カラーパイ [編集]

カードデザインおよび背景ストーリーにおける、文明ごとの役割や特徴。
元はMagic:The Gatheringの用語であり、「カラー」と呼ぶのはそのため。

青が知識とドローに優れるなど、デュエル・マスターズにおけるカラーパイはMagic:The Gatheringと共通する部分も少なくない。

しかし、追加ターンを得意とするカラーはMagic:The Gatheringでは青だったが、デュエル・マスターズでは水文明ではなく主人公色のある火文明に変更させたという例もある(参考)。

カードデザインにおけるカラーパイ [編集]

文明破壊墓地利用スーサイドが得意」といった、文明ごとの役割を表す。

カードテキストは基本的にこのカラーパイに沿ってデザインされており、カラーパイを逸脱したカードテキストはあまり作られない。また、カラーパイを逸脱した効果を持ったカードは、同じ効果でカラーパイが適正な文明のカードよりも低いスペックになることが多い(《エナジー・ライト》《エナジー・フレイム》など)。

背景ストーリーにおけるカラーパイ [編集]

闇文明は自身の目的のためなら味方の犠牲も厭わない」というような、その文明が持つ思想を指す。

背景ストーリーにおけるカラーパイはカードデザインにも反映されている。たとえば「自身の目的のためなら味方の犠牲も厭わない」という性質は、が得意とするスーサイドとしてカードテキストに落とし込まれている。

参考 [編集]

タグ: 用語集