《♪面白(おもしろ)き こともなき墓地(ぼち)面白(おもしろ)く》 [編集]

♪面白き こともなき墓地を 面白く R 水文明 (2)
呪文:マジック・ソング
呪文またはタマシードを1枚、自分の墓地から選ぶ。このターン中、そのカードを使ってもよい。(ただし、そのコストは支払う)

DM22-RP1で登場したマジック・ソング呪文
 
自分の呪文またはタマシードを、この呪文を唱えることで墓地から手札に戻したかのように再利用できる。

通常呪文唱えた後墓地に置かれるため、このカードを使うに当たっての下準備はまず必要なく、様々な呪文を追加2マナで再利用可能。

一方でタマシードを墓地から使う場合にはそうもいかず、相手にハンデス破壊干渉されるか、事前に墓地肥やしなどを行わなければ、墓地にタマシードが落ちることは無い。
幸い同文明手札交換を行える《アストラルの海幻》や、自ら墓地に置かれる《バイケンの海幻》など相性のいいものも多くある。

とはいえ、順当に使うと、文明違いで呪文回収orタマシード回収版となった《ダーク・リバース》《ブツブッツ・レイン》同然なので、そこまでコストパフォーマンスは良くない。
加えて、実際には墓地にあるままなので、手札に移動させるそれらとは違い次のターンに持ち越して使うことはできない。《ダーク・リバース》《ブツブッツ・レイン》にも当てはまるが《若き大長老 アプル》のメタの前では唱えることも墓地から移動させる(手札に戻したりバトルゾーンに出す)こともできなくされてしまう。

運用する場合は、呪文のコスト軽減で1マナで唱えるか、《魔導管理室 カリヤドネ》などの墓地利用、併用しやすい軽量呪文などといった相性の良いカードと組み合わせたい。

  • 唱えている最中のこの呪文は保留状態であるため、自身を選択し《エターナル・ブレイン》のように無駄撃ち連打することはできない。
    • 1枚が墓地にあり(以下「A」)、もう1枚唱えられるほう(以下「B」)があれば、AがBを対象にしてAが墓地に置かれ、墓地からBを唱えてAを対象にするという繰り返しで何度も無駄撃ちできる。根本的に《エターナル・ブレイン》1枚でできるプレイングのため特に意味はない。

裁定 [編集]

  • 対象にしたカードがG・ゼロを持っていた場合、墓地から唱える際にそのG・ゼロを使うことができる。アタック・チャンスキリフダッシュに関しても同様。
    • ゾーン指定のない呪文は誘発条件を満たせば墓地からコストを支払わずに唱えることができるが、「手札から」というゾーン指定のある《百鬼の邪王門》は誘発条件を満たしても墓地からコストを支払わずに唱えることができない。

その他 [編集]

  • 元ネタは高杉晋作の辞世の句とされる、「おもしろきこともなき世を(に)おもしろく」。
    • このカード名は1文字の「世」を2文字の「墓地」に置き換えているので五・七・五から1文字字余りしている。
  • フレーバーテキストにある「ちはやふる」とは「神」もしくは「宇治」を導く枕詞。ここではそのどちらの単語も導出されていないが、アビスロイヤルを「」と読み替えれば、変則的ながらも枕詞としての機能を果たしていると解釈できる。
  • 9/7にカードテキストだけが公開された時点でループが考案され話題となり、そこからわずか1日の9/8で先んじてループは不可能であるという裁定が公開されるという前代未聞の対応がなされた。
    • その根拠についてはそこから6日後の9/14に総合ルール更新によって明らかになった。
+  上記対応前に行われた考察
  • 開発段階では、効果はそのままでコスト1だったり、コスト3で好きなだけ使える[1]ものが検討されていたとデュエチューブで明かされた(ソース)。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 能力について

Q.《♪面白き こともなき墓地を 面白く》で、自分の墓地にある《ガード・グリップ》を選びました。その《ガード・グリップ》を一度墓地から唱えた後、墓地に再度置かれた《ガード・グリップ》をもう一度唱えられますか?
A.いいえ、唱えられません。《ガード・グリップ》は一度唱えたことで、唱える前に与えられていた効果が失われています。

+  総合ルール 409.1d

引用元(2022.9.28)

Q.《♪面白き こともなき墓地を 面白く》で、自分の墓地にある《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》を選びました。この《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》を、クリーチャーとして墓地から召喚することもできますか?
A.いいえ、召喚できません。《♪面白き こともなき墓地を 面白く》の効果で選べるのは呪文のみです。選べるのは呪文側の《ハーミット・サークル》で、カード全体ではないので、そのクリーチャー側を召喚できるようにはなりません。
引用元(2022.9.28)


[1] 選んだ1枚を回数制限なしに使えるという意味なのか、一度に2枚以上墓地から対象を選べるという意味なのかは判断できない
[2] 1ターン目に手札にコスト1スノーフェアリー、そのマナ基盤、2枚の《ラララ・ライフ》、1枚《面白く》。手札から唱えた《ラララ・ライフ》で青マナが確保されることも必要。