超聖竜(ちょうせいりゅう)ボルフェウス・ヘヴン》 [編集]

超聖竜ボルフェウス・ヘヴン SR 光/火文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン 13000
進化V−自分のエンジェル・コマンドまたはアーマード・ドラゴンのいずれか2体を重ねた上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にある光または火の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1枚、墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のクリーチャーをパワーが6000以下になるように好きな数選び、破壊する。
T・ブレイカー

DM-27で登場した進化Vエンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン

《ボルメテウス・武者・ドラゴン》《龍聖霊ウルフェウス》の合体クリーチャー
進化元にするエンジェル・コマンドアーマード・ドラゴンの組み合わせは制限なく、片方が同じ種族2体でも良い。そのため、デッキをどちらの種族で偏らせても運用は可能。むしろ、エンジェル・コマンドアーマード・ドラゴンは相性があまり良くないため、偏らせた方が事故は減るだろう。

エンジェル・コマンドには4〜5コストに有能なクリーチャーが充実しているので、コスト的に進化元を揃えるのが楽である。また、エンジェル・コマンドブロッカーが多いので、進化元で時間稼ぎもできる。《光流の精霊ガガ・カリーナ》+《時空の霊魔シュヴァル》で一度に2体の進化元を揃えられるのも魅力。
アーマード・ドラゴンは、《闘龍鬼ジャック・ライドウ》サーチしつつ進化でき、《コッコ・ルピア》《フレフレ・ピッピー》などのサポートも充実している。ただ、アーマード・ドラゴンは現在はあまりフィーチャーされていないため、活躍は難しいか。
一長一短なので、自分の使いやすい種族でデッキを組もう。

1つ目の能力コスト踏み倒し呪文を唱えるというもの。
踏み倒せるコストに制限がないため、《インビンシブル・フォートレス》《ティラノ・リンク・ノヴァ》《超銀河弾 HELL》《ラスト・バイオレンス》《煌銀河最終形態 ギラングレイル》などの強烈な重呪文を使う夢は広がるが、《スーパー・スパーク》《スーパー炎獄スクラッパー》などでもそこそこ強いため、無理して大型呪文にこだわりすぎて勝機を逃さないようにしたい。

2つ目の能力は攻撃時にシールドを犠牲にして放つ6000点割り振り火力
単体火力だった《ボルメテウス・武者・ドラゴン》の能力の直接的な強化版であり、汎用性が向上している。

決して悪くはないスペックであったが、《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》の登場で立場が厳しくなる。あちらは、パワー打点割り振り火力を持たない点で劣るが、進化条件がコマンドドラゴンの1体の上とかなり緩和されており、メインの呪文踏み倒しはそのままのため、汎用性はあちらにかなり劣ってしまう。

  • アニメ「クロス」第30話で、T (トト)に追い詰められた勝舞の切り札として初登場。《武者》と《ウルフェウス》を進化元にする、丁寧な進化と派手なCGで登場し、《インビンシブル・フォートレス》を使ってトトの残りのシールド3枚を墓地送りにし、《ボルフェウス》の攻撃で勝利した。アニメでの登場は現在、この話のみである。
  • 上記の事情もあってか、DMC-47プロモーション・カード版のイラストには切札 勝舞白凰が載せられている。しかしDMC-64では白凰のパックに封入されており、白凰のみである。ちなみに勝舞が光を使う事はそれなりにあるが、白凰が火を使う事は少ない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

超聖竜ボルフェウス・ヘヴン SR 光/火文明 (6)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン 13000
進化V−自分のエンジェル・コマンドまたはドラゴンのいずれか2体
バトルゾーンに出た時、自分の手札にある光または火の呪文1枚を、コストを支払わずに唱えてもよい。そうしなかった場合、カードを1枚引く。
攻撃する時、相手のクリーチャーを、パワーの合計が6000以下になるように好きな数選び、破壊する。
T・ブレイカー

コストが7から6に低下、進化元のアーマード・ドラゴンがドラゴンに緩和、呪文を唱えない場合に1ドロー追加、割り振り火力のスーサイド削除の上方修正を受けた。

《聖霊竜騎ボルシャリオ》は唱えたい呪文をサーチしながら進化元になれる明らかなデザイナーズコンボ枠のため、最有力候補として併用を検討したい。

目玉である呪文踏み倒しによる派手な動きもさることながら、変更の加えられたアタックトリガーがかなり使い勝手が良い。手札に目当ての呪文がない場合だとしても、出してしまえば一気に制圧が狙える。

  • 《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》と別のクリーチャーを進化元にして《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》に進化することもできる。通常は進化元を消費するだけだが、呪文を2回踏み倒したいときには一考の余地がある。

サイクル [編集]

DM-27の合体クリーチャー。
過去のカードの能力と名前を足したカード。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-09EX
    超聖竜は、世界を飲み込まんとするサバイバーの軍勢を一掃すると、暗黒凰と決着をつけるべく、天空へと向かった。
  • DMPP-09EX(シークレット)
    聖なる炎で仇敵を滅す。神すら超えた暗黒凰と決着をつけるため、超聖竜は決戦の地へと向かう。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]

タグ: 進化クリーチャークリーチャー光文明火文明白赤2色多色コスト7エンジェル・コマンドコマンドアーマード・ドラゴンドラゴンパワー13000進化V進化V:エンジェル・コマンド進化V:アーマード・ドラゴン進化進化:エンジェル・コマンド進化:アーマード・ドラゴンcip呪文サポートコスト踏み倒しアタックトリガー自己シールド焼却火力割り振り火力パワー6000以下除去複数除去破壊複数破壊T・ブレイカー終音「ん」SRスーパーレアNINNIN進化クリーチャー (デュエプレ)クリーチャー (デュエプレ)光文明 (デュエプレ)火文明 (デュエプレ)白赤 (デュエプレ)2色 (デュエプレ)多色 (デュエプレ)コスト6 (デュエプレ)エンジェル・コマンド (デュエプレ)コマンド (デュエプレ)アーマード・ドラゴン (デュエプレ)ドラゴン (デュエプレ)パワー13000 (デュエプレ)進化V (デュエプレ)進化V:エンジェル・コマンド (デュエプレ)進化V:ドラゴン (デュエプレ)進化 (デュエプレ)進化:エンジェル・コマンド (デュエプレ)進化:ドラゴン (デュエプレ)cip (デュエプレ)呪文サポート (デュエプレ)コスト踏み倒し (デュエプレ)ドロー (デュエプレ)アタックトリガー (デュエプレ)火力 (デュエプレ)割り振り火力 (デュエプレ)パワー6000以下 (デュエプレ)除去 (デュエプレ)複数除去 (デュエプレ)破壊 (デュエプレ)複数破壊 (デュエプレ)T・ブレイカー (デュエプレ)聖竜 (デュエプレ)SR (デュエプレ)スーパーレア (デュエプレ)シークレットカード (デュエプレ)NINNIN (デュエプレ)Hokuyu (デュエプレ)