黙示録の水晶(クリス=ラグナ=カリプス) [編集]

黙示録の水晶 VR 無色 (10)
呪文:ゼニス
水晶ソウル3(この呪文を唱える時、自分のマナゾーンにある裏向きのカードのマナの数字は3になる)
相手は、自身のコスト5以下の無色ではないエレメントをすべて、好きな順序で山札の下に置く。
カードを3枚引く。

DM23-EX3で登場した無色ゼニス呪文。

相手の無色でない5コスト以下のカードを一掃し、カードを3枚引く。

水晶ソウルを発動させて最速で使えば4コストのリセット呪文となる。

10コスト払って使うことを考えれば対象がコスト5以下のみと狭く感じるが、水晶ソウルを使うことで真価が発揮されると言えよう。
最大まで軽減すれば、《王立アカデミー・ホウエイル》にオマケで山札送りがついてくるようなものであり、圧倒的なコストパフォーマンスとなる。

おあつらえ向きに《神判のカルマ コットン/ジャッジ・水晶チャージャー》など、同弾には水晶チャージャー付きの2コストメタクリーチャーが大量動員されている為、展開にモタついた相手がこの呪文の被害に合うのは容易に想像できる。

《Dの寺院 タブラサ・チャンタラム》Dスイッチによってアンタップした水晶マナの使い道として、他にアンタップマナを用意する必要がない無色であるこのカードは扱いやすい。
特に《「呪怨」の頂天 サスペンス》など、直接相手の盤面に触れないゼニスを使う際には有力な組み合わせとなる。

大きなコスト軽減幅を持つ名目コスト10の呪文としても利用できるだろう。
《奇石 ケイヴ》など呪文のコストを参照するカードとの組み合わせが考えられる。
水晶マナを利用する必要はあるが無色なので、デッキカラー自体は選ばないのもポイント。

  • 同じ水晶ソウルを持つ《クリス=タブラ=ラーサ》とは効果がシナジーする様で噛み合わない。そちらの召喚時効果は相手のcipをコピーするものだが、この呪文で全部山札送りにするとコピー対象が居なくなってしまうからである。

環境において [編集]

登場早々、黒緑構築で水晶マナを軸とした【黒緑ゼニス・セレス】なるデッキでの上位入賞が報告された。

その他 [編集]

  • 名前の由来は「『クリス』タル」+「『ラグナ』ロク」+「アポ『カリプス』」。《黙示録、それはラグナロク》の項でも触れられているが、「ラグナロク」とは北欧神話の最終決戦のことであり、聖書の内容である黙示録(アポカリプス)とは関係ない。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]