック・カイザー》のシビルカウント5で圧倒、勝利した。デュエル後、ウィンを「見込み違い」と切り捨てた一方、「貴様如きが、私の探し求めるデュエル・マスター[4]のはずがない」とも発言しており、その真の目的は謎に包まれている様子。
またデュエル中に「新しいアビスロイヤルの出番か」と口にしている。しかしそれはカイザとの対決を決意してから当日までの間にウィンのデッキへ投入されたカードであり、すなわちウィンとしか誕生する瞬間を見ていないはずだが……?

彼が《ボルシャック・カイザー》を召喚する際には炎が舞い、周囲の窓ガラスが吹き飛び壁は焦げ付く、ガッツのデッキを焼却する際にはどこからともなく炎を放つなど、人間離れした技を見せている。

邪神くんはカイザを「人間を超えている」と評している。

  • スペシャルドローのセリフは、「運命は既に決まっている。認めてやろう。この私に隷属することを。勝者であるこの私のため無限の鉄槌を下すことを…喜べ、今こそ解き放ってやる。勝者は私、世界を変えるのは私だ!」 ドロー演出は、西洋の教会のような建物、重厚な音楽などと勝太のライバルルシファーを彷彿とさせる部分がある。

漫画版 [編集]

連勝記録日本一の保持者であり、その記録を現在も更新し続けている。
デュエマグランプリのジュニアチャンピオンでもある。

前年度の日本一決定戦では、《ボルシャック・フォース・ドラゴン》を軸に、コスト軽減能力を持つカードを大量展開することで奇襲を仕掛けるデッキを使用していたとのこと。

デュエマGPのエキシビションマッチから本格的に登場。
シニアチャンピオンである獅子田名人と対戦した。シールド0枚に追い詰められた上に盤面を封殺されるも、返しのターンで《轟炎の竜皇 ボルシャック・カイザー》を出し、途中経過は省略されたがバトルゾーンを殲滅した上でワンターンキルを決めた。おそらく前のターンに出していたファイアー・バード4体を用いて《ボルシャック・カイザー》のシビルカウント5による無限攻撃を行ったのだろう。
中継を見ていたパパリンは「あまりにひどい対戦」と称しており、下馬評ではカイザが負けると思われていた。結果は上述の通り大番狂わせを起こしたばかりか、獅子田名人のことを「兎」呼ばわりしてみせた。

斬札 ウィンのことは覚知山 ボウイから報告を受けており、自分の座を脅かす者として注目している。上述のエキシビションマッチ後のインタビューにおいて、公共の電波に乗せる形でウィンが自分の座を脅かす者だと宣言し、事実上の宣戦布告を行った。

ガッツとのリストラをかけた対戦では、ガッツのプレイングを認めるもののウィンの家族とわかると容赦のない攻撃を行った。

主な使用カード [編集]

戦績 [編集]

デュエル・マスターズ WIN [編集]

関連カード [編集]

参考 [編集]


[1] ただし第9話ではカイザの父と役員が招いたハリウッドザフクシャチョウの手によってビルが大破する威力の爆弾を仕掛けられ、文字通りの意味で謀殺されかけている。その上で生き延びた自分に対し謝罪や言い訳すらしないばかりか「子供の言うことなど聞けない」と開き直る姿を見ればそれまで以上に大人への失望が深まるのはむしろ当然であり、それが後々のすれ違いや悲劇に繋がった可能性は高い。
[2] クビという己の人生を賭けたデュエルであったにもかかわらず、敗北したガッツが笑顔でお礼の挨拶をしてきたこと。なおそもそも彼がクビにされる原因になったのは失恋した同僚を励まそうとコスプレをして踊ったことであったが、決して彼自身は(「仕事ができないほう」と評されてはいるが)仕事に不真面目であったわけではない。
[3] 第15話でこのデッキはウィンの口から「誕生日にいっしょに組んだ思い出のデッキ」と語られ、それを焼き捨てた怒りをぶつけるもカイザは「そんな温い物を使い続けているからだ」と吐き捨てた。
[4] アニメでのシルエットはあの人だが、ウィンの世界では彼はアニメ、漫画のなかの存在であり、現時点での関連は不明。前作ファンへのファンサービスの可能性もある。