究極(きゅうきょく)スター進化(しんか) [編集]

月刊コロコロコミック2022年3月号で登場した《究極英雄 キング・モモキング》で登場した能力語

後にDMRP-22にて2体目の究極スター進化を持つ《ダイナボルト <カツキング.Star>》が登場した。

究極英雄 キング・モモキング P 火/自然文明 (8)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/ヒーロー・ドラゴン/レクスターズ 17000+
究極スター進化:進化レクスターズ1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
名前に《モモキング》とある、コスト6以上の進化クリーチャーが出た時、このクリーチャーを自分の手札からその上に置いてもよい。
このクリーチャーが出た時、相手のディスペクターを1体選んでもよい。そのクリーチャーの「EXライフ」シールドを全て持ち主の墓地に置き、その後、その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
ディスペクターとのバトル中、このクリーチャーのパワーを+1000000する。
T・ブレイカー

スター進化と同様の耐性を持ち合わせている。

  • 《究極英雄 キング・モモキング》では、進化クリーチャーである以外の特性が要求されないことがほとんどの究極進化とは違い、進化かつ指定の種族持ちというかなり厳しい進化条件となっている。スター進化が、自身と同じ文明または指定の種族持ちと非常に広い範囲で進化できたのとは対象的である。
    • ただし、《究極英雄 キング・モモキング》に関しては、非常に広い範囲で進化できる《モモキング》が出たら、ノーコストでその上に重ねることができる能力も持つので、字面ほどの進化難易度ではない。
    • 究極進化と同様に左端の進化アイコン(★印)が白黒反転している。しかし、カードイラストに描かれている★状のものは二重になっていない。
  • 現状、総合ルールにもよくある質問にも究極スター進化についての記載が一切ないため、詳しい裁定は不明。
    • 能力名に「究極」とある進化で、カード左端も究極進化と同様のデザインになっていることから、究極進化MAXの進化元に使っても差し支えないだろうという推測しかできない。第一「究極進化クリーチャー」というカテゴリ自体も厳密な定義がされていない。

参考 [編集]