《「復活(ふっかつ)」の(おに) ヨミノ晴明(せいめい)R(リターンズ) [編集]

「復活」の鬼 ヨミノ晴明R VR 闇文明 (6)
クリーチャー:デモニオ/鬼レクスターズ 8000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出たとき、自分の山札を見てもよい。そうしたら、その中から好きな数の《ライオス銃鬼の封》を相手に見せ、手札に加えた後、自分の山札をシャッフルする。
相手がバトルゾーンのカードを選ぶとき、かわりに自分が選ぶ。

DMRP-22で登場したデモニオ/鬼レクスターズ

cip山札から《ライオス銃鬼の封》を好きなだけ回収できるブロッカー
また、相手がバトルゾーンにあるカードを選ぶ時に置換効果で自分が選ぶ能力を持つ。

闇文明としては珍しい、純粋に手札アドバンテージを稼げるカード。最大4枚、シールド落ちの可能性を考慮しても2~3枚程度は手札を増やせる。
サーチの例に漏れずシールドに埋まったカードを逆算して推測できるという情報アドバンテージも得られ、単独で盤面に干渉できる効果ではないながらもリソース確保力に優れる。

あえて《ライオス銃鬼の封》のサーチ枚数を少なめに抑え、シールドに埋まっていることを匂わせるブラフも状況によっては有効だろう。
いっそ《ライオス銃鬼の封》を採用しないことで、デッキスロットの圧迫をせずにブラフを仕掛けるのも面白い。

同コストかつ同様の能力を持つ《「迅雷」の鬼 ライジン天》とは、シールドを6つまで減らしておく必要がなく、しかもクリーチャーはおろかタマシードフィールドまで選べるようになる。
ただ、あちらと違って相手に選ばせる能力を持たないので、このクリーチャーのテキストにある《ライオス銃鬼の封》や他カードとの連携をより重視していると言える。

このクリーチャー存在時に《ライオス銃鬼の封》を使用すれば3マナの《デーモン・ハンド》と化すので、盤面制圧性能は中々高い。

難点を挙げるなら6マナという重さか。
サーチから《ライオス銃鬼の封》に同ターン内に繋げるには少々厳しく、基本的にはターンを1度返す必要がある。その間に除去されてしまえば《ライオス銃鬼の封》のパワーは大きく落ちる。
何らかのコスト踏み倒しでカウンター気味に動かしたいところ。
とはいえ、除去などは自分の能力で他のクリーチャーに押しつける事で生き延びやすい。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-22
    ジャオウガ様、なりません! まだ立ち上がるべき時ではない!!……ぐわーっ!!! ― 「復活」の鬼 ヨミノ晴明R

収録セット [編集]

参考 [編集]