頂上混成(ちょうじょうこんせい) ガリュディアス・モモミーズ'22(トゥエンティツー) [編集]

頂上混成 ガリュディアス・モモミーズ'22 SR 光/水/火文明[ジョーカーズ] (99)
クリーチャー:ディスペクター/ジョーカーズ・ドラゴン/ドルスザク 99000
自分の墓地にクリーチャーではないカードが4枚以上あれば、このクリーチャーの召喚コストを90少なくする。
EXライフ
スピードアタッカー
T・ブレイカー
相手は光ではない呪文を唱えられない。
自分のターンの終わりに、クリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。

DM23-EX2で登場した//ディスペクター/ジョーカーズ・ドラゴン/ドルスザク

盛りだくさんな能力を持つ超大型ディスペクター

コスト99だが墓地にクリーチャー以外のカードが4枚あればコスト9で召喚でき、以外の呪文をロックする常在型能力と自分のターンの終わりに手札からクリーチャーを踏み倒しできる能力を持つ。
本体スペックもパワー99000でT・ブレイカースピードアタッカーEXライフ持ちと優秀。

まず何よりも目を引くのは、その途方もないコストだろう。《伝説の禁断 ドキンダムX GS》に続くメインデッキに入るコスト99クリーチャーであるが、条件を満たせば実質コストは9まで下がる。
コスト10以上のクリーチャーには変わりはないため、《流星のガイアッシュ・カイザー》コスト軽減することもできる。メタへの引っ掛かりやすさはあるが、これほど強力なクリーチャーが軽減込みで5マナで出てくるのは相手にとっても脅威だろう。

問題はどうやって非クリーチャーを4枚も墓地肥やしするかである。軽量級呪文(ツインパクトはクリーチャーでもあるカードなのでNG)を律義に4枚唱えたりして、墓地を気にしながら9マナまで到達させる方法が通用するのはあくまで無対策の相手の場合だけである。普通はそこまで墓地肥やしする前に墓地利用メタを当てられるのがオチであろう。となれば後述するコスト踏み倒しで出すのが賢明である。

種族に着目すればコスト99のまま踏み倒しも狙える。ドラゴン軸のバルガ系で引き当てたり、ドルスザク参照の《卍夜の降凰祭》《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》リクルートリアニメイトもある。ジョーカーズでなら、《ドンドド・ドラ息子》で手札のこのカードをJ・O・E持ちにして《ビギニング・ザ・メラビート》《メラビート・ザ・ジョニー》で手札から出すという方法が採れる。運次第だが《キング・ザ・スロットン7》cipでも可能。

クリーチャーであれば何でも良い《ミステリー・キューブ》ギミックや、文明さえば合えば下敷きにできる退化ギミックでもこのクリーチャーなら十分リターンとなる。

特に《卍夜の降凰祭》の速度は凶悪。初手に《堕魔 ザンバリー》2枚があれば、適当な魔導具2枚を捨てることで最速先攻2ターン目に唱えられる。ただし、手札枚数の都合上、《卍夜の降凰祭》か2枚目の《堕魔 ザンバリー》、2枚目のディスカードコストのいずれか足りないもの[1]を1枚を2ターン目に素引きしなければならず、あくまで理論上可能であるにとどまる。

ターンの終わりにクリーチャーを踏み倒す能力は、コスト99に相応しくコストも文明非進化も指定がない。召喚扱いにこそならないものの、どんな大型クリーチャーでも踏み倒し放題で、2枚目以降の《頂上混成 ガリュディアス・モモミーズ'22》が手札にあっても腐らせることなく吐き出せる。
ただし、《頂上混成 ガリュディアス・モモミーズ'22》そのものが自分のターン終了ステップに登場していたらタイミングが過ぎているので注意。《卍 新世壊 卍》からの《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》から出していたり、《ガリュディアス・モモミーズ'22》増殖などが該当する。

オマケのようにEXライフスピードアタッカー呪文ロックまで持っている。ロックは《アルカディアス・モモキング》と同様に自分には影響が及ばないのもポイント。
ちなみにパワー24000以上だがワールド・ブレイカーではない。後述のように《禁時混成王 ドキンダンテXXII》を意識したのだろうか。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

環境において [編集]

DM23-EX2発売日から【青魔導具】に採用された。同日、青赤緑ドラゴン基盤で《MAX-Gジョラゴン》を入れた【Gジョラゴンモモミーズ】なるデッキCS(オリジナル)4位入賞した。

登場2日目にはこのカードを4枚積みした【白青赤退化】がCS優勝を果たした。

同日、通常の型の【青緑Gジョラゴン】【青黒赤テスタ・ロッサ】【ミステリー・キューブ】フィニッシャーとしても結果を残した。
1枚積みした【白単サバキZ】(正確には【白零サッヴァーク】の新型)もCS優勝した。

発売2週目には【緑単Gジョラゴン】【青赤緑モルトNEXT】で結果を出している。【モルトNEXT】においては、《超戦龍覇 モルトNEXT》で《爆銀王剣 バトガイ刃斗》を呼び出し、《爆熱王DX バトガイ銀河》に龍解させたが、このままでは打点が足りずワンショット出来ない、という場面で《爆熱王DX バトガイ銀河》から呼び出せばワンショットに必要な打点が揃うため役立つ。

2023年10月から11月にかけては、ドラゴン基盤で中盤以降の繋ぎと10コスト以上のグッドスタッフに寄せた【青赤緑ドラゴン】なるデッキが活躍しているが、DM23-BD2DM23-BD3発売直後にはこれをフィニッシャーの1体とした【白青赤緑ドラゴン】なる派生形が結果を出している。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 1つ目の能力について

Q.自分の墓地にツインパクトカードが4枚ある状況です。
《頂上混成 ガリュディアス・モモミーズ'22》の召喚するコストは90少なくなりますか?
A.いいえ、少なくなりません。ツインパクトカードはクリーチャーでもあるため、クリーチャーではないカードとして数えられません。
引用元(2023.10.20)

  • 6つ目の能力について

Q.自分は《卍 新世壊 卍》の「無月の門99」で《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》を唱え、その効果で《頂上混成 ガリュディアス・モモミーズ'22》を召喚して出しました。
続けて、この《頂上混成 ガリュディアス・モモミーズ'22》の「自分のターンの終わりに」の能力で手札からクリーチャーを出せますか?
A.いいえ、出せません。「ターンの終わりに」の能力は、ターン終了ステップの最初に1度だけトリガーします。「無月の門99」のような、ターンの終わりにトリガーした能力の解決中に新たに出たカードの「ターンの終わりに」の能力は、そのターンはトリガーしておらず、解決もできません。
引用元(2023.10.20)


[1] 《堕魔 ザンバリー》2枚、ディスカードコスト2枚、《卍夜の降凰祭》1枚の、合計5枚が仮に初手で揃っていてもどれか1枚は1ターン目のマナチャージで切らなければならないため