禁門の超人(キジマ・ジャイアント) [編集]

禁門の超人 UC 自然文明 (5)
クリーチャー:ジャイアント/サムライ 5000
このクリーチャーが攻撃する時、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►バトルゾーンにある相手の、コスト4以下の進化ではないクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
►相手の手札を1枚見ないで選び、持ち主のマナゾーンに置く。

DM-32で登場したジャイアント/サムライ

アタックトリガーマナゾーンへの除去ハンデスを行える。

自然の除去とハンデスという能力を持っていながら5コストパワー5000と優れたコストパフォーマンスを持つ。
墓地ではなくマナゾーンに送るので相手のマナは増えてしまうが、除去の場合はpig、ハンデスの場合はマッドネスを発動させないという利点がある。
pigはともかく、マッドネスを発動させないハンデスというのは珍しい。

効果はどちらもそこそこ強力で選択肢もあるのだが、強制なので相手のマナを確実に増やしてしまう。相手がハンデスされてなおマナを消費し切るほど手札補充手段が豊富な場合、反撃を覚悟しておいた方がいい。
逆に、手札補充を余り考えていない高速なビートダウンデッキが相手の場合、コスト4以下のクリーチャーが多いであろうことも相まって、相性のいい相手だと言える。

種族が強いので進化元としても優秀。今後のジャイアント/サムライデッキで十分に投入を検討できるカードだろう。

  • 他のハンデスクリーチャーと同じく、タップキルとの相性がいい。除去もこなすのでかなり柔軟な動きが期待できる。
  • 名前は「禁門の変」に出兵した長州藩の武士「来島又兵衛」。

また、天地も牛次郎戦で使用。「ソウル・エクストラクション」でダイレクトアタックを決めた。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

禁門の超人 R 自然文明 (5)
クリーチャー:ジャイアント/サムライ 5000
攻撃する時、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►相手のコスト4以下の進化でないクリーチャー1体をマナゾーンに置く。
►自分のマナゾーンからコスト4以下の進化でないジャイアントまたはサムライ・クリーチャーを探索し、1枚をバトルゾーンに出してもよい。

マナゾーンへのハンデスが、自分のマナゾーンからのコスト踏み倒しになった。

新たに追加された踏み倒し能力は《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》と好相性。
あちらのコスト軽減から綺麗にこちらの召喚クロスに繋がり、踏み倒したクリーチャー共々スピードアタッカーで攻勢を仕掛けられる。

デュエル・マスターズ プレイスではTCG版より優秀な小型サムライクリーチャーが多数存在する為、cipの多用でアドバンテージを稼ぎたい。

  • 踏み倒しは任意のため、探索の結果を見てから、マナを減らしたくないなら出さない選択ができる。
  • 相手のマナを増やしたくなく、自分のマナも減らしたくないときは踏み倒しを選んで何も出さなければ良い。
  • 一応、相手のクリーチャーが進化とコスト5以上だけなら、マナ送りモードでも何も起こさずに済む。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]